【日本発売期待】「HUAWEI nova 5」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックスマホ 新SoC「Kirin 810」採用

「HUAWEI nova 5」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックモデル

「HUAWEI nova 5」

中国のファーウェイの「HUAWEI nova 5」は、新SoCを採用したミドルスペックスマートフォン。背面にクアッドカメラを搭載するなどカメラ性能に力が入っています。

同じnova 5シリーズとして、上位モデル「HUAWEI nova 5 Pro」もラインナップされています。

【日本発売期待】「HUAWEI nova 5 Pro」はクアッドカメラ搭載のハイスペックスマホ 価格は約4.7万円~
ファーウェイは2019年6月に「HUAWEI nova 5」を発表。最上位モデル「HUAWEI nova 5 Pro」の特長とスペックを紹介しています。novaシリーズでもついにクアッドカメラ搭載。ハイスペックでありながら価格は2999元(約4.7万円)~と手頃です。

「HUAWEI nova 5」の特長とスペック

「HUAWEI nova 5」の有機ELディスプレイ

「HUAWEI nova 5」は6.39インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しています。高品質な画面表示が期待できる有機ELを採用しているのは注目ポイントです。

ディスプレイ内に指紋認証センサーを搭載しています。ディスプレイ上部には小さめのノッチがあります。

クアッドカメラ搭載

「HUAWEI nova 5」のクアッドカメラ

「HUAWEI nova 5」の背面には4800万画素(メイン)+1600万画素(広角)+200万画素(深度)+200万画素(マクロ)のクアッドカメラを搭載。トレンドとなっている、AIによるシーン自動切り替えが利用可能です。

前面には3200万画素カメラを搭載しています。

Kirin 810搭載

「HUAWEI nova 5」はSoCに「Kirin 810」を採用。製造プロセス7nmのミドル向けの新SoCです。

ベンチマークアプリ「AnTuTu」の総合スコアが23万強と、従来のミドル向けSoCと比較すると大幅に性能向上を実現しています。

メモリ仕様は、RAM容量が8GB、内部ストレージ容量が128GBです。

バッテリー容量は3500mAh。USBポートは「Type-C」です。40W(10V/4A)の急速充電に対応しています。

ボディカラーはグリーン、パープル、ブラックの3色展開です。

「HUAWEI nova 5」の価格

「HUAWEI nova 5」の価格は、2799元(約4.4万円)です。

「HUAWEI nova 5」のスペック

「HUAWEI nova 5」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9.0 (EMUI 9.0.1)
  • ディスプレイ:6.39 インチ(2340×1080)
  • SoC:Kirin 810
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:48MP+16MP+2MP+2MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3500mAh
  • サイズ/重量:74.8(W)×157.4(H)×7.33(D) mm / 171g

アンケート

「HUAWEI nova 5」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「HUAWEI nova 5i Pro」

同じ「nova 5」シリーズとして「HUAWEI nova 5i Pro」も発表されています。

クアッドカメラ搭載のコスパの光る「HUAWEI nova 5i Pro」についても合わせてチェックしてみてくださいね。

【日本発売期待】「HUAWEI nova 5i Pro」はクアッドカメラ搭載の新型ミドルスペックスマホ
中国のファーウェイは、クアッドカメラを搭載した新型スマートフォン「HUAWEI nova 5i Pro」を発表しました。市場によっては「HUAWEI Mate 30 lite」としてリリースが予想されているモデルです。ついにミドル機にもクアッドカメラが搭載されてきています。

Source

HUAWEI nova 5 – Vmall

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました