HTC フラグシップモデル「HTC U11」情報 Snapdragon 835

HTCは、2017年5月16日に、台湾においてフラグシップモデル「HTC U11」を発表しました。

HTC U11

「HTC U11」は、海外市場だけでなく、日本市場での発売も予定されています。

「HTC U11」の特徴

「HTC U11」は、フラグシップモデルということで、スペックが高いものになっています。高いスペックだけでなく、本体を「握る」というアクションで、お好みのアプリを起動することができる「エッジ・センス」を搭載しています。

Snapdragon 835

「HTC U11」は、クアルコムのハイエンドモデル向けSoC「Snapdragon 835」を搭載。「Xperia XZ Premium」や「Xiaomi Mi 6」などの各社フラグシップモデルと同じSoCを採用しています。

5.5インチディスプレイ

「HTC U11」は、5.5インチディスプレイを搭載。解像度はWQHD(2560 x 1440)になっています。

ディスプレイ表面は「Gorilla Glass 5」で覆われており、デザイン性と耐久性が高められています。

メモリ仕様

「HTC U11」のメモリ仕様は、「4GB RAM+64GB ROM」と「6GB RAM+128GB ROM」の2種類が存在します。日本で発売が予定されているモデルのメモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。

スマートフォン最高スコアのカメラ

「HTC U11」のカメラスペックについては、リアに1200万画素(f1.7)、フロントが1600万画素(f2.0)になっています。

スマートフォンのカメラ性能をスコアで公表している「DxOMark Mobile」において、「HTC U11」のカメラスコアは、スマートフォンで最高スコアとなる「90」になっています。これまでのスマートフォン最高スコアであった「Google Pixel」を1ポイント上回りました。

5色のカラー

「HTC U11」ボディのカラーバリエーションとしては、アメイジングシルバー、サファイアブルー、ブリリアントブラック、アイスホワイト、ソーラーレッドの5色がラインナップされています。HTC 日本の「HTC U11」ページを確認したところ、日本発売予定モデルについてはソーラーレッドを除く4色展開となりそうです。

バッテリー容量は3000mAhで、急速充電技術「Quick Charge 3.0」に対応しています。

海外市場においては5月より順次発売予定になります。なお、日本モデルの販売方法については公表されていません。

「HTC U11」のスペックレビュー

「HTC U11」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.1
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2560×1440)
  • SoC:Snapdragon 835
  • CPU:Octa Core 2.45GHz×4+1.9GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP(f1.7) FRONT:16MP(f2.0)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:76(W)×154(D)×8.3-9.49(H) mm 約170 g

Source

HTC U11 | HTC 日本

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする