Kirin 990っすか!「HUAWEI MatePad 10.8」情報 価格は約3.6万円~【日本発売期待】

この記事は約7分で読めます。
やすスマ
やすスマ

ページを読んでいただきありがとうございます。ガジェットブロガーのやすスマ(@yasu_suma)です。日本版「HUAWEI MatePad LTE」をメインタブレットで使っています!

このタブレットって、Proモデルじゃあないのにちょっと強力すぎ。。。

この記事には、中国ファーウェイの新型Androidタブレット「HUAWEI MatePad 10.8」情報をまとめています。

「HUAWEI MatePad 10.8」の主な注目ポイントは以下のとおりです。

注目ポイント

・SoC「Kirin 990」搭載での高い性能
・クアッドスピーカーで迫力のサウンド
・高スペックで2399元(約3.6万円)~は激安

さっそく、「HUAWEI MatePad 10.8」の特徴とスペックを紹介しておきます。

「HUAWEI MatePad 10.8」の特徴とスペック【日本発売期待】

「HUAWEI MatePad 10.8」の特徴とスペック【日本発売期待】

中国のファーウェイがとんでもない中価格帯のタブレットをリリースしてきました!

そんな強烈なタブレットが「HUAWEI MatePad 10.8」です。

日本発売済みの「HUAWEI MatePad」は、まさにミドルスペックといった仕上がりに対して、この「HUAWEI MatePad 10.8」はまったく異なっています。

10.8インチ高解像度ディスプレイ搭載の「HUAWEI MatePad 10.8」

「HUAWEI MatePad 10.8」は10.8インチ高解像度ディスプレイ搭載

「HUAWEI MatePad 10.8」は10.8インチディスプレイ搭載のAndroidタブレットです。

有機ELディスプレイではありませんが、解像度が2560×1600という高精細な液晶ディスプレイを搭載しています。

「HUAWEI M-Pencil」での手書き

また、別売りの純正のスタイラスペン「HUAWEI M-Pencil」での手書きが楽しめるところも大きな魅力となります。

上位モデル「HUAWEI MatePad Pro」はいわゆるパンチホールありのスリムベゼルデザインでした。対して、この「HUAWEI MatePad 10.8」にはそれなりに存在感あるベゼルありのデザインとなっています。

これ惚れちゃう!日本版「MatePad Pro」レビュー!純正ペン&キーボードも使えるハイスペックAndroidタブレット
ひさびさのハイスペックなAndroidタブレット「HUAWEI MatePad Pro」が気になりますよね。「HUAWEI MatePad Pro」の実機レビューした内容をまとめた記事です。ハイスペックなAndroidタブレットを探している方はぜひチェックしてみてください。

「HUAWEI MatePad 10.8」はハイエンド向けSoC「Kirin 990」搭載

ハイエンド向けSoC「Kirin 990」搭載

「HUAWEI MatePad 10.8」のSoCはなんと「Kirin 990」を搭載。「HUAWEI P40 Pro」や「HUAWEI MatePad Pro」などにも搭載されているハイエンド向けSoCです。

さすが!「HUAWEI P40 Pro 5G」レビュー!DxOトップに納得の高性能カメラ搭載スマホ
「HUAWEI P40 Pro 5G」をレビューした内容をまとめています。プレミアムなデザインとDxOトップの高いカメラ性能は期待通りの仕上がりになっています。ハード全体も非常にハイレベルで、さすがファーウェイのフラグシップです。ただGMSに非対応が気になります。

ハイエンド向けSoC「Kirin 990」搭載で、ベンチマークアプリ「AnTuTu」では40万オーバーが期待できます。ということで、「HUAWEI MatePad 10.8」はバリバリの高性能な仕上がりのタブレットになっています。

AnTuTu ベンチマークランキング | 2020年10月AnTuTuスコア最高のAndroidスマホは?
「AnTuTu」ベンチマークでNo1のAndroidスマホは何か気になりますよね。「AnTuTu」公表のベンチマークランキング情報をまとめています。最高峰の性能のハイスペックAndroidスマホが大好きという方はぜひ参考にしてください!

メモリ仕様は、RAM容量が6GB内部ストレージ容量が64/128/256GBです。また、外部ストレージとしてmicroSD(最大512GB)の使用をサポートしています。

「HUAWEI MatePad 10.8」の背面カメラは1300万画素のシングルカメラ前面シングルカメラは800万画素です。

4つのスピーカーを搭載の「HUAWEI MatePad 10.8」

4つのスピーカーを搭載

また、「HUAWEI MatePad 10.8」は4つのスピーカーを本体に搭載。ファーウェイのタブレットではお馴染みのHarman Kardonチューニングのサウンドということで迫力のサウンドが期待できます。

「HUAWEI MatePad 10.8」のバッテリー容量は7500mAh最大22.5Wの急速充電に対応しています。

LTEモデルもラインナップ

「HUAWEI MatePad 10.8」は、Wi-Fiモデルに加えてLTEモデルもラインナップ。これは非常にうれしいポイントですよね。

ボディの厚さは7.2mmとスリムで、重さは約500gとなっています。

シャンパンゴールド、シルバーダイヤモンドグレー

カラーはシャンパンゴールド、シルバーダイヤモンドグレーの2色展開です。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥32,781(2020/11/24 00:18:20時点 Amazon調べ-詳細)

「HUAWEI MatePad 10.8」の価格

「HUAWEI MatePad 10.8」の価格は以下の通りです。

「HUAWEI MatePad 10.8」価格

・WiFiモデル 6GB+64GBモデル 2399元(約3.6万円)
・WiFiモデル 6GB+128GBモデル 2799元(約4.2万円)
・WiFiモデル 6GB+256GBモデル 3599元(約4.2万円)
・LTEモデル 6GB+128GBモデル 3199元(約4.8万円)
 ※6GB+256GBモデルはペン、キーボード付き

スペックから考えると明らかに魅力的な価格設定となっていますね!

同じような仕様と価格帯で日本発売されたら、GMSがなしでも明らかに欲しすぎるレベルです!!!

なお、中国での「HUAWEI MatePad 10.8」の発売日は2020年8月中旬の予定です。

「HUAWEI MatePad 10.8」のスペック

「HUAWEI MatePad 10.8」のスペックは以下のとおりです。

「HUAWEI MatePad 10.8」スペック

・OS:EMUI 10.1 (Android 10)
・ディスプレイ:10.8 インチ(2560×1600)
・SoC:Kirin 990
・RAM:6GB
・ROM:64GB/128GB/256GB
・カメラ:REAR:13MP FRONT:8MP
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:7500mAh
・サイズ/重量:257(W)×170(H)×7.2(D) mm / 500g

非常に強力なスペックです。一方で、「HUAWEI MatePad LTE」の内部ストレージの読み書き速度がイマイチでした。そのあたりもどうなっているかが気になるところです。

まとめ:「HUAWEI MatePad 10.8」の特徴とスペック【日本発売期待】

まとめ

以上、中国ファーウェイの新型Androidタブレット「HUAWEI MatePad 10.8」情報をまとめておきました。

「HUAWEI MatePad 10.8」は、高級タブレットかな?と思うほど強めのスペックをもっています。

しかも価格が2399元(約3.6万円)~と手頃な価格になっているのは驚きとしか表現できません(笑)

「HUAWEI MatePad 10.8」の日本発売のアナウンスは現時点ではありませんが、こんな強烈なタブレットも日本で発売してほしいですね。

GMSなしでも買いたくなるようなポテンシャルをもっていると感じています。

本ブログでは、日本モデルの「HUAWEI MatePad Pro」、「HUAWEI MatePad LTE」の実機レビューを行っています。

「HUAWEI MatePad Pro」の実機レビュー

「HUAWEI MatePad Pro」の実機レビュー

「HUAWEI MatePad」シリーズの上位モデル「HUAWEI MatePad Pro」は、純正のペンとキーボードの使用もサポートしたハイスペックタブレットです。

タブレットではめずらしいパンチホールディスプレイを搭載し、その外観も非常に洗練されています。

これ惚れちゃう!日本版「MatePad Pro」レビュー!純正ペン&キーボードも使えるハイスペックAndroidタブレット
ひさびさのハイスペックなAndroidタブレット「HUAWEI MatePad Pro」が気になりますよね。「HUAWEI MatePad Pro」の実機レビューした内容をまとめた記事です。ハイスペックなAndroidタブレットを探している方はぜひチェックしてみてください。

「HUAWEI MatePad LTE」の実機レビュー

「HUAWEI MatePad LTE」の実機レビュー

「HUAWEI MatePad LTE」はコスパ重視のモデルですが、その特徴はなんといってもLTE通信にも対応していることです。

また、「Kirin 810」の性能もまずまず高く、筆者はメインタブレットとして動画視聴、電子書籍の用途を中心に愛用しています。

LTEが魅力!日本版「HUAWEI MatePad LTE」レビュー!クアッドスピーカー搭載のSIMフリータブレット
LTE対応のタブレットって魅力ですよね。LTE対応のAndroidタブレット「MatePad LTE」をレビューした内容を紹介しています。ミドルスペックタブレット「MatePad LTE」が気になる方はぜひチェックしてみてください。

参考になれば幸いです!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥32,781(2020/11/24 00:18:20時点 Amazon調べ-詳細)

「HUAWEI MatePad 10.8」アンケート

「HUAWEI MatePad 10.8」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票ください。

アンケート

「HUAWEI MatePad 10.8」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

HUAWEI MatePad 10.8 – HUAWEI

コメント

  1. KUN より:

    matepad 10.8はkirin810では?

    • やすスマやすスマ より:

      コメント頂きありがとうございます(^o^)

      日本でも発売済みの10.4インチの「MatePad」がKirin 810
      日本未発売の10.8インチの「MatePad 10.8」がKirin 990

      となっています。

      非常にややこしいですよね。

タイトルとURLをコピーしました