「MatePad Pro」はiPad Proへの対抗心メラメラのハイスペックAndroidタブレット【日本発売期待】

このページには、中国のHUAWEI(ファーウェイ)が発表した新型ハイスペックAndroidタブレット「MatePad Pro」についてまとめておきます

ファーウェイのMateシリーズといえば、ハイスペックなスマートフォンといった印象が強かったですが、今回新たにハイスペックなタブレット「MatePad Pro」がシリーズに追加されました。

注目記事新フラグシップ「Huawei Mate 30 Pro」は驚愕の高性能カメラ搭載のハイスペックスマホ

Androidタブレットではハイスペックなものは希少な存在です。「MatePad Pro」は、ハイスペックなAndroidタブレットを探していた方にぜひとも注目いただきたいモデルです。

HUAWEI MediaPad M5 Pro 10.8インチタブレットW-Fiモデル RAM4GB/ROM64GB 【日本正規代理店品】
HUAWEI(ファーウェイ)

「MatePad Pro」はパンチホールディスプレイ搭載のハイスペックタブレット

「MatePad Pro」はパンチホールディスプレイ搭載のハイスペックタブレット

ファーウェイのハイスペックタブレットとしては「MadiaPad M」シリーズがありました。「MadiaPad M」シリーズを上回るスペックを持った、「MatePad Pro」が新たに追加となりました。

【日本発売期待】「HUAWEI MediaPad M6 10.8」優れた入力性能をもったハイスペックタブレット
ファーウェイのハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M6 10.8」の特長とスペックのまとめページです。専用ペンでの入力に対応し、一部モデルではキーボードカバーが付属するなど、入力性に優れた仕上がりになっています。

パンチホールディスプレイ

パンチホールディスプレイ

「MatePad Pro」の外観でまず目を引くのが、ディスプレイです。セルフィーカメラをパンチホールに内蔵しています。

10.8インチのディスプレイを搭載。ベゼル幅は4.9ミリと非常にスリム。タブレットしては驚異の90%の画面占有率を実現しています。

DCI-P3の色域に準拠していて、高い色の再現度を実現しているということです。ディスプレイの解像度は2560×1600です。

Kirin 990

SoCには「Kirin 990」を採用。現状では「Mate 30」シリーズのみに採用されていたハイパフォーマンスなSoCです。

注目記事 AnTuTu ベンチマークランキング | ベンチNo1のハイスペックスマホは?

RAM容量は6GB/8GB、内部ストレージ容量は128GB/256GB/512GBです。

大容量バッテリーを急速充電

バッテリー容量は7250mAhで、有線での40W急速充電「Huawei SuperCharge」に対応。15Wのワイヤレス充電にも対応しています。

優れた入力性

スタイラスペン&キーボードに対応

ファーウェイ純正のスタイラスペン「M-Pencil」の使用をサポート。「M-Pencil」は磁力によってボディ上部に取り付けることができ、ワイヤレスの充電を行うことができます。

専用のキーボードを接続することも可能になっています。

ボディには4つのスピーカーを搭載。迫力あるサウンドが期待できます。NFCは搭載していません。

OSはAndroid 10(EMUI 10.0.1)を搭載。

オレンジカラーもあり

カラーはオレンジ、グリーン、ホワイト、グレーの4色展開です。特に鮮やかなオレンジが印象的です。

「MatePad Pro」の価格

「MatePad Pro」の価格は、Wi-Fiモデルが3299元(約5.1万円)~LTEモデルが3799元(約5.9万円)~です。発売は2019年12月です。

「MatePad Pro」のスペック

「MatePad Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 10 ( EMUI 10 )
  • ディスプレイ:10.8 インチ(2560 x 1600)
  • SoC:Kirin 990
  • RAM:6GB/8GB
  • ROM:128GB/256GB
  • カメラ:REAR:13MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:7250mAh
  • サイズ/重量:246(W)×159(H)×7.1(D) mm / 460 g

まとめ

「MatePad Pro」の記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

少し前からリークされていた「MatePad Pro」でしたが、事前の噂通りの仕上がりとなっていました。

ハイスペックさだけでなく、専用のスタイラスペン、キーボード対応など、まさに「iPad Pro」対抗といった仕上がりです。

タブレットとしてはめずらしいパンチホールディスプレイで、前面はほぼディスプレイといったデザインも魅力です。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

おすすめ記事

最後に、「MatePad Pro」に興味をお持ちの方にオススメしたい記事を紹介しておきます。合わせて読んでいただけるとうれしく思います。

【日本発売期待】「Samsung Galaxy Tab S6」は本気のサムスンを実感するハイスペックAndroidタブレット
SAMSUNG(サムスン)の新型Androidタブレット「Samsung Galaxy Tab S6」情報のまとめページです。「Samsung Galaxy Tab S6」はサムスンの本気を感じるハイスペックなタブレットに仕上がっています。
【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」は使い勝手のいいハイスペックなSIMフリータブレット
ハイスペックモデルも含めてラインナップが揃っている「iPad」に比べて、Androidタブレット...

アンケート

「MatePad Pro」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

参考

MatePad Pro – HUAWEI

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

当ブログおすすめNo1格安SIM

当ブログのおすすめNo1の格安SIMのワイモバイル
低価格で優れた通信品質のサービスを提供し、対応バンドがSIMフリースマホとの相性抜群なのがおすすめする理由です。しかも、新たなスマホベーシックプランでは最低利用期間・縛り期間がありません
詳しくは>>Y!mobileオンラインストアはこちら

HUAWEI 海外タブレット
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

  1. ティータ より:

    MRX-AL09(8GB/256GB)、Aliexpressで買っちゃいました。
    SIMなしでアズールレーンとCATV視聴用としてがんばってもらってます

    公式キーボードカバーの打ち心地が良く(iPad Proの純正品と違って打鍵感あり)
    前任のiPad proは寝床のradiko用に左遷されてしまいました。

    実際の使用感とか性能は、ぼぼ想像通りで満足してます。
    中国版ROMだったのでほんの少しだけ苦労しましたが…

    いい出来だったので次のスマホはMate 40にしようかな…と思ったり思わなかったり。

    • やすスマやすスマ より:

      ティータさん

      やすスマです。
      コメント頂きありがとうございます。

      MatePad Proを購入されているんですね。
      とてもうらやましいです!

      キーボードカバーが打ち心地が良いのは素晴らしいですね。
      そのような使用感を教えていただけるのは非常にありがたいです。

      昨日、グローバル版が発表されましたね。
      5Gモデルも含めて、ものすごく魅力的です。

      HMSに力を入れていくようですし、
      ぜひとも日本でも発売してほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました