注目されていた「Huawei Mate 20 Pro」のDxOMarkカメラスコアがついに判明

Huawei Mate 20 ProのDxOMarkスコアが判明

日本でも2018年12月に発売されている「Huawei Mate 20 Pro」の「DxOMark Mobile」のカメラスコアが発表されました。

DxOMark Mobile」は海外機関ということで、「Huawei Mate 20 Pro」の海外モデルが評価の対象となっています。

「Huawei Mate 20 Pro」のスコアはトップタイ

「Huawei Mate 20 Pro」のスコアは、静止画が114点、動画が97点で、総合スコアは109点という結果になりました。

「Huawei Mate 20 Pro」のDxOMarkスコア

総合スコアについては、同じファーウェイの「P20 Pro」と同スコアでスマートフォンではトップタイになっています。

DxOMarkスコアトップ10

「Mate 20 Pro」と「P20 Pro」はともに背面にトリプルカメラを搭載していますが、モノクロセンサーなどのカメラ構成が異なり、どのようなスコアとなるのか注目されていました。

【海外SIMフリー】ファーウェイの新型フラグシップ「HUAWEI Mate 20 Pro」 | Leicaレンズ採用のトリプルカメラ
ファーウェイのフラグシップスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 ...

ファーウェイのフラグシップモデル2機種のカメラ性能が他機種を引き離している状態ですが、「「Galaxy S10」シリーズ発表へ!サムスンが新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2019」を2月20日開催」で紹介している「Galaxy S10」シリーズのような他メーカーのフラグシップモデルが巻き返してくるのか注目です。

Source

DxOMark Mobile

Huawei Mate 20 Pro – Huawei

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました