「HUAWEI nova 5T」が到着!バランス良好なハイスペックSIMフリースマホです【日記】

ファーウェイ・ジャパンが2019年11月29日に発売した「HUAWEI nova 5T」を入手!!!

「HUAWEI nova 5T」の市場想定価格は54,500円(税抜)。ミドルハイクラスに位置していて、クアッドカメラ、ハイスペックSoC搭載など、ハイスペックモデルに迫るスペックを持っています。

参考「HUAWEI nova 5T」情報 クアッドカメラ搭載のハイスペックSIMフリースマホ

後日にレビューを公開する予定ですが、せっかくなので、写真を交えながら簡単に「HUAWEI nova 5T」を紹介しておきますね!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥54,903(2019/12/07 09:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

「HUAWEI nova 5T」が到着

「HUAWEI nova 5T」がうちに着弾

うちに届いた「HUAWEI nova 5T」。ちゃんと発売日に入手することができました。ハイスペックでありながらコンパクトに仕上がっているのが購入を決めた理由です。

パンチホールディスプレイ

「HUAWEI nova 5T」のディスプレイ

「HUAWEI nova 5T」はディスプレイ内に開いた穴に前面カメラを搭載しています。通称「パンチホールディスプレイ」を採用で、ノッチなしのほぼフルスクリーンといった感じです。

個性的な背面デザイン

「HUAWEI nova 5T」の背面

カラーはミッドサマーパープルをチョイス。新しいnovaロゴが描かれています。

背面をよーく見ると

無数のnovaロゴ

無数のnovaロゴがうっすらプリントされていることに気が付きます。遠くからみるとあまり気が付きませんが、近くで見るとなかなかインパクト大です。

側面に指紋認証センサー

側面に指紋認証センサー

指紋認証センサーはボディ側面に電源ボタンと一体化する形で搭載されています。筆者はこのタイプを使ったことがなかったので、「電源ボタンはどこ?」という感じで探してしまいました(笑)

指紋認証センサーの使い勝手もちゃんと検証していこうと思います。

クアッドカメラ

「HUAWEI nova 5T」のクアッドカメラ

背面にはクアッドカメラを搭載。4800万画素のメインカメラ、1600万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度測定カメラという構成です。

「HUAWEI P30 Pro」などのようにライカとの協業開発のカメラではありませんが、どのぐらいの性能か楽しみです。

まとめ

以上、「HUAWEI nova 5T」実機の写真を見ながら、特徴をいくつか紹介しておきましt。ミッドサマーパープルは他カラーとはテイストが異なることは知っていましたが、正直言ってこれほど個性的とは思っていませんでした(笑)

背面の遊び心があるデザインは個人的には好印象です。ボディの厚さは約7.87mm、重さは約174gで、最近のスマートフォンとしては軽量・薄型の部類に入ります。

当然ながら、Google Playストアもインストール済み。久々に日本発売されたファーウェイスマホということで、ウェイウェイ言いながら、検証していく予定です。後日レビューを公開しますのでお楽しみに!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥54,903(2019/12/07 09:04:59時点 Amazon調べ-詳細)

実機レビューを公開【2019年11月30日更新】

「HUAWEI nova 5T」の実機レビューを公開しました。ぜひ、合わせて読んでいただけるとうれしく思います!

「HUAWEI nova 5T」は個性的なデザインが突き刺さるハイスペックSIMフリースマホ【実機レビュー】
このページには「HUAWEI nova 5T」の実機レビューを紹介しています。クアッドカメラ、Kirin 980、8GB RAMなど、5万円台のスマートフォンとしては充実したスペック。購入したミッドサマーパープルカラーは非常に個性的なデザインが印象的です。

アンケート

「HUAWEI nova 5T」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

Source

HUAWEI nova 5T | ファーウェイジャパン

スポンサーリンク
huawei SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました