【日本発売期待】Huawei「honor V10」はフラグシップクラスのスーパーミドルハイSIMフリースマホ

中国のファーウェイは、新型スマートフォン「honor V10」を、2017年11月28日に発表しました。

honor V10

「honor V10」(地域によっては「honor View 10」)は、ファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 10」シリーズ、「HUAWEI P20」シリーズと同じSoC「Kirin 970」を搭載。「honor V10」はフラグシップモデルと同等のスペックで、価格は圧倒的に安価に設定されたハイコストパフォーマンスなモデルです。

【日本発売期待】ファーウェイ 「HUAWEI P20 Pro」を発表!ライカのトリプルカメラ搭載
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年3月27日に、驚異のカメラ性能をもった新型フラグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」を発表しました。 「HUAWEI ...

日本ではリリースされていない「honor V」シリーズの新型モデル「honor V10」の特長をまとめておきます。

honor V10

「honor V10」は、今年2月に発表されたハイスペックモデル「honor V9」の後継モデルです。前モデル「honor V9」同様にかなりのハイスペックな仕上がりになっています。

【日本発売期待】超ハイスペック 5.7インチ「Huawei honor V9」発表
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2017年2月21日に、「honor」シリーズ最新モデル「honor V9」を発表しました。 現地での販売価格は、メモリ仕様によ...

「honor V9」はフラグシップモデルクラスと同等の性能でありながら、ミドルハイクラスの価格設定となっていることからかなりの話題となりました。

「honor V10」でも同様に、フラグシップモデルに近いスペックでありながら手頃な価格設定となっています。

Kirin 970

「honor V10」は、AI機能を搭載した専用プロセッサ「NPU」を統合した最新SoC「Kirin 970」を搭載。ファーウェイのフラグシップモデルに搭載されているSoCが搭載されています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の実機レビューにおいて「Antutu」でベンチマークしたところ、スコアはおよそ175000というハイスコアでした。最新スマートフォンとして文句なしのパフォーマンスが期待できます。

【実機レビュー】ファーウェイ 「Mate 10 Pro」はAI搭載のハイスペックモデル SIMフリー
ファーウェイ・ジャパンが2017年12月1日に発売したフラグシップモデル「HUAWEI Mate 10 Pro」をじっくり試すことができましたので、レビューをまとめておきます。 ...

メモリ仕様は、RAMは4GB/6GB、内部ストレージは64GB/128GB。十分な大容量となっています。最大256GBのmicroSDカードにも対応しています。

SoC、メモリ仕様から、「honor V10」のパフォーマンスはフラグシップモデルに遜色ないレベルです。

縦長ディスプレイ

「honor V10」は縦長ディスプレイを搭載

「honor V10」はアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載。IPS液晶を採用しています。ディスプレイのサイズは5.99インチで、解像度はフルHD+(2160×1080)です。ベゼルレスに近いデザインとなっていて非常にスタイリッシュな印象を受けます。

デュアルカメラ

リアには、デュアルカメラを搭載しています。2つのカメラの構成は1600万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサーとなっています。F値が1.8という明るめのレンズを採用しています。ただし、「Mate 10 Pro」シリーズなどで採用されている、いわゆるライカカメラではありません。フロントには1300万画素カメラ(F2.0)を搭載しています。

「SuperCharge」に対応

「honor V10」は、スリムなボディに3750mAhの大容量バッテリーを搭載。5V/4.5A出力での急速充電が可能な「SuperCharge」に対応しています。

薄型ボディ

「honor V10」はこれだけのハイスペックをもちながら、厚さ6.97mmという薄型ボディとなっているのは驚きです。背面はアルミ素材でデザインされています。

OSには「Android 8.0」を採用。UIはファーウェイのスマートフォンでお馴染みの「EMUI 8.0」です。設定で選択するだけで日本語表示が可能になります。

ボディカラーは「ブラック」、「オーロラブルー」、「ゴールド」、「レッド」の4色展開です。

対応バンド

メーカースペックによると「honor V10」の主な対応バンド(Band)は以下のとおりです。

LTE FDD: B1/B3/B5/B8;TD-LTE: B38/B39/B40/B41
WCDMA:B1/B2/B5/B8

中国モデル「honor V10」の対応バンドは一般的な中華スマホといった感じになっています。

価格

注目のコストパフォーマンスは前モデル同様に高いものになっています。現地での販売価格は「4GB RAM+64GB ROM」モデルが2699元(約4.7万円)、「6GB RAM+64GB ROM」モデルが2999元(約5.2万円)、「6GB RAM+128GB ROM」モデルが2999元(約6.0万円)です。

AI機能をもったSoCを搭載したモデルとしてはかなりチャレンジングな価格設定です。「Mate 10」シリーズの立ち位置が心配になるぐらいですよね。

抜群に魅力的な「honor V10」ですが、現時点では日本での発売についてアナウンスはありません。これから発表されるであろう「honor 10」あたりが日本でも発売されるのかもしれませんね。

なお、「honor V10」はモデル名「honor View 10」で欧州、米国などグローバル市場にも投入される予定です。

「honor V10」のスペック

「honor V10」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:5.99 インチ(2160×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:16MP+20MP FRONT:13MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3750mAh
  • サイズ/重量:74.98(W)×157(D)×6.97(H) mm / 172g

GEARBESTの「honor V10」販売ページ

海外ガジェットを購入できる通販サイト「GEARBEST」と「Banggood」では、「honor V10」が販売されています。

ハイコストパフォーマンスな「honor V10」に興味のある方はチェックしてみてくださいね。

「honor 10」発表

ファーウェイは、中国において、「honor 10」を2018年4月19日に発表しました。

「honor 10」も、フラグシップモデルに近いスペックを持ちながら手頃な価格という「honor V10」同様の高コスパなモデルになっています。

【日本発売期待】Huawei 「honor 10」情報!ノッチ付き5.84インチ フラグシップ同等のパイスペック 価格は約4.4万円~
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年4月19日に、新型スマートフォン「honor 10」を発表しました。 「honor 10」は、日本でもSIMフリースマホとして...

「honor 10」にも興味を持たれた方はぜひチェックしてみてくださいね!

Source

荣耀V10 – VMALL

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローする
やすスマ

コメント