【日本発売期待】「honor Note 10」は速攻でポチりたくなるハイスペックなファブレット | banggoodのクーポン情報

ハイスペックなファブレット「honor Note 10」

honor Note 10

中国のファーウェイは、新型スマートフォンとして「honor Note 10」を発表しました。「honor Note 10」については、発表前に多数のリーク情報が流れるなど、注目を集めていました。

大画面ディスプレイにフラグシップクラスの基本スペックをもった「honor Note 10」のスペックと特徴を紹介しておきます。

「honor Note 10」のスペック・特徴

「honor Note 10」の特徴はなんといっても、6.95インチという大型なディスプレイを搭載していることです。

さらにファーウェイのフラグシップモデルとほぼ同等のスペックの高さでありながら、手頃な価格を実現した注目モデルです。

6.95インチディスプレイ

「honor Note 10」は6.95インチディスプレイ搭載

「honor Note 10」は縦横比18.5:9の縦長タイプのAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。AMOLEDディスプレイならではの鮮やかで綺麗な画面表示が期待できます。

大型なディスプレイを搭載しているということでサイズが気になるところですが、ベゼル幅をかなりスリムにデザインすることで、ボディ幅を85mmに仕上げています。

さすがに片手で操作するのは難しそうですが、ディスプレイサイズを考えると比較的コンパクトに仕上がっています。

【日本発売期待】Xiaomi「Mi Max 3」は6.9インチディスプレイ搭載の新型ファブレット」にまとめたように、Xiaomiから同じようなサイズの6.9インチディスプレイを採用した「Mi Max 3」が発表されています。

日本でも人気となった「Xperia Z Ultra」よりも大きなディスプレイを搭載して横幅を抑えた、「honor Note 10」と「Mi Max 3」の発表によって、ほぼ7インチサイズのスマートフォンが注目を集めていきそうです。

ちなみに「Xperia Z Ultra」のボディ幅はおよそ92mmでした。

Mi Max 3」はミドルスペックモデルですが、「honor Note 10」はフラグシップモデルクラスとほぼ同等の文句なしのハイスペックモデルになっています。

ディスプレイの解像度はフルHD+(2220×1080)です。最大10点のマルチタッチに対応しています。

Kirin 970

「honor Note 10」はSoCに「Kirin 970」を採用。「HAUWEI P20 Pro」などのフラグシップモデルでお馴染みのSoCです。AI専用プロセッサ「NPU」も搭載しています。AIを活かした機能が期待できます。

「AnTuTu Ver7」の総合スコアで200,000オーバーを期待できるような高いパフォーマンスをもったSoCです。

参考Antutu ベンチマークランキングまとめ

ベンチマークでは「Snapdragon 845」搭載スマホには及びませんが、十分に高性能なSoCです。

参考【2018年】海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ

「GPU Turbo」対応でより快適なゲームプレイ

「honor Note 10」は、「【日本発売期待】Huawei「honor Play」は驚愕コスパのハイスペックなSIMフリースマホ」で紹介している「GPU Turbo」機能もサポート。

グラフィック処理効率を向上させて消費電力を効率化させるという機能をサポートすることでゲームをより快適にプレイすることが可能です。

液体冷却システム

「honor Note 10」の液体冷却システム

「honor Note 10」は「THE NINE」という放熱構造をもっています。ゲームをプレイするなど、高い負荷でも発熱を抑えられるように液体冷却システムを採用しています。

高性能なSoCを搭載ということで、冷却システムを搭載して発熱対策が施されているのはうれしいポイントです。

8GB RAMモデルもあり

メモリ仕様は6GB RAM+64GB ROM、6GB RAM+128GB ROM、8GB RAM+128GB ROMになっています。「HAUWEI P20 Pro」にはない8GB RAMモデルがラインナップされています。

ファーウェイのスマートフォンで8GB RAMを搭載したスマートフォンは、「honor 10 GT」に続いて2モデル目です。

「honor Note 10」はメモリ仕様もバッチリですね!

なお、microSDカードの使用はサポートしていません。

microSDには非対応ということで動画をたくさん撮影される方には内部ストレージ容量の大きいモデルがおすすめです。

5000mAhバッテリー

「honor Note 10」の大容量バッテリー

「honor Note 10」は大型ディスプレイ、ハイパフォーマンスSoCを搭載ということで、気になるのはバッテリー容量です。

「honor Note 10」のバッテリー容量は5000mAhになっています。5V/4.5Aの急速充電に対応しています。大容量なバッテリーを高出力で高速に充電することが可能です。

カメラも妥協なし

「honor Note 10」のカメラ

「honor Note 10」はカメラ性能にも妥協がありません。

ボディ背面には1600万画素+2400万画素のデュアルカメラを搭載。前面には1300万画素カメラを搭載しています。カメラはAI対応となっていて、AIが被写体を判別して適切なシーンを選択するなどで美しい写真の撮影をサポートしてくれます。

PCモード対応

「honor Note 10」はPCモードにも対応しています。PCモードによって、外部モニターにHDMI接続することでPCのように使用することができます。

PCモードはファーウェイのフラグシップモデルに搭載されてきた機能で、ミドルハイクラスの価格帯のスマートフォンにはうれしい搭載になっています。

筆者は、持っている「MediaPad M5」にPCモードが搭載されておらず非常に残念だった思い出があります。

「honor Note 10」はサウンド面にもこだわっていて、2つのスピーカーを搭載。DOLBY ATMOSにも対応しています。

動画視聴、音楽再生などのエンターテイメントを楽しむためのサウンド機能も充実しています。

指紋センサーはボディ背面に搭載しています。なお、防水・防じん機能はサポートしていません。3.5mmイヤホンジャックは搭載していません。

「honor Note 10」の価格

中国における「honor Note 10」の価格は、6GB RAM+64GB ROMモデルが2799元(約4.6万円)、6GB RAM+128GB ROMモデルが3199元(約5.2万円)、8GB RAM+128GB ROMモデルが3599元(約5.9万円)です。

充実した機能と、大型ディスプレイ搭載でこの価格は素晴らしいですね!

中国における「honor Note 10」の発売日は2018年8月1日です。「honor Note 10」は非常に魅力的な機種ですが、現時点では残念ながら日本での発売はアナウンスされていません。

ズルトラの愛用ユーザーにはものすごく魅力的なモデルです。ぜひとも日本でも発売を期待したいですね!

グローバル展開

「honor Note 10」は中国のみでなく、グローバル市場での展開が見込まれています。

通信バンドやGoogle Playの対応状況から、グローバルモデル「honor Note 10」のスペックも気になるところです。

「honor Note 10」のスペック

「honor Note 10」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.95 インチ(2220×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:16MP+24MP FRONT:13MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5000mAh
  • サイズ/重量:85(W)×177(H)×7.65(D) mm / 230 g

「honor Note 10」まとめ

ついに話題となっている「honor Note 10」が発表になりました。

フラグシップクラスのスペックと、ほぼ7インチという大画面を搭載して、価格が2799元(約4.6万円)~というのは強烈なインパクトです。

ファブレット好きなユーザーにとって、「honor Note 10」は必ず試してみたい魅力的なモデルになっています!

Banggoodのクーポン情報

banggood.com」において、「honor Note 10」の特別クーポンが発行されています。

クーポンを適用することで「honor Note 10」の8GB/128GBモデルが599.99ドル、6GB/128GBモデルが469.99ドル、6GB/64GBモデルが449.99ドルとなります。

「honor Note 10」 8GB/128GB


honor Note 10 8GB RAM 128GB ROM – banggood

クーポンコード「BGN10128

「honor Note 10」 6GB/128GB


honor Note 10 6GB RAM 128GB ROM – banggood

クーポンコード「BGN10126

「honor Note 10」 6GB/64GB


honor Note 10 6GB RAM 128GB ROM – banggood

クーポンコード「10BGN1064

注目度の高い「honor Note 10」のクーポンです。気になっていた方はぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめ記事

「honor Note 10」について書いた記事を最後までご覧いただきありがとうございます。「honor Note 10」に興味を持たれている方におすすめしたい記事を紹介しておきます。

紹介したとおり、「honor Note 10」はハイスペックなファブレットになっています。同じファーウェイから7.12 インチディスプレイを搭載した「honor 8X Max」が発表されています。「honor 8X Max」はスペックはそこそこですが、価格は1499元(約2.4万円)~と低価格になっています。「honor 8X Max」についてもぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

【日本発売期待】HUAWEI「honor 8X Max」は驚愕の7インチオーバー | もはやタブレットのSIMフリースマホ
7インチオーバーのファブレット「honor 8X Max」 ファーウェイは、日本でもおなじみのサブブランドのhonorの新型スマートフォン「honor 8X Max」を発表しました。...
【日本発売期待】Xiaomi「Mi Max 3」は6.9インチディスプレイ搭載の新型ファブレット | SIMフリースマホ
待望の新型ファブレット「Xiaomi Mi Max 3」 Xiaomiは、2018年7月19日に、新型SIMフリースマートフォン「Xiaomi Mi Max 3」を発表しました。 ...
【レビュー】 HUAWEI 「honor 10」の猛烈コスパぶりをチェック | 日本発売期待大のハイスペックSIMフリースマホ【クーポン追加】
「honor 10」グローバルモデルの実機レビュー ファーウェイがリリースしている「honor 10」のグローバルモデルを「banggood.com」で購入したのでレビューしておきます。 ...
【海外SIMフリー】「HUAWEI nova 3」のKirin 970搭載のハイスペックSIMフリースマホ
「HUAWEI nova 3」はハイスペックなスマートフォン 中国のファーウェイは、新型Androidスマートフォンとして「HUAWEI nova 3」を正式に発表しました。「HUAWEI no...

Source

honor Note 10 | honor.cn

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント