【日本発売期待】ファーウェイ「HUAWEI Mate 20」シリーズを中国でも発表 | ハイスペックSIMフリースマホ

中国で「HUAWEI Mate 20」シリーズ発表

中国モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」

ファーウェイは、新型フラグシップモデルとなる「HUAWEI Mate 20」シリーズを中国においても発表しました。

「HUAWEI Mate 20」シリーズ

中国において発売されるモデルとして「HUAWEI Mate 20」、「HUAWEI Mate 20 Pro」、「HUAWEI Mate 20 X」、「HUAWEI Mate 20 RS」の4つのバリエーションが発表されています。

すでに英国・ロンドンで発表されていた「Mate 20」シリーズと同じバリエーションになっています。

中国モデル「Mate 20」シリーズの価格

中国で発表された「Mate 20」シリーズは、グローバルで発表されたモデルとほぼ同等になっていますが、ボディ背面に指紋認証センサーを搭載した「HUAWEI Mate 20 Pro」がラインナップされています。

中国モデル「Mate 20」シリーズの注目の価格は、以下のとおりです。

HUAWEI Mate 20

6GB RAM+64GB ROMモデル 3999元(約6.4万円)
6GB RAM+128GB ROMモデル 4499元(約7.3万円)

HUAWEI Mate 20 Pro

6GB RAM+64GB ROMモデル 5399元(約8.7万円)
8GB RAM+128GB ROMモデル(ディスプレイ内指紋認証センサー) 5999元(約9.7万円)
8GB RAM+256GB ROMモデル(ディスプレイ内指紋認証センサー) 6799元(約11.0万円)

HUAWEI Mate 20 X

6GB RAM+128GB ROMモデル 4999元(約8.1万円)
8GB RAM+256GB ROMモデル 5999元(約9.7万円)

HUAWEI Mate 20 RS Porsche Design

8GB RAM+512GB ROMモデル 12999元(約20.9万円)

グローバル発表時の記事にまとめていますが、グローバルモデルと比較すると中国モデルの方が低価格に設定されています。

「HUAWEI Mate 20」ぐらいの価格であれば、狙ってみたい気持ちが倍増します。

おすすめ記事

日本でも発表が待ち遠しい「HUAWEI Mate 20」シリーズの中国での情報について紹介しました。

「HUAWEI Mate 20」シリーズの基本スペックについては、以下のグローバル発表時の記事を参考にしてみてください。

【日本発売期待】「HUAWEI Mate 20」はトリプルカメラ搭載のハイスペックモデル | Kirin 980 ライカカメラ
ファーウェイのハイスペックスマホ「HUAWEI Mate 20」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 こ...
【日本発売期待】ファーウェイの新型フラグシップ「HUAWEI Mate 20 Pro」 | Leicaレンズ採用のトリプルカメラ
ファーウェイのフラグシップスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 ...
【日本発売期待】「HUAWEI Mate 20 X」は驚きの7.2インチディスプレイ搭載のハイスペックスマートフォン
大画面搭載のハイスペック「HUAWEI Mate 20 X」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 このペ...
「HUAWEI Mate 20 Pro」


HUAWEI Mate 20 Pro – banggood

Source

HUAWEI China

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント