7インチオーバーもあり?「honor 8X」シリーズが2018年9月5日発表 | ミドルスペックファブレット

ファーウェイが「honor 8X」シリーズを2018年9月5日に発表

中国のファーウェイは、新型スマートフォン「honor 8X」シリーズを2018年9月5日に発表することを予告しています。

ファーウェイが公開している予告画像が以下のものです。

ファーウェイの「honor 8X」シリーズ

ファーウェイの予告画像から「honor 8X」と「honor 8X Max」という2つのモデルが発表されるようです。

「honor 8X」

「honor 8X」は、「【レビュー】Huawei「honor 7X」は縦長ディスプレイ搭載の超コスパSIMフリースマホ」に紹介している「honor 7X」の後継モデルです。

公開されている予告画像ではスペックなどの詳細は明らかとなっていません。

「honor 7X」はスタンダードなサイズのコストパフォーマンスの高いモデルでした。「honor 8X」シリーズは大型ディスプレイを搭載のファブレットサイズのモデルとなりそうです。

「honor 8X」シリーズについての事前のリーク情報をまとめて紹介しておきます。確定スペックではありませんので、ご理解くださいね!

リーク情報まとめ

「honor 8X」シリーズには7.12インチディスプレイを搭載したモデルのラインナップが見込まれています。スペックとしてはミドルクラスになるということです。スマートフォンとしては最大クラスのディスプレイを搭載したファブレットが登場しそうです。

クアルコム製SoC採用?

「honor 8X」シリーズでは、SoCにファーウェイスマホでお馴染みのKirinシリーズではなく、クアルコムのSnapdragonシリーズを搭載。具体的には「Snapdragon 660」や「Snapdragon 636」あたりが搭載が見込まれています。

Xiaomi Mi Max 3

事前のリーク情報から考えると、「【日本発売期待】Xiaomi「Mi Max 3」は6.9インチディスプレイ搭載の新型ファブレット」に紹介してる「Xiaomi Mi Max 3」と真正面から競合してきそうです。

同じファーウェイの「honor Note 10」はハイスペックのファブレットですが、「honor 8X」シリーズがミドルスペックのファブレットとなりそうです。

活発なサブブランド展開

先日には「【日本発売期待】Xiaomi「POCO F1」はすごすぎコスパのハイスペックSIMフリースマホ」で紹介しているように、Xiaomiが新しいサブブランド「POCOPHONE」を発表しています。

サブブランドでのスマートフォンはコスパに優れたモデルが多く、各メーカーのサブブランド戦略も注目したいところですね。

Source

honor – Huawei (Weibo)

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました