【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」はハイレベルにまとまったSIMフリータブレット!レビューまとめ

ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5」を購入しました。

購入したのは「HUAWEI MediaPad M5」のLTE版です。当然ならSIMフリーになっています。「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルの市場想定価格は45800円(税抜)です。

Androidタブレットでハイスペックなものはかなり数が少ないので、日本発売が発表された当日に予約して、発売日当日に筆者のもとに到着しました。

筆者は「MediaPad M3」をメインのタブレットとして使用してきました。ハイスペックであるだけでなく、ビデオ鑑賞、音楽鑑賞にも適していて非常に素晴らしいタブレットだと感じています。

【実機レビュー】Huawei「MediaPad M3」は素晴らしいハイスペックSIMフリータブレット
ファーウェイ(Huawei)のハイスペックなSIMフリータブレット「MediaPad M3」を購入したので、実機レビューを書いておきます。「MediaPad M3」はハイスペックというだけでなく、...

さっそく「HUAWEI MediaPad M5」をレビューしておきます。

「HUAWEI MediaPad M5」実機レビューまとめ

このページは「HUAWEI MediaPad M5」の実機レビューまとめとして書いておきます。このページをさくっと読んでいただければ、「HUAWEI MediaPad M5」の魅力について理解いただけると考えています。

注目点に応じて、細かな内容も含めたさらにページを作成しています。それらのページのリンクも掲載しておきますので、もっと詳しく知りたい部分についてリンク先をチェックしてみてくださいね。

開封

我が家に到着した「HUAWEI MediaPad M5」です。

HUAWEI MediaPad M5

ちなみに、筆者は「ひかりTVショッピング」で「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルを購入しました。

「HUAWEI MediaPad M5」の外箱はかなりシンプルな感じですが、右下の「FREE」のロゴプリントだけ浮いてしまっていて、このロゴは無しの方がよかったです。

この「FREE」のロゴは、保護ケースが付属していることを示しています。保護ケースが付属している事自体はうれしいですよね!

HUAWEI MediaPad M5の付属品

保護ケースも含めて、「HUAWEI MediaPad M5」の付属品については別ページに詳しくまとめています。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルの付属品をチェック!専用の保護ケースが付属
ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルが届きました。このページには「HUAWEI MediaPad M5」の付属品について...

続いて、開封して「HUAWEI MediaPad M5」のデザインをチェックしていきます。

「HUAWEI MediaPad M5」のデザインをチェック

「HUAWEI MediaPad M5」のデザイン

「HUAWEI MediaPad M5」は8.4インチの2Kディスプレイを搭載。高精細で見やすいディスプレイです。ベゼル幅を狭くして画面占有率82%を実現しています。最大10点のマルチタッチに対応しています。

ディスプレイは2.5D曲面ガラスに覆われています。液晶保護フィルムは付属していないので、必要な方は別途購入する必要があります。

筆者が別途購入した液晶保護フィルムを貼ったときの状況をまとめています。興味のある方は合わせてチェックしてみてください。

【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」に液晶保護フィルムを貼ってみた!2.5D曲面ガラスの影響は?
2018年5月18日発売にファーウェイ・ジャパンが発売したハイスペックなタブレット「HUAWEI MediaPad M5」。筆者は「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデル(SIMフリ...

上位モデル「HUAWEI MediaPad M5 Pro」が対応している「M-Pen」には、「HUAWEI MediaPad M5」は対応していません。

「HUAWEI MediaPad M5」の背面

「HUAWEI MediaPad M5」の背面は丸みをもたせたメタルボディになっています。

ボディの質感はまずまず良好です。国内モデルはボディカラーがスペースグレーのみとなっているのは好みのカラーを選ぶことができず残念です。海外モデルにはゴールドカラーもあります。カラーバリエーションはほしかったところです。

「HUAWEI MediaPad M5」のカメラ

背面には1300万画素のメインカメラ、前面には800万画素のサブカメラを搭載。スマホのようにデジカメ代わりという場合はタブレットの場合は少ないと思います。タブレットのカメラと考えると十分なスペックです。

USBポートは「Type-C」。搭載している5100mAhバッテリーを1.9時間で満充電可能な急速充電に対応しています。ハイレゾ音源に対応しているのが大きな注目点ですが、3.5mmのイヤホンジャックは廃止されています。Type-C to イヤホンジャックの変換ケーブルは付属しています。

細かいデザインのチェックは別ページにまとめているので、興味のある方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のデザインを徹底チェック!所有満足度高いハイレベルに仕上り
ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5」。ハイスペックタブレットが好物の筆者は発売当日に「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモ...

海外では上位モデル「HUAWEI MediaPad M5 Pro」のオプションとして専用キーボードがラインナップされていました。日本では「HUAWEI MediaPad M5」、「HUAWEI MediaPad M5 Pro」ともに専用キーボードは提供されない見込みです

防水・防じん、フルセグ・ワンセグには対応していません。ファーウェイのWi-Fiタブレット「Huawei MediaPad M3 Lite 10 wp」とは異なります。

Android 8.0 Oreo

「HUAWEI MediaPad M5」のホーム画面

OSは「Android 8.0 Oreo」を採用。UIはファーウェイ製品でお馴染みの「EMUI 8」です。

「EMUI 8」は使い勝手に定評があり、ドロワーボタンの表示、ホームボタンにナビゲーションバー機能を統合させるなどの好みに応じたカスタマイズも可能です。

そのあたりは次のリンク先にまとめています。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のホーム画面をチェック!おすすめ設定もあり SIMフリーのLTEモデル
2018年5月18日に発売されたハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M5」のホーム画面やおすすめ設定について紹介しておきます。 Huawei 8.4インチ Media...

特にホームボタンにナビゲーションバー機能を統合する設定はオススメです。

「HUAWEI MediaPad M5」のパフォーマンス

「HUAWEI MediaPad M5」はSoCに「Kirin 960」を搭載。「HUAWEI P20 Pro」などに搭載されている後継SoC「Kirin 970」がリリースされていますが、ハイスペックな「HUAWEI P10」などに搭載されているパフォーマンスの高いSoCですので、「HUAWEI MediaPad M5」は非常に軽快に動作します。

高性能なCPUを搭載している「HUAWEI MediaPad M5」のベンチマーク結果も良好です。ベンチマーク結果は以下のページに詳しくまとめています。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のパフォーマンスをチェック!AnTuTuなどでベンチ計測
このページには、ハイスペックなSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad M5」のパフォーマンスについて、ベンチマークの結果も含めてまとめておきます。 Huawei 8.4イ...

メモリ・内部ストレージ

「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ仕様は4GB RAM+32GB ROMです。

RAMは4GBということで十分な容量になっています。

ハイスペックなタブレットということを考えると内部ストレージ容量が32GBは物足りません。ただし、microSDカードをサポートしているのはうれしい点です。

メモリ・内部ストレージの詳細チェックは、ベンチマーク結果も含めて、以下のページにまとめています。

【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ・内部ストレージをチェック!ベンチ結果もあり
このページには、ファーウェイが日本でリリースしたハイスペックなSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ・内部ストレージについて、ベンチマークの結果も含めてまとめておき...

対応バンド

今回レビューしているのはSIMフリー版ということで、対応バンドが気になるところです。

「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルの4G・3Gの対応バンドは以下のとおりです。

FDD-LTE: Band 1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26
TDD-LTE: Band 34/38/39/40/41
W-CDMA: Band 1/2/5/6/8/19

ドコモ、ソフトバンク系の格安SIMのバンドに対応しているのはもちろんのこと、auの主力バンドとなっている、LTEのBand 18に対応しています。実際にau回線のmineoのSIMカードを使用してデータ通信を行うことができました。

「HUAWEI MediaPad M5」は通話対応タブレットとなっていて、W-CDMAのバンド状況から、ドコモ、ソフトバンク回線での通話可能です。ただ、普通に通話すると、スピーカーから通話内容がダダ漏れになってしまいますが(笑)

気になる「au VoLTE」での通話については、以下のページのようにテストしてみましたが、残念ながら使用することはできませんでした。

【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルで「au VoLTE」対応SIMをテスト!
2018年5月18日発売のハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M5」。筆者は「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルを購入しました。SIMフリーとなっていて、ファ...

まとめ

「HUAWEI MediaPad M5」の実機レビューをまとめてみました。

これからも気になった機能をチェックして、レビュー項目を増やしていく予定です。

全体的な印象としては、高精細なディスプレイ、デュアルスピーカーなどでエンターテイメントを楽しむのに適したタブレットになっています。

ハイスペックということで動作も非常に軽快です。

デザインに関してはきっちりと作り込まれていますが、高級感があふれたデザインという印象まではありません。

ミドルスペックのタブレットとはレベルが違いますが、前モデル「MediaPad M3」から確実に進化はしていますが、積極的に買い換えるのをすすめるかと聞かれると微妙な感じです。

以上、参考になれば少しでも幸いです!

「ひかりTVショッピング」では市場想定価格よりも安価で国内モデル「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルを販売しています。興味のある方はチェックしてみてくださいね!

Source

HUAWEI MediaPad M5 | タブレットとPC | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリーSIMフリータブレット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローする
やすスマ

コメント