【日本発売期待】「Huawei Mate 30」は新SoC搭載の高性能スマートフォン ライカトリプルカメラ

「Huawei Mate 30」情報

Huawei Mate 30

HUAWEI(ファーウェイ)は、2019年9月19日に、ドイツにおいて新型スマートフォン「Mate 30」を発表しました。

上位モデル「Mate 30 Pro」も同時に発表されています。

【日本発売期待】新フラグシップ「Huawei Mate 30 Pro」は驚愕の高性能カメラ搭載のハイスペックスマホ
「Huawei Mate 30 Pro」発表 HUAWEI(ファーウェイ)は、2019年9月19日に、ドイツにおいて新型フラグシップスマートフォン「Mate 30 Pro」を発表しま...

「Huawei Mate 30」の特徴を紹介しておきます。

「Huawei Mate 30」の特徴

「Huawei Mate 30」は6.62インチのOLED(有機)ディスプレイを搭載。ディスプレイ解像度はフルHD+(2340 x 1080)です。

エッジにかけて湾曲したディスプレイデザインの「Mate 30 Pro」に対して、「Huawei Mate 30」はおおむねフラットなディスプレイデザインになっています。

筆者はソフトバンク版「HUAWEI Mate 20 Pro」を使っていますが、エッジにかけて湾曲したデザインは苦手です。

ディスプレイ上部には小さめのノッチがあります。また、指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載しています。

トリプルカメラ

「Huawei Mate 30」のトリプルカメラ

背面には4000万画素(メイン)+1600万画素(超広角)+800万画素(望遠)のトリプルカメラを搭載。

メインカメラはRYYBセンサーを採用し、従来よりも多くの光を取り入れることができるということです。

Kirin990

Kirin990

SoCには7nm製造プロセスの新SoC「Kirin 990」を採用。

別記事に紹介しているように、従来のフラグシップ向けSoC「Kirin 980」と比較するとCPU・GPUともに性能向上しているということです。

メモリ仕様は、RAM容量が8GB、内部ストレージ容量が128GBです。外部ストレージとしてNMカード(最大256GB)の使用をサポートしています。

強力な充電性能

「Huawei Mate 30」のバッテリー容量は4200mAh。ワイヤレス充電にも対応しています。

有線では最大40Wの急速充電「HUAWEI SuperCharge」、ワイヤレスでは最大27Wの急速充電「Wireless HUAWEI SuperCharge」をサポートしています。

大容量バッテリーと、有線だけでなく無線でも高出力な急速充電によって利便性が高まっています。

「Huawei Mate 30」のカラー

ボディカラーはブラック、シルバー、パープル、グリーンの4色展開です。

OSは「Android 10」ベースの「EMUI10」を採用です。一方で、「Google Play」、「Google Map」などのGoogle系のサービスは非搭載の状態で出荷される見込みです。

「Huawei Mate 30」の価格

「Huawei Mate 30」のヨーロッパでの価格は799ユーロ(約9.5万円)です。

「Huawei Mate 30」のスペック

「Huawei Mate 30」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 10 ( EMUI10 )
  • ディスプレイ:6.62 インチ(2340 x 1080)
  • SoC:Kirin 990
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:40MP+16MP+8MP FRONT:24MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4200mAh
  • サイズ/重量:76.1(W)×160.8(H)×8.4(D) mm / 196 g

アンケート

「Huawei Mate 30」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

参考

HUAWEI Global

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました