Hauwei 6.9インチの新型ハイスペックファブレット「honor Note 10」を2018年7月31日に発表

ハイスペックファブレット「honor Note 10」

honor Note 10

中国のファーウェイは、新型スマートフォンとして「honor Note 10」を2018年7月31日に発表することを予告しています。

注目度大となることが予想される「honor Note 10」について事前情報を紹介しておきます。

「honor Note 10」

「honor Note 10」は6.9インチディスプレイを搭載したファブレットサイズのスマートフォンです。

Xiaomiから同じ6.9インチディスプレイを搭載した「Mi Max 3」が発表されています。「Mi Max 3」はミドルスペックモデルですが、「honor Note 10」はフラグシップモデルクラスのハイスペックなモデルになっています。

「honor Note 10」のスペックや特徴について事前情報をまとめておきます。

「honor Note 10」のスペックや特徴

「honor Note 10」についてはすでにスペックなどの噂が流れています。噂の内容をまとめておきます。

6.9インチディスプレイ

なんといっても「honor Note 10」の魅力は大型ディスプレイを搭載していることです。縦横比18:9の縦長タイプのディスプレイでノッチはなし。ベゼル幅をスリムにしたデザインを採用しているようです。

Kirin 970

SoCには、「HAUWEI P20 Pro」などのフラグシップモデルでお馴染みの「Kirin 970」を採用しています。

AnTuTu Ver7の総合スコアで200,000オーバーを期待できる文句なしのパフォーマンスをもったSoCです。

CPU、GPUに加えて、AI専用プロセッサ「NPU」も搭載しています。AIを活かした機能が期待できます。

大容量バッテリー

大型のディスプレイとハイパフォーマンスなSoCを搭載していることで気になるのがバッテリー容量です。6000mAhクラスのバッテリーを搭載していると噂されています。

コンパクトなボディに噂通りの容量のバッテリーを搭載していれば、大きな魅力となります。

グローバル展開も

「honor Note 10」は中国のみでなく、グローバル市場での展開が予定されているようです。通信バンドやGooglePlayの対応状況からグローバルモデルについて気になる方も多いと思います。具体的には2018年8月下旬に発表される模様です。

まとめ

紹介した「honor Note 10」についての情報は噂をまとめたものです。実際のスペックとは異なる部分もあるかもしれませんが、結構細かいところまでスペックがリークされているので、大きなズレはないと予想しています。

「honor Note 10」は非常にハイスペックで魅力的な仕上がりになっていそうで、冒頭にも書いたように注目度はかなり高いものになりそうです。

ついに正式発表【2018年7月31日】

事前に期待度の高さもあり様々なリーク情報が流れていた「honor Note 10」がついに正式発表されました。

大型ディスプレイ、ハイスペックだけでなく、PCモードを搭載するなど機能性の高さももっています。

フラグシップモデルに負けないぐらいの魅惑的なモデルでありながら、価格はかなり手頃な感じになっています。

「honor Note 10」の詳細についてはこちら↓

【日本発売期待】「honor Note 10」は速攻でポチりたくなるハイスペックなファブレット | banggoodのクーポン情報
ハイスペックなファブレット「honor Note 10」 中国のファーウェイは、新型スマートフォンとして「honor Note 10」を発表しました。「honor Note 10」に...

Source

荣耀手机

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント