【日本発売期待】HTC 防水防塵対応フルメタルボディ「 HTC 10 Evo 」発表



台湾メーカーのHTCは、2016年11月22日に、防水防塵対応のフルメタルボディスマホ「 HTC 10 Evo 」を発表しました。

HTC 10 Evo

「 HTC 10 Evo 」はHTC初の「Android 7.0」端末。メタルボディ採用の外観は、今年5月発売のHTCフラグシップモデル「 HTC 10 」と似たものになっており、高い質感になっています。

「 HTC 10 Evo 」には、ストレージ容量の異なる2つのモデルがあり、現地での販売予定価格は、32GB ROMモデルが17900台湾ドル(約62500円)、64GB ROMモデルが19900台湾ドル(約69500円)です。

「 HTC 10 Evo 」の主な特長

「 HTC 10 Evo 」の主な特長をまとめておきます。

防水防塵対応

「 HTC 10 Evo 」は防水防塵に対応しています。IP等級はIP57となっています。

5.5インチ

「 HTC 10 Evo 」は5.5インチディプレイを搭載しています。解像度がWQHD(2560×1440)の高精細ディスプレイです。

Android 7.0搭載

「 HTC 10 Evo 」はHTC初のAndroid 7.0搭載機となります。Android 7.0 」にはユーザー待望のマルチウィンドウ機能が搭載されています。

ミドルハイクラスのスペック

「 HTC 10 Evo 」の多くのハードウェアスペックは、ミドルハイクラスになっています。SoCは、2015年の多くのフラグシップモデルに採用されていた「 Snapdragon 810 」です。メモリは3GB ROM、ストレージ容量は32GB ROM/64GB ROMです。

「 HTC 10 Evo 」のスペックレビュー

「 HTC 10 Evo 」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 7.0
ディスプレイ5.5 インチ(2560×1440)
SoCSnapdragon 810
CPUOcta-Core 2.0 GHz×4+1.6 GHz×4
ROM32GB/64GB
RAM3GB
カメラREAR:16MP(f2.0) FRONT:8MP(f2.4)
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
指紋センサー
USBType-C
バッテリー3200mAh
サイズ/重量77.3(W)×153.59(D)×3.7-8.09(H) mm / 174g

Source

「 HTC 10 Evo 」製品ページ|HTC台湾

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

スポンサーリンク
HTC SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました