【日本発売期待】「honor 8X」は高コスパ予感のミドルスペックスマートフォン | Kirin 710

ミドルスペックスマホ「honor 8X」

honor 8X

ファーウェイは、新型ミドルスペックスマートフォン「honor 8X」を発表しました。

【レビュー】Huawei「honor 7X」は縦長ディスプレイ搭載の超コスパSIMフリースマホ」にレビューしている「honor 7X」の後継モデルにあたります。

コスパに優れたラインの新型モデルということで、スペック充実で価格は1399元(約2.3万円)~とコストパフォーマンスは目を見張るものがあります。

【日本発売期待】HUAWEI「honor 8X Max」は驚愕の7インチオーバー」で紹介しているように、同じシリーズで大型のディスプレイを搭載した「honor 8X Max」も発表されています。

「honor 8X」のスペック・特長

「honor 8X」は6.5インチのフルHD+ディスプレイ(2340×1080)を搭載。一般的なスマートフォンでは大型な部類に入るサイズです。

「honor 8X Max」のディスプレイがさらに大きいですが…

トレンドのノッチ付きのタイプになっています。トレンドのフルスクリーンデザインで、画面占有率が91%と高いものになっています。

Kirin 710

SoCは「Kirin 710」を採用。「HUAWEI P20 lite」など、ファーウェイの多くのミドルスペックスマホで採用されてきた「Kirin 659」の後継SoCです。

「Kirin 710」を採用したスマートフォンとして「HUAWEI nova 3i」が先にリリースされています。

「Kirin 710」は「Kirin 659」から大きく性能が向上しています。AnTuTuでは総合スコアがおよそ13万点ほどが見込まれます。ミドルスペックモデルのパフォーマンスとしては十分なものが期待できます。

RAMは4GB/6GB、ROMは64GB/128GBです。microSDカードの使用をサポートしています。

デュアルカメラ

「honor 8X」のデュアルカメラ

メインカメラは2000万画素+200万画素、サブカメラは1600万画素という構成です。AIによる被写体認識や補正機能に対応するAIカメラです。

バッテリー容量は3750mAh。USBポートは「micro USB」です。指紋認証センサーは背面に搭載。

低価格モデルだから仕方ないのかもしれませんが、Type-Cを採用してほしかったところです。

ボディカラーはブラック、ブルー、レッド、ピンクの4色展開です。

「honor 8X」の価格

「honor 8X」の価格は、4GB/64GBモデルが1399元(約2.3万円)、6GB/64GBモデルが1599元(約2.6万円)、6GB/128GBモデルが1899元(約3.1万円)です。

しっかりしたスペックでありながら低価格を実現しています。かなりの高コスパが期待できます。

「honor 8X」のスペック

「honor 8X」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.5 インチ(2340×1080)
  • SoC:Kirin 710
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:20MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3750mAh
  • サイズ/重量:76.6(W)×160.4(H)×7.8(D) mm / 175 g

banggoodの「honor 8X」グローバルモデル対象セール

banggood.com」では「honor 8X」グローバルモデルを対象とするセールが開催されています。

セールでは、「honor 8X」グローバルモデルの4GB/128GBモデルが289.99ドル4GB/64GBモデルが269.99ドルになります。

「honor 8X」グローバルモデル 4GB/128GB


Huawei honor 8X Global 4GB/128GB – banggood

「honor 8X」グローバルモデル 4GB/64GB


Huawei honor 8X Global 4GB/64GB – banggood

「honor 8X」に興味のある方はチェックしてみてくださいね!

Source

honor 8X – honor.cn

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. MAX より:

    はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。
    今回の8xMAXは期待しています、note10は値段と色が期待はずれだったので。。。ただ個人的には4眼で大画面が出ればと思っています、NOVA3やNOVA3iを7.1仕様だと最高です、ちなみに現在NOVA3とM3 Lite10を使用しています。

  2. やすスマ やすスマ より:

    MAX 様

    管理人のやすスマです。
    いつもブログをご覧いただき、またコメント頂きありがとうございます。

    8xMAXには期待されているということですね。私も同感です。
    価格は驚くぐらい安いです。スナドラ採用には驚きました。
    MAXは、どちらかというとマルチメディアを楽しむためのモデルといった方向性なんでしょうか。
    無印はKirin採用でGPU Turboでゲーム向けといった印象です。
    このように主な使用用途に応じてモデルが用意されているのは好感です。

    NOVA3とM3 Lite10を使用ということで、特にNOVA3がいいですね!
    スペック、カメラ性能が高くて私も興味ありです。
    ただ、Note 10を狙っているのでお財布の状況から買えていません…。

    ファーウェイのスマートフォンは魅力的なものが多く、
    かなりの頻度で欲しくなりますが、金銭的なものがついてきません(笑)

    今後とも、やすスマをよろしくお願いいたします。

    • MAX より:

      ご返信いただきありがとうございます、スマホにはオールマイティーを望んでも無理だと思っていますので、自分が必要なポイントを見極めるためにとても参考になっていますのでこれからも宜しくお願いします。

  3. やすスマ やすスマ より:

    MAX 様

    こちらこそ、貴重なご意見をいただきありがとうございます。
    発信している情報が少しはお役に立てているようで、ブログ作成のモチベーションとなりました!

    今後もブログに訪問して頂ける方に有用な情報となるように、
    魅力的と感じるスマートフォンをセレクトして情報発信を頑張っていきます。
    また、MAX様にとって魅力的なモデルが発表されたら教えてくださいね。

    今後ともよろしくお願いいたします。