ファーウェイ Windows 10搭載12インチタブレット「HUAWEI MateBook」発表 16/7/4

ファーウェイ Windows 10搭載12インチタブレット「HUAWEI MateBook」発表 16/7/4

HUAWEI MateBook

ファーウェイ・ジャパンは、6月17日にSIMフリースマホ「Huawei P9」、「Huawei P9 Lite」を日本発売し、コストパフォーマンスの高さから人気機種となっています。

ドコモメール (@docomo.ne.jp)を、SIMフリースマホなど他端末から受信できるように設定する方法
「 ドコモメール (@docomo.ne.jp)」を、SIMフリースマホなど他端末から受信できるように設定する方法 このページには、「ドコモメール(@docomo.ne.jp)」を、SIMフ...

勢いを感じるファーウェイ・ジャパンは、7月4日に、Windows 10搭載12インチタブレット「HUAWEI MateBook」の日本発売を発表しました。

ファーウェイ・ジャパンとして、初のWindows 10タブレットとなる「HUAWEI MateBook」のスペックや特徴などについてまとめていきます。

[adsense]

12インチディスプレイ搭載で640gと軽量な「HUAWEI MateBook」

「HUAWEI MateBook」は、大画面12インチディスプレイを採用しながら、薄さ6.9mmのメタルユニボディ採用で640gと軽量となっています。

HUAWEI MateBook

高解像度ディスプレイ採用「HUAWEI MateBook」

「HUAWEI MateBook」のディスプレイは12インチIPS液晶となっており、解像度はフルHD以上の2160×1440ドットとなっています。5点マルチタッチに対応しています。

新世代Core mシリーズ採用タブレット「HUAWEI MateBook」

「HUAWEI MateBook」は、新しい第6世代インテル Core mシリーズプロセッサーを搭載しており、優れたモバイル・パフォーマンスと優れたバッテリー持続時間を実現します。

「HUAWEI MateBook」の販売価格・発売時期

「HUAWEI MateBook」の個人向けモデルごとの販売価格は、Core m3搭載のM3が69,800円、Core m5搭載のM5が98,800円/109,800円(4GB RAM/8GB RAM)となっています。

「HUAWEI MateBook」個人向けモデルの発売時期は8月以降となっています。

「HUAWEI MateBook」はWi-Fiモデルのみ

ファーウェイ・ジャパンの意欲作「HUAWEI MateBook」には、残念ながらLTEモデルはなく、Wi-Fiモデルのみとなっています。

多様なオプションが登場予定

オプションの「MateBookキーボード」は、キーストローク1.5mmとなっており、装着時はノートパソコンのスタイルで利用できます。

HUAWEI MateBook

2048段階の圧力を検知するスタイラス「Mate Pen」もオプションとして登場します。

HUAWEI MateBook

USBポートや、HDMIでの外部出力、LANポートなどの多様なインターフェイスを搭載するドック「HUAWEI MateDock」もオプションとして登場します。

「HUAWEI MateBook」のスペックレビュー

「HUAWEI MateBook」は、主なスペックは以下のとおりです。

  • OS:Windows 10
  • CPU:第6世代 Intel Core m プロセッサ
  • ROM:128/256/512GB SSD
  • RAM:4/8GB
  • ディスプレイ:12.0インチ(2160×1440)
  • カメラ:500万画素
  • バッテリー:4430mAh

[adsense]

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

Source

「HUAWEI MateBook」製品ページ

スポンサーリンク
huawei
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。スマートフォンはHUAWEIの「Mate 20 Pro」、ASUSの「ZenFone 6」を、タブレットはHUAWEIの「MediaPad M5 LTE」を主に愛用。他にもXiaomiのスマートフォンを触ってみたり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました