「 honor6 Plus 」「 HUAWEI P8max 」の「 Android 6.0 」アップデートを29日に提供開始 16/8/28

「 honor6 Plus 」「 HUAWEI P8max 」の「 Android 6.0 」アップデートを29日に提供開始 16/8/28

ファーウェイ・ジャパンは、SIMフリースマホ「 honor6 Plus 」と「 HUAWEI P8max 」の「 Android 6.0 」アップデートを2016年8月29日11時以降に提供開始します。

honor6 Plus

更新内容

今回配信されるアップデートには、OSメジャーアップデート以外にも、緊急地震速報(ETWS)機能の提供、システムの最適化・安定性向上、アプリケーション汎用性の向上などが含まれます。

「 honor6 Plus 」アップデート方法など

「 honor6 Plus 」のアップデート方法などについては、ファーウェイ・ジャパンのHPに以下の通り案内されています。

1. HiCareアプリをGoogle Playストアからダウンロードしインストール
2. HiCareアプリを起動し、「サービス」→「OSアップデート早期導入」を実施
3. システム更新画面よりアップデートを実施
※注意事項
1. この更新によりファーウェイの標準ブラウザが削除されます。ブラウザのデータは、バックアップしてもアップデート後、復元することはできません。あらかじめ、Chromeのブックマークとして保存などしてください。
2. この更新によりViberアプリ及びViberのメッセージ履歴が削除されます。大切なメッセージ履歴を保存する方法については、Viberのウェブサイトをご確認ください。

アップデートは自動的に通知されるのではなく、HiCareアプリからアップデートを行う形になる点が要注意点です。

HiCare

価格:0  平均評価:4.1(2,503 件)

「 HUAWEI P8max 」アップデート方法など

「 HUAWEI P8max 」のアップデート方法などについては、ファーウェイ・ジャパンのHPに以下の通り案内されています。

1. 更新ソフトウェア配布開始後、ネットワークに接続した状態で、ステータスバーや「設定」アイコンに更新の通知が表示されます
2. 通知エリアの「システム更新」をタップ、あるいは「設定」→「システム更新」と選択します
3. システム更新画面よりアップデートを実施
※注意事項
1. この更新によりファーウェイの標準ブラウザが削除されます。ブラウザのデータは、バックアップしてもアップデート後、復元することはできません。あらかじめ、Chromeのブックマークとして保存などしてください。

「 HUAWEI P8max 」については、ステータスバーなどに更新通知が表示されるようですので、更新できるタイミングは分かりやすいと思います。

最後に

「 Android 6.0 」アップデートを実施することで、サジェスト機能がOS全体に拡大された「Now On Tap」、一定条件下でより深い省電力を実現する「Dozeモード」などの新機能が追加されます。

「 Android 6.0 」へアップデートすることで処理速度が向上することもあるようです。「 honor6 Plus 」をサブ機として使用している「やすスマ」としてはHiCareをダウンロードしてアップデート提供を待ちたいと思います。

Source

HUAWEI SIMロックフリースマートフォン「honor6 Plus」「HUAWEI P8max」 ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

SIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました