ハイスペックSIMフリースマホ「HUAWEI nova 3」が2018年10月5日に日本発売 | 価格は54,800円

ファーウェイ・ジャパンのハイスペックスマホ「HUAWEI nova 3」

HUAWEI nova 3

ファーウェイ・ジャパンは、両面ダブルレンズカメラを搭載した新型SIMフリースマホ「HUAWEI nova 3」を2018年10月5日に発売しました。

参考日本モデルSIMフリースマホ発売日情報

日本モデル「HUAWEI nova 3」の市場想定価格(税別)は54,800円です。日本のSIMフリースマホでは、ASUSの「ZenFone 5 (ZE620KL)」あたりと競合する価格帯になっています。

家電量販店、ECサイトに加えて、MVNOサービスの「楽天モバイル」、「mineo」、「NifMo」、「BIGLOBEモバイル」、「イオンモバイル」などでも取り扱いされます。

「HUAWEI nova 3」が日本で発売決定

「HUAWEI nova 3」は、2018年7月に中国においてSIMフリースマホとして発表されていたハイスペックなモデルです。

「HUAWEI nova 3」のスペックや特長を紹介しておきます。

6.3インチディスプレイ

「HUAWEI nova 3」は6.3インチディスプレイを搭載。ノッチ付きのフルスクリーンデザインを採用しています。ボディ幅は73.7mmとディスプレイサイズを考えるとコンパクトに仕上がっています。

Kirin 970

従来のnovaシリーズの「HUAWEI nova」、「HUAWEI nova 2」ともにミドルスペックモデルという印象でしたが、今回の「HUAWEI nova 3」はかなりハイスペックな仕様になっています。

パフォーマンスを大きく左右するSoCは「Kirin 970」を搭載。ファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」と同じSoCを搭載ということで高いパフォーマンスが期待できます。

参考AnTuTu ベンチマークランキングまとめ | スコアNo1のスマホは?

ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver」の総合スコアは20万前後ということが予想されます。

メモリ仕様は4GB RAM+128GB ROMです。microSDカード(最大256 GB)の使用もサポートしています。

両面ダブルレンズカメラ

「HUAWEI nova 3」の両面ダブルレンズカメラ

「HUAWEI nova 3」の大きな特徴は前面・背面ともにダブルレンズカメラを搭載している点です。

メインカメラは1600万画素(カラー)+2400万画素(モノクロ)。カラーセンサー+モノクロセンサーという構成で画質を優先したものになっています。AI機能を使ったAIカメラになっていて、22のシーンや被写体を認識してくれます。

サブカメラは2400万画素+200万画素のダブルレンズカメラを採用。こちらのカメラもAI対応で、8種類のシーンを識別して、適した撮影方法を自動で設定してくれます。顔認証にも対応しています。赤外線ライトで顔認証を補助することで暗い場所での認識精度を向上させているということです。

他のスペック・機能

指紋認証センサーはボディ背面に搭載。バッテリー容量は3750mAhで、USBポートはType-Cです。大きめのバッテリーを搭載しながら、ボディの厚さが7.3mmとスリムに仕上がっているのは注目ポイントです。

今後提供が予定されているソフトウェア更新によって、au VoLTE対応予定となっています。

「HUAWEI nova 3」のau VoLTEの対応予定時期は11月20日頃となるようです。発売済みのSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」、「HUAWEI P20」にも、同じようなタイミングで同様のau VoLTE対応が行われる予定です。

OSは「Android 8.1(EMUI 8.2)」を採用。通常カラーはブラック、アイリスパープルの2色展開です。

gooSimsellerでは、通常カラーに加えて、限定カラーのレッドを用意しています。gooSimsellerでは、2018年10月30日11時まで「HUAWEI nova 3」の発売記念キャンペーンが開催されていて、発売記念価格での販売が行われています。

参考gooSimseller|NTTレゾナントが運営する格安スマホ、SIM関連専門ショップ

「HUAWEI nova 3」は、おサイフケータイ、ワイヤレス充電、防水・防塵には対応していません。

「HUAWEI nova 3」のスペック

「HUAWEI nova 3」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.3 インチ(2340×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:16MP+24MP FRONT:24MP+2MP
  • FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
  • TDD LTE:B38/40/41
  • WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900 MHz
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3750mAh
  • サイズ/重量:73.7(W)×157.0(H)×7.3(D) mm / 166g

まとめ

予告されていた新スマホは「HUAWEI nova 3」という予想通りの結果になりました。

同じnova 3シリーズの「HUAWEI nova 3i」は日本リリースの発表は行われませんでした。もしかすると「HUAWEI nova 3i」と似たスペックを持った「HUAWEI Mate 20 lite」あたりの日本発売が控えているのかもしれません。

「HUAWEI nova 3」の日本モデルは4GB RAMとなっています。海外モデルは6GB RAMだったので、少しだけスペックダウンしているところは残念です。

おすすめリンク

コストパフォーマンスに優れた「HUAWEI nova 3」。

2019年に入り、実売価格が下がってミドルスペックモデルとそれほど変わらない水準となっています。

「HUAWEI nova 3」と2019年発売のミドルスペックモデルと比較しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【2019年】日本発売の価格帯3~5万円のSIMフリースマホをランキング形式で紹介!分離プラン時代におすすめの格安スマホ
端末代金と通信料が分離される「分離プラン」が推進されて、月々サポート/毎月割/月月割などの大手キャリアの割引施策が終了となっています。その結果、端末の代金に向けられるユーザーの意識は高まりつつあり...

Source

「HUAWEI nova 3」 – HUAWEI

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました