【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」に液晶保護フィルムを貼ってみた!2.5D曲面ガラスの影響は?

2018年5月18日発売にファーウェイ・ジャパンが発売したハイスペックなタブレット「HUAWEI MediaPad M5」。筆者は「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデル(SIMフリー)を購入しました。

「HUAWEI MediaPad M5」の付属品を確認してみると、液晶保護フィルムは付属していませんでした。さっそく液晶保護フィルムをオーダーして貼ってみたので紹介しておきます。

「HUAWEI MediaPad M5」の付属品については以下のページで紹介しています。気になる方はぜひともチェックしてみてくださいね。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルの付属品をチェック!専用の保護ケースが付属
ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルが届きました。このページには「HUAWEI MediaPad M5」の付属品について...

「HUAWEI MediaPad M5」に液晶保護フィルムを貼ってみた

さっそく「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムをAmazonで検索。「HUAWEI MediaPad M5」の発売日に検索したのですが、数多くの液晶保護フィルムが検索に引っかかってきたので、評判や仕様を見ながら選んでみました。

今回選んだ液晶保護フィルムは以下のものです。

TopAceブランドの硬度9Hをほこる強化ガラスフィルムです。

液晶保護フィルムが到着

オーダー翌日には自宅に到着。さすがAmazonです!

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムが到着

付属品をチェック

さっそく箱からフィルムも含めた付属品を出してみました。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムの付属品

簡単なフィルムの貼り方が日本語で書かれています。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムのマニュアル

いざ貼り付け

さっそく、ディスプレイ表面をワイプワイプ♪

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶ディスプレイを拭いた

ディスプレイ表面のホコリがとれたら、液晶保護フィルムを位置を合わせておきます。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムの位置合わせ

強化ガラスフィルムなので、位置を合わせてそのまま置いて少し押すだけで簡単に貼り付きます。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムを貼り付け完了

だいたいうまく貼り付きましたが、特にディスプレイの上下に少し浮いている部分があります。これは「HUAWEI MediaPad M5」はディスプレイ表面を2.5D曲面ガラスで覆っていることが影響ですね。

ディスプレイ上はこんな感じ。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムの浮き1

ディスプレイ下はこんな感じ。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムの浮き2

少し浮いているのが気になるところですが、実際に操作してみると操作感は問題ない感じです。当分は問題なく使えそうです。

「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムの操作は問題なし

以上、「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムをレビューしてみました。少しでも参考になれば幸いです。

「ひかりTVショッピング」では「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルが市場想定価格よりも安くを販売されています。よかったらチェックしてみてくださいね!

icon
HUAWEI MediaPad M5 LTEモデル SHT-AL09 – ひかりTVショッピング
icon

「HUAWEI MediaPad M5」レビューまとめ

このページには「HUAWEI MediaPad M5」の液晶保護フィルムを貼ったときの状況についてまとめておきました。「HUAWEI MediaPad M5」のレビューまとめは以下のリンク先にあります。

【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」はハイスペックなSIMフリータブレット | 日本発売モデル
ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5」を購入しました。 「HUAWEI MediaPad M5」は前モデル「MediaPa...

「HUAWEI MediaPad M5」を様々な角度からレビューしています。良ければ合わせて読んでみてくださいね!

Source

HUAWEI MediaPad M5 | タブレットとPC | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリーSIMフリータブレット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント