【日本期待】HUAWEI 「 honor Magic 」を発表 湾曲デザイン



HUAWEI中国は、2016年12月16日に、上下左右、背面が湾曲したデザインを採用した「 honor Magic 」を発表しました。

honor Magic

「 honor Magic 」は現地にて2016年12月25日に発売開始を予定しており、価格は3699元(約62800円)です。

「 honor Magic 」の主な特長

honor Magic

湾曲デザイン

サイドが湾曲したデザインを採用するスマホは既に発売されていますが、「 honor Magic 」は上下左右に加えて背面も湾曲したデザインを採用しています。

湾曲したデザインによって、ベゼルレスに近い雰囲気になっています。Xiaomiの「 Mi Mix 」に代表されるように、ベゼル幅を限りなく小さくしたモデルが増えてきています。

【日本発売期待】ほぼ全面ディスプレイ!Xiaomi 6.4インチ「 Mi Mix 」情報
Xiaomiは、2016年10月25日に、中国にて、 6.4インチ新型スマートフォン「 Mi Mix 」を発表しました。 「 Mi Mix 」は超狭額縁デザインを採用。デザイ...

5.09インチディスプレイ

「 honor Magic 」は5.09インチAMOLEDディスプレイを搭載しています。解像度はWQHD(2560×1440)と高いものになっています。

Kirin 950

「 honor Magic 」のSoCは「Kirin 950」を採用しており、CPUはオクタコアプロセッサ(2.3GHz × 4 +1.8GHz × 4)です。同じSoCを採用したSIMフリースマホとしては、楽天モバイルで取り扱われている「 honor 8 」があります。

Huawei スタイリッシュスマホ「 honor 8 」情報|Android7.0 アップデートテスター募集開始
(価格は税別) Huawei(ファーウェイ)のSIMフリースマホ「 honor 8 」は、2016年9月28日に日本発売となりました。「 honor 8 」の販売想定価格は42800円です。 ...

最新のハイエンドクラスとまではいきませんが、実用十分なパフォーマンスです。

デュアルカメラ

リアカメラは1200万画素×2のデュアルカメラを採用しています。また、フロントカメラは800万画素です。

その他

メモリ使用は4GB RAM+64GB ROM。取り外し不可の2900mAhバッテリーで、指紋センサーを搭載し、USBはType-Cです。

「 honor Magic 」のスペックレビュー

「 honor Magic 」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 6.0
  • ディスプレイ:5.09 インチ(2560×1440)
  • SoC:Kirin 950
  • CPU:Octa Core 2.3GHz × 4 +1.8GHz × 4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP×2 FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:2900mAh
  • サイズ/重量:69.9(W)×146.1(D)×7.8(H) mm / 145g

まとめ

コストパフォーマンスの高さが際立つ機種が多い「 honor 」シリーズですが、「 honor Magic 」はデザイン性が大きな特長になっています。価格はほぼハイエンドクラスになっていますが、他にないデザインをどうように考えるかですね!

Source

「 honor Magic 」製品ページ|HUAWEI

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました