ジャンクスマホ新聖地!「ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店」で「ジャンク 」探し

ゲオジャンク

2016年10月1日に梅田に「 BLADE V7Max 」を実際にチェックしに行った記事を書きました。「 BLADE V7Max 」チェック後は、午前11時頃にヨドバシカメラ梅田店を出て、今回のレポートの目玉である「ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店」に行ってきました。

【実機レビュー】DSDS対応「 BLADE V7Max 」を詳細レビュー|レビューまとめを追記
ZTEは、日本のSIMフリースマホ市場でシェア拡大を目指して、続々と新機種を投入しています。 今回レビューしている「 BLADE V7Max 」は2016年9月22日に発売されたDS...

ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店

ゲオジャンクゲオモバイルHPより

「ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店」は、2016年9月21日に新規オープンした新しい店舗です。梅田駅から徒歩5分強ぐらいのところにあります。

Twitter上の情報では、店舗オープン当初に、Xperiaシリーズなどの数多くのジャンクのお宝?が売られていたようです。

ゲオモバイルのジャンク品(以下、ゲオジャンク)をチェックしたいと思っており、思い切って取材してきました。

さすがに店内は写真撮影禁止ですから、テキストのみとなりますが情報をお伝えしたいと思います。記憶を思い出しながら書いていますので、正確性に乏しい側面があるかもしれませんが、ご了解ください。

ジャンクスマホワゴンが多数

さっそく、店内に到着して目に飛び込んできたのはジャンクスマホの山です。店内の中央付近に店舗の半分を占めるほどの量になっていました。

最近、京都のゲオモバイルではジャンクワゴンがほぼ消滅していましたが、特定の店舗に集中的に回っていたのですね。すごい量でした。

すべてを確認することは不可能な量でした。たくさんあるワゴンをある程度確認しながらお買い得品がないか探してみました。トータルで掛かった時間は1時間強ぐらいでした。

「 ゲオジャンク 」の価格帯

「ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店」のゲオジャンクの価格帯は様々ありました。最も多かったのが、1880円のジャンクスマホですごい量がありました。その他1980円、3980円、7980円、11800円などのものが目立ちました。

オープン当初にみられたような、飛び切りのゲオジャンクは見当たりませんでしたが、結構興味を持った機種もありました。

1880円「 ゲオジャンク 」

NTTドコモのスマートフォンについては、「 Xperia acro 」などのFOMAスマホが多くなっていました。

時々、Xiスマホが混じっており、一瞬興味を持ったのが、LG製スマホの「 L-01E 」です。外観はそれほど大きな傷がないものもありました。振り返ると1台確保しておいてもよかったと後悔しています。

結局、ドコモの1880円ゲオジャンクで購入した機種はありませんでした。

auについては、「SOL21」、「SHL21」、「HTL21(画面割れ)」などのLTE対応初期に登場した21シリーズが中心でした。「SHL22」なども時々混じっていた気がします。

「HTL21」が画面割れでなければ買っていたのですが、見つかりませんでしたので、auについてもスルーしました。

ソフトバンクについては、用途が思いつかないことから、見た瞬間にスルーしたので、あまり覚えていません。

その他の「 ゲオジャンク 」をチェック

期待していたXperiaシリーズについては、auのZ1などが数台ありましたが、価格が7980円となっているなど、お買い得に感じませんでしたからスルーしました。

「N-03E」や「P-02E」などが3980円でありましたが、ジャンクで遊ぶということになると高く感じたので、スルーしました。

1台購入しました

結局、購入した機種は1台のみでした。選んだのは「SH-02E」の赤です。価格は1980円でした。

ゲオジャンク

ネットワーク制限で確認してみると「○」が表示されました。購入前に確認することを忘れていましたが、後で確認してみて安心しました。

ゲオジャンク

ゲオジャンク

写真を見ていただくと分かりますが、結構キズがある状態です。少しいじってみないと分かりませんが、キズがジャンクの主な理由かもしれません。

起動は問題なくできて、画面表示についても大きな問題は感じられません。液晶に強めの傷はありますが、画面割れまではいってません。

おまけ

実は、レジに持っていったジャンクスマホは2台ありました。F-05Fが3980円と表示されていましたので、これは!!と思ってレジに持っていったのですが、価格表示されている袋が入れ替わっていたようで、本来は11800円とのことで断念しました。

ゲオジャンクでは、状態をチェックするために本体を袋から出しているケースが多いので、入れ替わっていても不思議ではないと思います。バーコードをちゃんとチェックしておくべきでした。

実は、「SHL24」のジャンクが3980円で最後まで手に持っていましたが、3台は多いと思って、ワゴンのどこかに置いてしまいました。場所を探し出すのは不可能な状態でしたので、諦めました。

まとめ

「ゲオモバイル大阪駅前第3ビル店」は、間違いなく西日本のゲオジャンクの聖地です。また時間があればチェックしに行きたいと思います。今回はできなかった店員さんとのコミュニケーションもとってみたいですし。ジャンク漁りで夢中であまり見れていませんが、親切そうな店員さんであったと記憶しています。

Source

ゲオモバイル

スポンサーリンク
geo mobile
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました