【実機レビュー】「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ・内部ストレージをチェック!ベンチ結果もあり

このページには、ファーウェイが日本でリリースしたハイスペックなSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ・内部ストレージについて、ベンチマークの結果も含めてまとめておきます。

では、さっそくチェックしていきます。

「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ

「HUAWEI MediaPad M5」のRAMは4GBとなっています。

ハイスペックなスマートフォンでは、8GBや6GBのRAMを搭載したものが増えていますが、一般的な用途であれば4GBでまったく問題ありません。

「HUAWEI MediaPad M5」を購入してから少し経ってメモリの状況を見てみました。

「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ状況

平均のメモリ仕様が2GB強となっています。空き容量がおよそ1.5GBあるので、まだ余裕がある状態ですね。

「HUAWEI MediaPad M5」の内部ストレージ

次に内部ストレージをチェックしていきます。

「HUAWEI MediaPad M5」の内部ストレージ容量は32GBです。

初回起動直後の内部ストレージの状況をチェックしています。

「HUAWEI MediaPad M5」の内部ストレージ状況

内部ストレージの空き容量は「21.4 GB」と表示されていました。まだ空き容量はありますが、エンターテイメントを楽しむハイスペックなタブレットということを考えると少し心配な容量です。

国内では残念ながら32GBモデルのみがリリースされています。海外モデルでは32GBモデル以外にも、64GB/128GBのモデルが存在します。

「HUAWEI MediaPad M5」 64GB ROMicon
Huawei MediaPad M5 8.4″ SHT-AL09 – EXPANSYS
icon

日本でも64GB ROMモデルの追加リリースを期待したいところです。

内部ストレージをベンチマーク

「A1 SD Bench」を使って、「HUAWEI MediaPad M5」の内部ストレージ・RAMのベンチをやっておきました。

「A1 SD Bench」の結果

内部ストレージはRead 136.11MB/s、Write 51.63MB/sでした。

ファーウェイのサポートの方に、内部ストレージは「eMMC」を採用していると伺っていました。ほぼ想定通りのベンチ結果です。

RAMはRead 7238.92MB/sでした。問題ない速度です。

「HUAWEI MediaPad M5」はmicroSDカードをサポート

「HUAWEI MediaPad M5」はmicroSDカードをサポート

内部ストレージについては少し心配と書きましたが、容量不足を回避するためにmicroSDカードを使用することができます。

まとめ

「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ・内部ストレージを中心にまとめておきました。

こうやって記事を書いていると、やはり内部ストレージ容量が残念でなりません。プラス数千円で64GB ROMモデルが別にあれば印象がぜんぜん違うと思います。

筆者の場合は、本体に動画などをばんばん保存するわけではないので32GB ROMで十分っていう状況ですが、、、(笑)

以上、参考になれば少しでも幸いです!

「ひかりTVショッピング」では市場想定価格よりも安価で国内モデル「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルを販売しています。興味のある方はチェックしてみてくださいね!

「HUAWEI MediaPad M5」レビューまとめ

このページにはメモリ・内部ストレージについてまとめましたが、「HUAWEI MediaPad M5」レビューまとめが以下のリンク先にあります。

【レビュー】「HUAWEI MediaPad M5 LTE」は使い勝手のいいハイスペックなSIMフリータブレット
ファーウェイ・ジャパンが2018年5月18日にリリースした「HUAWEI MediaPad M5 LTE」を購入しました。 前モデル「MediaPad M3」は出来の良さで評判でした...

「HUAWEI MediaPad M5」を様々な角度からレビューしています。良ければ合わせて読んでみてくださいね!

Source

HUAWEI MediaPad M5 | タブレットとPC | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリーSIMフリータブレット実機レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました