トリプルカメラ搭載のハイスペックモデル!日本モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」情報 SIMフリースマホ

フラグシップスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」

HUAWEI Mate 20 Pro

ファーウェイ・ジャパンは、新型スマートフォンとして「HUAWEI Mate 20 Pro」の日本発売を発表しました。

いよいよ「Kirin 980」搭載の「Mate 20」シリーズが日本発表か!ファーウェイ・ジャパンが11月28日に発表会
ファーウェイ 「Kirin 980」搭載の「Mate 20」シリーズを日本発表へ ...

日本モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」はSIMフリー版に加えて、ソフトバンクのキャリアモデルとしても発売されます。

SIMフリー版は2018年11月30日に発売。価格は111,880円(税抜)です。

SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」のスペックと特長をまとめておきます。

スペックと特長

「HUAWEI Mate 20 Pro」のトリプルカメラ

「HUAWEI Mate 20 Pro」は、背面に4000万画素(広角)+2000万画素(超広角)+800万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載。ライカと協業したレンズを搭載しています。

広角・超広角・望遠という3つの画角で撮影が可能になっています。広角カメラは1/1.7インチという、スマートフォンとしては大きめのセンサーを搭載。F1.8という明るいレンズを搭載するなど暗所での撮影で威力を発揮しそうです。

同じファーウェイのハイスペックラインの「HUAWEI P20 Pro」はカラーセンサーとモノクロセンサーの組み合わせになっていましたが、今回発表された「HUAWEI Mate 20 Pro」では、トリプルカメラすべてにカラーセンサーを搭載しています。

前面には2400万画素カメラを搭載。「iPhone」シリーズの一部で採用されているような3D顔認証に対応しています。

6.39インチOLED(有機EL)ディスプレイ

6.39インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。ディスプレイの解像度は3120×1440ドット。有機ELで高精細なディスプレイということで美しい画面表示も期待できます。

左右エッジにカーブを施したディスプレイ形状のフルスクリーンデザインを採用しています。ボディ幅が72.3mmと、ディスプレイサイズを考えるとかなりコンパクトに仕上がっています。

指紋認証センサーはディスプレイに内蔵。顔認証と指紋認証の2パターンの生体認証に対応しています。

ハイパフォーマンスの新型SoC「Kirin 980」

SoCには、ハイスペックモデル向けの新型SoC「Kirin 980」を採用。7nm製造プロセスの新型SoCで、前世代SoC「Kirin 970」から大幅に性能向上しています。

メモリ仕様は、RAMが6GB、ROMが128GB。外部メモリーとして、nanoSIMカードと同じ大きさのNM(Nano-Memory)カードを採用。

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 7」の総合スコアではおよそ31万ぐらいが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキングまとめ – やすスマ

「HUAWEI Mate 20 Pro」は耐水(IPX8)・防じん(IP6X)性能を搭載。おサイフケータイやワンセグなどには対応していません。

バッテリー容量は4200mAh。大容量バッテリーを搭載しています。USBポートはType-Cで、高出力40Wの超急速充電「HUAWEI SuperCharge」に対応。ワイヤレス充電もサポート。

対応バンド(4G・3G)は、FDD-LTEがB1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32、TD-LTEがB34/38/3940/41。W-CDMAがB1/2/4/5/6/8/19。

NTTドコモとソフトバンクのVoLTEをサポート。「au VoLTE」については、後日ソフトウェアアップデートで対応する予定になっています。

ボディカラーはミッドナイトブルー、トワイライトの2色展開です。

日本モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」のスペック

日本モデル「HUAWEI Mate 20 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (EMUI 9.0)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2244×1080)
  • SoC:Kirin 980
  • CPU:Octa Core 2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:40MP+20MP+8MP FRONT:24MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4200mAh
  • サイズ/重量:72.3(W)×157.8(H)×8.6(D) mm / 189g

Source

HUAWEI Mate 20 Pro – HUAWEI Japan

スポンサーリンク
huawei SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました