【日本発売期待】新フラグシップ「Huawei Mate 30 Pro」は驚愕の高性能カメラ搭載のハイスペックスマホ

「Huawei Mate 30 Pro」発表

Huawei Mate 30 Pro

HUAWEI(ファーウェイ)は、2019年9月19日に、ドイツにおいて新型フラグシップスマートフォン「Mate 30 Pro」を発表しました。

同じ「Mate 30」シリーズとして、「Mate 30」も合わせて発表されています。

【日本発売期待】「Huawei Mate 30」は新SoC搭載の高性能スマートフォン ライカトリプルカメラ
「Huawei Mate 30」情報 HUAWEI(ファーウェイ)は、2019年9月19日に、ドイツにおいて新型スマートフォン「Mate 30」を発表しました。 上位モ...

「Mate 30 Pro」は日本でも発売済みの「Mate 20 Pro」の後継モデル。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥75,375(2019/10/21 13:19:49時点 Amazon調べ-詳細)

ハイスペックなスマートフォン「Mate 30 Pro」の特徴を紹介します。

「Mate 30 Pro」の特徴

「Mate」シリーズは、「P」シリーズとともに、ファーウェイのハイスペックラインの看板シリーズです。

「Mate 30 Pro」は先進的な機能をふんだんに盛り込んだ仕上がりになっています。

6.53インチOLEDディスプレイ

「Mate 30 Pro」は6.53インチOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。

新型ディスプレイ「Horizon Display」はエッジがカーブした形状でサイドのベゼルなしのデザインになっています。

クアッドカメラ

クアッドカメラ

背面には4000万画素(メイン)+4000万画素(超広角)+800万画素(望遠)+TOF(深度計測)のクアッドカメラを搭載。

従来の「Mate」シリーズや「P」シリーズと同じように、今回の「Mate 30 Pro」もライカ協業のカメラになっています。

超広角カメラのセンサーサイズは1/1.54インチと、コンパクトデジカメ並のサイズをもったセンサーです。

最大45倍という高倍率ズーム撮影を実現。ISOは最大409600まで対応していて暗所での撮影も威力を発揮しそうです。

これまでのスマートフォンでの動画撮影レベルを再定義するような、7680fpsのウルトラスローモーション撮影が可能になっています。

さらに、これまでのスマートフォンのカメラの水準を引き上げるようなスペックになっています。

驚異的なDxO【2019年9月29日更新】

スマートフォンのカメラ性能をスコアで評価している「DxOMark Mobile」において、「Mate 30 Pro」のカメラスコアが公表されました。

DxOMark Mobile」での「Mate 30 Pro」のカメラスコアは「121」をマーク。カメラスコアでトップに立ちました。

これまでトップは「Samsung Galaxy Note 10+ 5G」の「117」。前評判通りの高性能カメラであることが確認されました。

【日本発売期待】「Huawei Mate 30 Pro」の驚異的なDXOカメラスコアが判明
2019年9月に発表の「Huawei Mate 30 Pro」のカメラに注目が集まっています。大型センサー採用のカメラの性能がDxOMarkのレビューから明らかになりました。DxOMarkでの「Huawei Mate 30 Pro」のカメラスコアは、これまでトップであった「Samsung Galaxy Note 10+ 5G」を大幅に上回りました。

Kirin990

Kirin990

SoCには7nm製造プロセスの新SoC「Kirin 990」を採用。

別記事に紹介しているように、従来の「Kirin 980」から性能向上しています。

メモリ仕様は、RAM容量が8GB、内部ストレージ容量が128GB/256GBです。NMカードの使用(最大256GB)もサポートしています。

こだわりの充電

バッテリー容量は4500mAh。大容量なバッテリーを搭載しています。

有線で最大40Wの急速充電、ワイヤレスで最大27Wの急速充電に対応。

大容量バッテリーと高出力な急速充電によって利便性が高まっています。

リバースワイヤレス充電にも対応し、スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどにも充電が可能です。

イヤホンジャックを搭載しています。

ボディカラーはブラック、シルバー、パープル、グリーンの4色展開です。

OSは「Android 10」ベースの「EMUI10」を採用。ただし、Google系のサービスは非搭載で出荷される見込みです。

「Huawei Mate 30 Pro 5G」もラインナップ

ここまで紹介してきた「Huawei Mate 30 Pro」をベースにして、5G通信に対応した「Huawei Mate 30 Pro 5G」も合わせて発表されています。

参考Huawei Mate 30 Pro 5G – HUAWEI Global

「Huawei Mate 30 Pro」の価格

「Huawei Mate 30 Pro」の価格は、8GB RAM+256GBモデルが1099ユーロ(約13.1万円)です。

「Huawei Mate 30 Pro」のスペック

「Huawei Mate 30 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 10 ( EMUI10 )
  • ディスプレイ:6.53 インチ(2400×1176)
  • SoC:Kirin 990
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:40MP+40MP+8MP+TOF FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4500mAh
  • サイズ/重量:73.1(W)×158.1(H)×8.8(D) mm / 198 g

アンケート

「Huawei Mate 30 Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

おすすめ記事

ファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 30 Pro」情報を最後までご覧いただきありがとうございます。

高性能カメラ搭載のハイスペックスマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro」に興味をお持ちの方にオススメの記事を紹介しておきます。

2019年に海外で発売したフラグシップスマートフォン情報をまとめた記事です。

よろしければ合わせてチェックしてみてください。

【2019年】海外発売のフラグシップスマホまとめ | 日本未発売のハイスペックモデルも紹介【OnePlus 7T Pro情報追加】
2019年に各メーカーから発売されるフラグシップスマートフォン情報をまとめています。各メーカーのスマートフォンを代表するモデルということで、目を引くような機能を多数搭載しています。日本で未発売のSIMフリースマホについても取り上げています。

参考

HUAWEI Global

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました