【日本発売期待】「Honor 10 Lite」はコスパ重視のミドルスペックSIMフリースマホ 価格は約2.3万円~

新型ミドルスペックスマートフォン「Honor 10 Lite」

中国のファーウェイは、新型Androidスマートフォン「Honor 10 Lite」を発表しました。

Honor 10 Lite

中国における「Honor 10 Lite」の価格は4GB/64GBモデルが1399元(約2.3万円)、6GB/64GBモデルが1699元(約2.8万円)、6GB/128GBモデルが1899元(約3.1万円)です。

「Honor 10 Lite」は「Honor 10」シリーズの中でコストパフォーマンスを重視したモデルとなっています。

【レビュー】 HUAWEI 「honor 10」の猛烈コスパぶりをチェック | 日本発売期待大のハイスペックSIMフリースマホ【クーポン追加】
「honor 10」グローバルモデルの実機レビュー ファーウェイがリリースしている「honor 10」のグローバルモデルを「banggood.com」で購入したのでレビューしておきます。 ...

「Honor 10 Lite」

「Honor 10 Lite」は1399元(約2.3万円)~という手頃な価格でありながら、SoCに「Kirin 710」を採用するなど、ミドル機としてはスペック充実。

デザイン面でも、ディスプレイ上部のノッチはかなり小型なものになっていて高い画面占有率を達成しています。

「Honor 10 Lite」のスペックや特長を紹介しておきます。

Kirin 710

SoCには「Kirin 710」を採用。「HUAWEI P20 lite」など、多くのファーウェイのスマートフォンに採用されてきた「Kirin 659」の後継SoCです。「Kirin 710」のパフォーマンスは、「Kirin 659」よりも大幅に向上しています。

日本でSIMフリースマホとして発売されて人気モデルとなっている「HUAWEI P20 lite」を上回るパフォーマンスが期待できます。

6.21インチディスプレイ

HUAWEI nova 3iのディスプレイ

「Honor 10 Lite」はノッチ付きの6.21インチのディスプレイを搭載しています。ディスプレイ解像度はフルHD+(2340×1080)。

ベゼルもスリムになっていて、ボディ幅は73.64mmと比較的コンパクトに仕上がっています。

デュアルカメラ

Honor 10 Liteのデュアルカメラ

「Honor 10 Lite」の背面には1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。AI機能を用いたAIカメラになっています。

バッテリー容量は3400mAh。USBポートは「micro」です。

ファーウェイのミドル機以下は「micro」採用が多く、「Honor 10 Lite」のUSBポートも残念ながら「micro」となっています。

カラーはレッド、ブルー、ブラック、ホワイトの4色展開です。

「Honor 10 Lite」スペック

「Honor 10 Lite」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (EMUI 9.0.1)
  • ディスプレイ:6.21 インチ(2340×1080)
  • SoC:Kirin 710
  • CPU:Octa Core 2.2GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:13MP+2MP FRONT:24MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3400mAh
  • サイズ/重量:73.64(W)×154.8(H)×7.95(D) mm / 162 g

Source

Honor 10 Lite

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント