Googleスマホ「Pixel 4」情報 カメラが進化したハイスペックモデル SIMフリー/ソフトバンク【DXOスコア判明】

Google(グーグル)純正のスマートフォンの新モデル「Pixel 4」シリーズがついに日本でも発売となりました!Googleのスマートフォンということで、十分なスペックをさらにソフトウェアの力で引き上げた注目モデルです。

このページには、「Pixel 4」シリーズの小型モデル「Pixel 4」について特徴やスペックをまとめておきます。

2019年10月15日(米国時間)に、グーグルは新製品発表会を実施し、「Pixel 4」シリーズを発表しました。

なお、「Pixel 4」シリーズは、5.7インチの「Pixel 4」、6.3インチの「Pixel 4 XL」をラインナップしています。

LINK Googleストア

「Pixel 4」の特徴とスペック

「Pixel 4」の特徴とスペック

「Pixel 4」は5.7インチのフルHD+ディスプレイを搭載。有機ELを採用し、リフレッシュレート90Hz可能なの高速駆動のディスプレイです。

ボディ幅は68.8mmと扱いやすいコンパクトなサイズもポイントです。携帯性に優れ、片手での操作も余裕のサイズになっています。

大型化がすすむ最近のスマートフォンの中で、前モデル「Pixel 3」も含めて、コンパクトで扱いやすいのがうれしいと感じる方も多いでしょうね。

Engadget 日本版さんの記事によると、2019年10月段階ではリフレッシュレート90Hzというのは特定の環境下のみと制限があるようです。

Pixel 4の90Hz書き換え画面に輝度による制限、更新で緩和予定。高速ワイヤレス充電仕様の詳細も - Engadget Japanese
米グーグルのスマートフォン「Pixel 4」シリーズの特徴の一つは、90Hz駆動の滑らかなディスプレイです。しかし、実はこのリフレッシュレートは最大値で、一定輝度以上であることなどいくつかの制限がある点、またアップデートにより解決される予定がある点が判明しました。合わせて、高速ワイヤレス充電機能の詳細も伝えられていま....

後日配信予定のアップデートで制限が緩和されるとも書かれています。高速ディスプレイをより楽しめるようなアップデートを期待したいところです。

とはいえ、スペック上は高速な有機ELディスプレイです。「Pixel 4」ではディスプレイ周りに非常に力が入っています。高画質で滑らかな画面表示が期待できます。

最近、急激に90Hzディスプレイを採用するスマートフォンが増えてきましたね!ちょっとしたトレンドといった感じです。

ついにデュアルカメラを搭載

デュアルカメラ搭載

「Pixel 4」の背面にはデュアルカメラを搭載。カメラの構成は約1200万画素の標準カメラ+約1600万画素の望遠カメラです。光学式および電子式手ぶれ補正機能を搭載しています。

4つのカメラ(クアッドカメラ)を搭載したスマートフォンが出てきている中でまだデュアルですか?

と思われるかもしれません。

前モデル「Pixel 3」シリーズは、背面にシングルカメラを採用していました。さすがGoogle技術力をつめこんだスマートフォン!という感じで、「Pixel 3」はシングルカメラにも関わらず、他の最新スマートフォンに引けを取らない美しい写真が撮影できると話題となりました。

参考Google Pixel 3 camera review – DXOMARK(英文)

デュアルカメラに進化した「Pixel 4」がどのような撮影性能を発揮するか注目されます。

created by Rinker
Google
¥61,000(2019/11/22 19:40:30時点 Amazon調べ-詳細)

DXOMARKスコア判明

「DXOMARK」は、「Pixel 4」のカメラをテストした結果を公表しています。

注目のカメラスコアは「112」とスコアリングされました。写真スコアが「117」、ビデオスコアが「101」です。

「Pixel 4」のDXOMARKスコア

ちなみに、2019年10月段階でのトップスコアは、「HUAWEI Mate 30 Pro」の総合スコア「121」(写真131 ビデオ100)です。「Pixel 4」は歴代9位タイにランクインしています。

Google Pixel 4 camera review - DXOMARK
The first Google device to feature a dual-cam setup, the Pixel 4 implements both standard-wide and tele-lens cameras (but no ultra-wide) on the rear, with a sin...

充実した基本スペック

SoCには「Snapdragon 855」を採用。パフォーマンスに定評あるハイスペック向けのSoCを採用しているということで、「Pixel 4」は軽快な動作が期待できます。

AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?9月もASUSのスマホがワンツー達成
このページは、スマートフォンのベンチマークを計測する定番アプリ「AnTuTu(アンツツ)」のベン...

メモリは6GB(LPDDR4x)、ストレージは64GB/128GBです。

バッテリー容量は2800mAh。18Wの急速充電に対応。さらに、Qi準拠のワイヤレス充電(最大11W)にも対応しています。

USBポートは「Type-C」です。イヤホンジャックは非搭載です。

「Pixel 4」のボディカラー

ボディカラーはホワイト、ブラック、オレンジの3色展開。

メタルフレームとガラスを組み合わせたボディは、カラーも合わせてポップなデザインとなっています。

日本モデルはおサイフケータイ対応

「Pixel 4」は日本でも発売が決定しています。SIMフリー版とソフトバンク版がリリース予定です。

NTTドコモ、auの取り扱いについては現時点で明らかになっていません。

うれしいことに、日本モデルは「おサイフケータイ」対応しています。

注目の新機能「Motion Sense(モーションセンス)」については、日本では2020年春に提供予定。「Motion Sense」によって、画面に触れない状態で端末に向けて手をかざしてのジェスチャーで特定の操作できるようになります。

OSアップデートを3年間保証

Googleのスマートフォンということで、ソフトウェアのアップデートサポートは強力です。OSとセキュリティのアップデートをなんと3年間保証しています。

OSは「Android 10」を搭載。IP68レベルの防水・防塵性能を持っています。

「Pixel 4」の発売日

SIMフリー版「Pixel 4」の日本での発売日は2019年10月24日

他の日本発売のSIMフリースマホも比較したい場合はこちらも合わせて御覧ください。

日本発売のSIMフリースマホの発売日・価格・スペックまとめ ASUS HUAWEI Motorola OPPO
大手家電量販店ではSIMフリースマホのコーナーが大きく取られるなど、日本国内では「SIMフリース...

「Pixel 4」の価格

日本発売のSIMフリー版「Pixel 4」の価格(税込)は64GBモデルが89,980円128GBモデルが103,950円です。

ハイスペックな仕上がりになっていることから通常価格では少し高め。次に紹介する発売記念キャンペーンをうまく活用したいところです。

発売記念キャンペーン

「Google ストア」では、「Pixel 4」を10/24までに予約購入または購入すると、16,000円分の「Google ストア」で使えるプロモーションコードと「USB Type-C 3.5mm アダプター」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

「Google ストア」では、「Google Nest Mini」、「Google Nest Wifi」なども販売されています。

「Pixel 4」を早く手に入れたい方は、キャンペーンの利用を検討してみてください。

LINK Googleストア

「Pixel 4」のスペック

「Pixel 4」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 10
  • ディスプレイ:5.7 インチ(2280×1080)
  • SoC:Snapdragon 855
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+16MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:-
  • USB:Type-C
  • バッテリー:2800mAh
  • サイズ/重量:68.8(W)×147.1(H)×8.2(D) mm / 162 g

アンケート

「Pixel 4」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

Google Pixel 4 – Google

スポンサーリンク
Google SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました