【実機レビュー】ファーウェイ 「Mate 10 Pro」はAI搭載のハイスペックモデル SIMフリー

ファーウェイ・ジャパンが2017年12月1日に発売したフラグシップモデル「HUAWEI Mate 10 Pro」をじっくり試すことができましたので、レビューをまとめておきます。

HUAWEI Mate 10 Proが到着

「HUAWEI Mate 10 Pro」ではAI処理専用プロセッサを搭載したのが大きなトピックとなっています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の市場想定価格は89800円(税別)。「HUAWEI Mate 10 Pro」はAIプロセッサ搭載のハイスペックモデルということで、SIMフリースマホとしてはかなり高額な部類です。

参考まもなく発売されるSIMフリースマホ一覧表|やすスマ

さっそく、「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェックしていきます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」実機レビュー

まずは「HUAWEI Mate 10 Pro」のスペックからおさらいです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:6.0 インチ(2160×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
  • TDD LTE: B34/38/39/40/41
  • WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
  • サイズ/重量:74.5(W)×154.2(D)×7.9(H) mm / 178g

縦長ディスプレイ

「HUAWEI Mate 10 Pro」の外観でまず目を引くのは、アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを搭載していることです。フラグシップモデルということで有機ELを採用しています。

HUAWEI Mate 10 Pro

ベゼル幅が非常に狭くなっていて、実際の画面占有 率は80%オーバーとなっています。解像度はフルHD+(2160×1080)とハイスペックモデルとしては一般的なものとなっています。

HUAWEI Mate 10 Proの前面カメラ

フロントカメラはディスプレイ上にあります。800万画素カメラを搭載しています。

Tyoe-C

HUAWEI Mate 10 ProのUSBポート

「HUAWEI Mate 10 Pro」のUSBポートはType-Cです。上下なく挿せるので便利です。急速充電「スーパーチャージ(5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A)」に対応しています。

HUAWEI Mate 10 Pro

ボディ上部です。「赤外線発光部」と「サブマイク」があります。残念ながら「HUAWEI Mate 10 Pro」はイヤホンジャックは搭載していません。

HUAWEI Mate 10 Pro

電源ボタン周りです。

HUAWEI Mate 10 Pro

SIMスロットです。実際にSIMスロットを取り出してみましょう。

HUAWEI Mate 10 Pro

「HUAWEI Mate 10 Pro」はデュアルシムに対応しています。対応サイズは「Nano SIM」のみです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」はmicroSDカードには対応していないので注意が必要です。

HUAWEI Mate 10 ProのSIMスロットにカード

執筆時点(2017年12月10日)では、「HUAWEI Mate 10 Pro」は「au VoLTE」には対応していません。CDMA2000にも対応していませんので、現時点ではau回線での通話は不可となっています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」はauの4Gバンド自体には対応しているので、「HUAWEI Mate 10 Pro」に「mineo(Aプラン)」の通話SIMを挿してデータ通信はできています。通話はできませんが、、、。

近いうちに「au VoLTE」にアップデートで対応するようです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」はデュアル4G・デュアルVoLTE待受けに対応しています。今後「au VoLTE」に対応した場合は、「au VoLTE」の通話SIMの使い勝手が大幅に拡がるので、アップデートでの「au VoLTE」対応が待ち遠しいところです。

HUAWEI Mate 10 ProのDSDV

今回のレビュー機は「チタニウムグレー」カラーのものです。

HUAWEI Mate 10 Pro

ガラスで覆われた背面のデザインは美しく、ラウンドした形状になっています。人間工学に基づいた湾曲しているということで、持った感じのフィット感はなかなかです。

ガラス素材を採用しているので少し滑りやすくなっていので注意が必要です。

なお、「HUAWEI Mate 10 Pro」の付属品として「TPUケース」が付属しています。落下からの故障リスクを軽減したいという方にはうれしい付属です。

前面はベゼルレスデザインとなっていることから、指紋センサーは背面に搭載されています。

HUAWEI Mate 10 Proの重量

重量を測ってみると、ほぼスペック通りの180gを少し切るぐらいでした。6インチで大容量バッテリーを搭載したモデルとしては許容できる範囲だと感じています。

また、「HUAWEI Mate 10 Pro」ではユーザー待望の防水対応となっています。IP67レベルという高い防水防塵性能をもっています。

ボディ幅は74.5mm

6インチの縦長ディスプレイ搭載ということで、片手で操作できるかが気になるところです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のボディ幅は74.5mm。狭額縁デザインとなっているので、やすスマが片手で操作できるレベルの大きさになっています。

HUAWEI Mate 10 Pro

ベンチマーク

「HUAWEI Mate 10 Pro」は新型SoC「Kirin 970」を搭載するなど、ハイスペックなモデルですが、実際に「Antutu V6.27」でベンチマークを行ってみました。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のAntutuスコア

Antutuで3回計測してみたところ、3回とも175000オーバーのスコアとなりました。

さらに、Geekbenchでもベンチ計測しておきました。

「HUAWEI Mate 10 Pro」でGeekbench

ベンチマークスコアの高さだけでなく、実際に操作していてもサクサクと動作します。

メモリ状況

さらにメモリ状況もチェックしておきました。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のメモリ状況

「HUAWEI Mate 10 Pro」はmicroSDカードに対応していません。気になる内部ストレージの状況は空き容量が「108 GB」となっていました。これだけの空き容量があれば当分は安心して使用できそうです。

6GB搭載しているメモリも空きが3GB以上となっています。

APN設定

「HUAWEI Mate 10 Pro」はあらかじめ多数のAPNが設定がされた状態になっています。「OCN モバイル ONE」、「楽天モバイル」、「mineo」などシェア上位のMVNOがプリセットされています。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のプリセットAPN

背面にデュアルカメラ

「HUAWEI Mate 10 Pro」の大きな魅力は、背面にLeicaダブルレンズカメラを搭載していることです。

「HUAWEI Mate 10 Pro」のライカカメラ

センサーは2000万画素のモノクロと、1200万画素のカラーの組み合わせになっています。f/1.6の明るいレンズを採用していることに加えて、光学手ぶれ補正を搭載しているので、暗所での撮影にも強くなっています。

これまでのライカレンズカメラ搭載のスマートフォン同様に、多くの場面において高画質で撮影ができます。

「HUAWEI Mate 10 Pro」の写真サンプル

まとめ

以上、「HUAWEI Mate 10 Pro」をレビューしてみました。

SIMフリースマホでおよそ9万円という価格はかなり高額ですが、パフォーマンスも含めて非常にハイレベルで納得の仕上がりになっています。

AIプロセッサ搭載を実感するところまでテストできませんでしたが、今後のスマートフォンの方向性を示すかもしれない意欲的なモデルです。

Source

HUAWEI Mate 10 Pro スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiスマホに興味津々。

やすスマをフォローお願いします
huaweiSIMフリー実機レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. あーく より:

    Proよりも素のmate10のレビュー希望です!

  2. やすスマ やすスマ より:

    あーく 様

    「やすスマ」です。
    コメントありがとうございます。

    おっしゃる通り、素のmate10は魅力的です。
    mate10の日本発売も期待したいですよね!

    今すぐには難しいですが、
    チャンスがあればmate10のレビューも書きたいと考えています。

    要望にすぐに応えることができずに申し訳ございません。

    今後とも「やすスマ」をよろしくお願いいたします。