【日本発売期待】「HUAWEI Mate 20」はトリプルカメラ搭載のハイスペックモデル | Kirin 980 ライカカメラ

ファーウェイのハイスペックスマホ「HUAWEI Mate 20」

HUAWEI Mate 20

中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。

このページには、フラグシップモデル「Mate 20」シリーズのベースモデルとなっている「HUAWEI Mate 20」のスペックや特長を紹介しておきます。

ついに発表の「HUAWEI Mate 20」

「HUAWEI Mate 20」は、日本未発売の「HUAWEI Mate 10」の後継モデルにあたります。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥54,499 (2018/11/14 05:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

HUAWEI P20 Pro」で好評であった「トリプルカメラ」という構成を採用し、新型SoC「Kirin 980」を搭載しています。

6.53インチディスプレイ

「HUAWEI Mate 20」の

「HUAWEI Mate 20」は6.53インチという大きめのIPSディスプレイを搭載しています。ディスプレイの解像度はフルHD+(2244×1080)です。

最新スマホのトレンドとなっているノッチ付きのフルスクリーンデザインを採用。ノッチはかなりコンパクトに設計されている印象です。ボディ幅は77.2mm。ディスプレイサイズから考えるとコンパクトに仕上がっています。

トリプルカメラ

「HUAWEI Mate 20」のトリプルカメラ

「HUAWEI Mate 20」で注目のカメラについては、背面に1200万画素+1600万画素(広角)+800万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載しています。

HUAWEI P20 Pro」と同じく、ライカと協業のレンズを搭載しています。

1/2.3インチという、スマートフォンとしては大きめのセンサーを搭載していて、暗所での撮影にも強くなっています。

Kirin 980

「HUAWEI Mate 20」のSoCにはハイスペックモデル向けの新型SoC「Kirin 980」を搭載してきました。7nmプロセスで製造されたSoCで、「Kirin 970」から大幅な性能向上がうたわれています。

参考AnTuTu ベンチマークランキングまとめ | スコアNo1のスマホは?

メモリ仕様は、RAMが4GB/6GB、ROMが128GBです。外部メモリーとしてnanoSIMカードと同じサイズの新開発NM(Nano-Memory)カードに対応しています。

他のスペック・機能

指紋認証センサーはボディ背面に搭載。バッテリー容量は4000mAhで、急速充電「HUAWEI SuperCharge」に対応しています。USBポートはType-Cです。

ボディカラーはミッドナイトブルー、ブラック、トワイライトの3色展開です。

「HUAWEI Mate 20」の価格

「HUAWEI Mate 20」の価格は、4GB RAM+128GB ROMのモデルが799ユーロ(約10.4万円)、6GB RAM+128GB ROMのモデルが849ユーロ(約11.0万円)です。

「HUAWEI Mate 20」のスペック

「HUAWEI Mate 20」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9
  • ディスプレイ:6.53 インチ(2244×1080)
  • SoC:Kirin 980
  • CPU:Octa Core 2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4
  • RAM:4GB/6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:12MP+16MP+8MP FRONT:24MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:77.2(W)×158.2(H)×8.3(D) mm / 188g

まとめ

日本市場での投入が濃厚と見られている「Mate 20」シリーズですが、どのモデルがリリースされるか注目されます。

ハイスペックな「Mate 20」シリーズとしては、他に「Mate 20 Pro」、「Mate 20 X」が発表されています。

【日本発売期待】ファーウェイの新型フラグシップ「HUAWEI Mate 20 Pro」 | Leicaレンズ採用のトリプルカメラ
ファーウェイのフラグシップスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 ...
【日本発売期待】「HUAWEI Mate 20 X」は驚きの7.2インチディスプレイ搭載のハイスペックスマートフォン
大画面搭載のハイスペック「HUAWEI Mate 20 X」 中国のファーウェイは、予告どおり、新型フラグシップモデル「Mate 20」シリーズを発表しました。 このペ...

日本での「Mate 20」シリーズの展開を楽しみにしておきたいですね!

【2018年】海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ | ハイスペックなSIMフリースマホが勢揃い
海外モデルのフラグシップスマートフォンまとめ このページには、海外メーカーの最新フラグシップAndroidスマートフォンを紹介しています。海外メーカーが多数リリースしているハイスペックなSIMフ...

banggoodのクーポン情報

banggood.com」において、「HUAWEI Mate 20」のクーポンが発行されています。

クーポンを適用することで、「HUAWEI Mate 20」の6GB RAM+64GB ROMモデルが699.99ドル6GB RAM+128GB ROMモデルが749.99ドルになります。

「HUAWEI Mate 20」 6GB/64GB


HUAWEI Mate 20 6GB RAM 64GB ROM – banggood

コード「11BG2064

「HUAWEI Mate 20」 6GB/128GB


HUAWEI Mate 20 6GB RAM 128GB ROM – banggood

コード「11BG20128

魅惑のトリプルカメラ搭載のハイスペックモデル「HUAWEI Mate 20」を狙っていた方はぜひチェックしてみてくださいね。

Source

HUAWEI Mate 20 – HUAWEI

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント