日本モデル「HUAWEI MediaPad M5」発表!ハイスペックタブレット SIMフリーLTEモデルは45800円

ファーウェイ・ジャパンは、2018年5月10日に、Android 8.0を搭載したハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M5」を発表しました。

HUAWEI MediaPad M5

国内のSIMフリーAndroidタブレットはミドルスペックモデルが多く、ハイスペックなタブレットはかなり少なく、ハイスペックなSIMフリータブレットを探していた方にとっては注目のモデルです。

「HUAWEI MediaPad M5」は、海外において2018年2月に発表されていました。

【海外モデル】ファーウェイ 「HUAWEI MediaPad M5 8.4」情報!ハイスペックSIMフリータブレット
中国のファーウェイは、スペインのバルセロナで開催されている世界最大のモバイル関連イベント「MWC 2018」において、新型ハイスペックタブレット「HUAWEI MediaPad M5 8.4」を発...

日本でSIMフリータブレットとして発売された「HUAWEI MediaPad M3」の後継モデルにあたります。

【実機レビュー】ファーウェイ「MediaPad M3」は素晴らしいハイスペックSIMフリータブレット
ファーウェイ(Huawei)のハイスペックなSIMフリータブレット「MediaPad M3」を購入したので、実機レビューを書いておきます。「MediaPad M3」はハイスペックというだけでなく、...

さっそく、注目の日本モデル「HUAWEI MediaPad M5」についてまとめておきます。

HUAWEI MediaPad M5

8.4インチディスプレイを搭載している「HUAWEI MediaPad M5」には2つのモデルが存在。Wi-FiモデルとSIMフリーのLTEモデルです。

「HUAWEI MediaPad M5」のLTEモデルは、NTTドコモ、au、SoftBankのLTEバンドに対応しています。多くのバンドに対応しているのは大切なポイントです。なお、au VoLTEの対応についてはサポートに問い合わせましたが現時点では不明と回答を頂きました。

8.4インチ2Kディスプレイ

HUAWEI MediaPad M5の2Kディスプレイ

「HUAWEI MediaPad M5」は約8.4インチディスプレイを搭載。解像度は2K(2560×1600)。細部まで美しく表示する高解像度ディスプレイとなっています。

画像調整アルゴリズム「ClariVu」によって、映像視聴時に画像を見やすく調整。ブルーライトを軽減する「ブルーライトカットモード」を搭載しています。

ディスプレイ表面は2.5D曲面ガラスに覆われていて、デザイン性と耐久性が高められています。ベゼル幅をおさえたデザインで画面占有率は82%。タブレットとしては非常に高い画面占有率です。

Kirin 960

タブレットのパフォーマンスを大きく左右するSoCは「Kirin 960」を採用。SIMフリースマホ「honor 9」にも搭載されているSoCです。

筆者は「honor 9」をメイン機として使用しています。「honor 9」のパフォーマンスの高さに大いに満足しています。「honor 9」の実機レビューは以下のページにまとめています。

【実機レビュー】ファーウェイ「honor 9」 はデザイン自慢のハイスペックなSIMフリースマホ
ファーウェイ・ジャパンから2017年10月12日に発売されたSIMフリースマホ「honor 9」を購入したのでレビューします。 「honor 9」の日本発売が発表されて、販売価格を知...

すでに最新の「Kirin 970」がリリースされていますが、「Kirin 960」搭載モデルもなかなかのハイパフォーマンスになっています。

メモリ仕様

日本モデル「HUAWEI MediaPad M5」のメモリ仕様は4GB RAM+32GB ROM。内部ストレージはeMMCになっています。最大256GBのmicroSDカードを利用できることができます。

ボディの背面には1300万画素のメインカメラ、前面には800万画素のサブカメラを搭載。メインカメラは位相差AFに対応しています。

「HUAWEI MediaPad M5」はマルチメディア性能を高めたタブレットということで、サウンド機能にも力が入っています。

ファーウェイのタブレットではお馴染みですが、「HUAWEI MediaPad M5」においてもHarman Kardonによるサウンドのチューニングが施されています。本体には2つのスピーカーを搭載。

「HUAWEI MediaPad M5」ではイヤホンジャックが廃止されていますが、USB Type-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタが付属しています。

USBポートは「Type-C」です。「HUAWEI MediaPad M3」のmicroUSBから変更されています。

上下なく挿せる「Type-C」の方が便利でいいですよね。

バッテリー容量は5100mAh。付属するACアダプターを利用することで9V/2Aの急速充電が可能です。

バッテリー容量の大きいタブレットで急速充電に対応しているかどうかは大きな差です。

ボディカラーはスペースグレーのみ。厚さ7.3mmの薄型ボディとなっています。

対応バンド

LTEモデルの対応バンドは以下の通りです。

  • FDD-LTE: Band 1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26
  • TDD-LTE: Band 34/38/39/40/41
  • W-CDMA: Band 1/2/5/6/8/19

au系の格安SIMでデータ通信する際に大切なLTEのBand 26に対応しています。

W-CDMAの対応バンドではBand 19にも対応。通話SIMを利用すれば通話も可能になっています。

「HUAWEI MediaPad M5」の発売日・価格

「HUAWEI MediaPad M5」は、Wi-Fiモデル、LTEモデルともに5月10日から予約受付が開始され、5月18日に発売されます。

「HUAWEI MediaPad M5」の価格(税抜)は、Wi-Fiモデルが37,800円、LTEモデルが45,800円です。

家電量販店、ECサイトに加えて、MVNOの「イオンモバイル」、「DMM mobile」からも販売されます。

「HUAWEI MediaPad M5」のスペック

「HUAWEI MediaPad M5」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0(EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:約8.4インチ(2560×1600)
  • SoC:Kirin 960
  • CPU:Octa Core 2.4GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:13MP(f2.2) FRONT:8MP(f2.2)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:5100mAh
  • サイズ/重量:124.8(W)×212.6(D)×7.3(H) mm / 320g

Source

HUAWEI MediaPad M5 | タブレットとPC | HUAWEI Japan

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiスマホに興味津々。

やすスマをフォローお願いします
huaweiSIMフリーSIMフリータブレット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント