【日本発売期待】「HUAWEI nova 5z」はクアッドカメラ搭載のコスパ重視のミドルスペックSIMフリースマホ

中国のファーウェイが発表した「HUAWEI nova 5z」情報を紹介しています。

「HUAWEI nova 5z」はクアッドカメラを搭載したミドルスペックモデルです。

2019年7月発表の「HUAWEI nova 5i Pro」をベースに更にコスパに磨きをかけた仕上がりになっています。

「HUAWEI nova 5z」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックモデル

「HUAWEI nova 5z」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックモデル

「HUAWEI nova 5z」というモデル名はなんとも強そうな感じですが、構成としては良好なバランスに仕上がっています。

パンチホールディスプレイ

「HUAWEI nova 5z」のパンチホールディスプレイ

「HUAWEI nova 5z」は6.26インチのフルHD+(2340×1080)ディスプレイを搭載。前面カメラがディスプレイ上部の左端に開いた穴に搭載されています。

ボディ幅は73.9mm。片手でも操作できるサイズになっています。

通称「パンチホールディスプレイ」デザインによって、ノッチなしを実現。前から見るとほぼスクリーンというフルスクリーンデザインが魅力です。

クアッドカメラ搭載

「HUAWEI nova 5z」のクアッドカメラ

背面に搭載しているクアッドカメラも注目ポイントです。

カメラの構成は4800万画素(メイン Sony IMX586)+800万画素(広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度測定)です。

うれしいことにマクロカメラを搭載。また、メインカメラは4800万画素。ミドル機としては十分な性能が期待できるカメラです。

セルフィーカメラは3200万画素。AI機能サポートのカメラです。高画素なカメラを採用してい、さすがnovaシリーズといったセルフィー撮影性能への注力です。

Kirin 810

SoCには「Kirin 810」を採用。「Snapdragon 730」など、ミドルスペックモデル向けSoCの性能向上が著しいですが、この「Kirin 810」も性能向上が著しいミドルスペック向けSoCに含まれてます。

同じSoCを搭載したスマホのベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 7」の総合スコアが23万強です。このパフォーマンスは、2世代前のハイスペック向けSoC「Snapdragon 835」に匹敵するレベルです。

このようなパフォーマンスであれば、3Dゲームなどの用途にも耐えうるレベルです。ゲームプレイを支援する「GPU turbo」機能もサポートしています。

メモリ仕様は、RAM容量が6GB内部ストレージ容量が64GB/128GBです。RAMが大容量6GBということで、複数アプリを立ち上げても十分な容量です。

外部ストレージとして「NM Cardカード(最大256GB)」をサポートしています。microSDカードではないので注意が必要です。

4000mAhバッテリー

バッテリー性能にも力が入っています。バッテリー容量は4000mAh。大容量バッテリーを搭載。

また、充電に関しては20W(10V/2A)の急速充電に対応。ミドルスペックモデルとしては高出力での充電に対応となっています。

USBポートは「Type-C」。ボディカラーはブラック、ブルー、グリーンの3色展開。

OSは「Android 9」ベースの「EMUI 9.1」です。

「HUAWEI nova 5z」の価格

「HUAWEI nova 5z」の価格は注目しておきたいポイントです。6GB RAM+64GB ROMモデルが1599元(約2.5万円)6GB RAM+128GB ROMモデルが1799元(約2.8万円)です。

日本円換算で3万を切っています。選ぶのであれば128GBモデルですね。

「HUAWEI nova 5z」のスペック

「HUAWEI nova 5z」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 9 (EMUI 9.1)
  • ディスプレイ:6.26 インチ(2340×1080)
  • SoC:Kirin 810
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB/128GB
  • カメラ:REAR:48MP+8MP+2MP+2MP FRONT:32MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:73.9(W)×156.1(H)×8.3(D) mm / 178 g

アンケート

「HUAWEI nova 5z」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

「HUAWEI nova 5z」情報まとめ

「HUAWEI nova 5z」は「HUAWEI nova 5i Pro」をベースに一部スペックを抑えて低価格を実現しています。

参考【日本発売期待】「HUAWEI nova 5i Pro」はクアッドカメラ搭載の新型ミドルスペックスマホ

「HUAWEI nova 5i Pro」はグローバル市場向けに「HUAWEI Mate 30 lite」としてリリースが噂されていましたが、現時点では「HUAWEI Mate 30 lite」のリリースは実現していません。

「Kirin 810」、6GB RAM、クアッドカメラなど、上位モデルの性能にも近づいたレベルになっています。

日本でも「HUAWEI Mate 30 lite」としてリリースしてほしいところです。

注目記事【2019年】日本発売の価格帯3~5万円のSIMフリースマホをランキング形式で紹介!

created by Rinker
HUAWEI Mate 20 lite
¥19,300(2020/01/28 22:16:43時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ記事

novaシリーズは、「HUAWEI nova 5z」のようなコスパ重視を基本としながら、よりハイスペックな「HUAWEI nova 5 Pro」まで幅広くラインナップしています。

他のnovaシリーズのモデルについても記事を書いています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【日本発売期待】「HUAWEI nova 5 Pro」はクアッドカメラ搭載のハイスペックスマホ 価格は約4.7万円~
ファーウェイは2019年6月に「HUAWEI nova 5」を発表。最上位モデル「HUAWEI nova 5 Pro」の特長とスペックを紹介しています。novaシリーズでもついにクアッドカメラ搭載。ハイスペックでありながら価格は2999元(約4.7万円)~と手頃です。
【日本発売期待】「HUAWEI nova 5」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックスマホ 新SoC「Kirin 810」採用
「HUAWEI nova 5」はクアッドカメラ搭載のミドルスペックモデル 中国のフ...

Source

HUAWEI nova 5z – HUAWEI

スポンサーリンク
huawei SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました