「HUAWEI nova 6」は強力セルフィー性能をもったハイスペックなSIMフリースマホ【日本発売期待】

この記事は約7分で読めます。

日本では「nova 5T」が発売されていますが、中国では「nova 6」も発売されているんです!

この記事には、ファーウェイの4Gスマートフォン「HUAWEI nova 6」の特徴やスペックをまとめておきます。

日本でも個性的なデザインの「HUAWEI nova 5T」が発売されるなど、そこそお馴染みな感じのあるnovaシリーズ。状況によっては、日本でも展開が期待できるモデルです。

LINK 「HUAWEI nova 5T」は個性的なデザイン&クアッドカメラが突き刺さるハイスペックSIMフリースマホ

なお、同じシリーズには、廉価モデル「HUAWEI nova 6 SE」もラインナップされています。

「HUAWEI nova 6」は強力自撮りのハイスペックスマホ

「HUAWEI nova 6」は、フラグシップクラスのスペックを持ちながら、セルフィー撮影にもガンガン力を入れたnovaシリーズらしい仕上がりになっています。

「HUAWEI nova 6」の主な特徴は以下のとおりです。

「HUAWEI nova 6」の主な特徴

 

  • デュアルセルフィーカメラ+トリプルカメラ
  • ハイエンド向けSoC「Kirin 990」
  • 40Wの急速充電

 

ハイスペックさだけでなく、セルフィー撮影に力を入れているあたりがnovaシリーズらしいですね!

6.57インチディスプレイ

 

「HUAWEI nova 6」の高性能なデュアルセルフィーカメラ

 

「HUAWEI nova 6」は6.57インチのフルHD+ディスプレイを搭載。6.5インチ強の大きめのディスプレイサイズです。

ボディ重量はおよそ200gほど。薄型・軽量なモデルも多かったnovaシリーズのスマートフォンと考えると、「HUAWEI nova 6」本体のボリューム感が気になるところです。

大きめのディスプレイ搭載はうれしいですが、ボディ幅が75mmオーバー。片手で持っての快適に操作することはなかなか厳しいサイズです。

高性能なデュアルセルフィーカメラ

 

高性能なデュアルセルフィーカメラ

 

セルフィー需要を強く意識したnovaシリーズということで、「HUAWEI nova 6」の前面カメラはかなり強力です!

セルフィーカメラは3200万画素+800万画素(105° 広角)のデュアル仕様。標準+広角のカメラ構成で状況に応じてカメラ切り替えが可能になっています。

セルフィーカメラで3000万画素オーバーのものはかなりレア。さすがnovaシリーズのスマートフォンといったところです!

「HUAWEI nova 6」の5Gモデルが「DxOMark Mobile」でセルフィーカメラ部門で歴代トップスコアをマークしています。

【2020年4月23日追記】
同じファーウェイの「HUAWEI P40 Pro」がセルフィーカメラ部門で「HUAWEI nova 6 5G」を上回りトップに立っています。

非常に強力なセルフィーカメラを搭載しています。この点がnova 6を選ぶかを決めるに大きなポイントとなりそうです。

Huawei nova 6 5G front camera review - DXOMARK
The Huawei nova 6 5G is the latest addition to Huawei’s nova line of smartphones that put an emphasis on front camera specifications and performance. Powered by...

トリプルカメラ搭載

 

トリプルカメラ搭載

 

「HUAWEI nova 6」の背面には4000万画素(メイン)+800万画素(望遠 OIS)+800万画素(超広角)のトリプルカメラを搭載。

望遠カメラは光学3倍ズーム、5倍ハイブリッドズーム、30倍デジタルズームに対応。シーンに応じて3つのカメラを使い分けて撮影することができます。

ハイスペック向けSoC「Kirin 990」を搭載

 

ハイスペック向けSoC「Kirin 990」

 

「HUAWEI nova 6」のSoCは「Kirin 990」を採用。フラグシップモデル「Mate 30 Pro」と同じSoCということで、ハイスペックモデルに匹敵するパフォーマンスが期待できます。

AnTuTu Ver 8の総合スコアで45万ほどといったところでしょうか。かなりの高性能さが期待できます。

RAM容量が8GB内部ストレージ容量が128GB。外部ストレージを使うことができないので注意が必要です。

基本スペックは充実していて、文句なしのハイスペックなモデルといったパッケージです。ヘビーな用途でもしっかり動作するレベルです。

大容量バッテリーを40Wの急速充電

「HUAWEI nova 6」のバッテリー容量は4100mAh最大40Wの急速充電に対応しています。

外出前のちょっとした時間に充電しても1日使用できそうなぐらいの強力な充電性能をもっています。

ボディカラーはブラック、ブルー、オーロラの3色展開です。

OSはAndroid 10 ( EMUI 10.0.1 )を搭載。Google PlayなどのGoogleサービス・アプリは利用できないことが予想されます。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥38,525(2020/09/21 23:45:58時点 Amazon調べ-詳細)

主なスペック

「HUAWEI nova 6」の主なスペックはこちらです。

SPEC

 

  • OS:Android 10 ( EMUI10.0.1 )
  • ディスプレイ:6.57 インチ(2400×1080)
  • SoC:Kirin 990
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:40MP+8MP+8MP FRONT:32MP+8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4100mAh
  • サイズ/重量:75.7(W)×162.6(H)×8.56(D) mm / 197 g

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥24,123(2020/09/21 23:45:58時点 Amazon調べ-詳細)

価格

中国での「HUAWEI nova 6」の価格は3199元(約4.9万円)です。中国では上位機種に近い価格帯といったところです。

廉価版モデル「nova 6 SE」

「nova 6」シリーズには、「「HUAWEI nova 6 SE」はクアッドカメラ、パンチホールディスプレイ搭載のミドルスペックモデル」で紹介している廉価モデル「nova 6 SE」もラインナップ。廉価版の位置付けですが、そこそこ性能の高いSoC、クアッドカメラ、パンチホールディスプレイなど見どころのある仕上がりになっています。

まとめ:「HUAWEI nova 6」は強力自撮りのハイスペックスマホ

以上、novaシリーズの新モデル「HUAWEI nova 6」を紹介しました。

今回の「HUAWEI nova 6」シリーズでは、紹介した標準モデルに加えて、5Gモデル、廉価モデルとラインナップの幅を広げてきました。

「HUAWEI nova 6」は、強力なセルフィーカメラを搭載したフラグシップ並みのハイパフォーマンスモデル。

セルフィー撮影を重視される方にはしっかり注目していただきたい、ちょっとプレミアムなスマホといった印象ですね!

後継モデル「HUAWEI nova 7 Pro 5G」

中国のファーウェイは「HUAWEI nova 6」の後継モデルにあたる「HUAWEI nova 7 Pro 5G」を2020年4月23日に発表。

デュアルセルフィーカメラを搭載し、エッジにかけて湾曲したデザインを採用してきました。

「HUAWEI nova 7 Pro 5G」については「強力セルフィーやね!「HUAWEI nova 7 Pro 5G」はデュアルセルフィーカメラ搭載のハイスペックスマホ」にまとめているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね!

アンケート

「HUAWEI nova 6」についてのアンケートを実施しています。お時間がございましたら投票いただけるとうれしく思います。

アンケート

「HUAWEI nova 6」欲しいですか?

View Results

Loading ... Loading ...

※本記事の内容は原稿執筆時のものです。

Source

HUAWEI nova 6 -VMALL

コメント

  1. MAX より:

    やすスマ様いつも楽しく拝見させていただいております。NOVA5の発表から半年で新型を出すなんて中国での安価5Gモデルがすでに他社より出ているので急遽発表した感じですかね、NOVA5のようにグローバルモデルは急速充電を22Wにして売価を下げて来るのでは?RYYBのCCDは魅力ありますね、個人的にはマクロが無いのは残念ですがFrontカメラに広角が付いたのはさらなる魅力ですね。

  2. やすスマやすスマ より:

    MAX様

    いつもありがとうございます!
    NOVAシリーズの展開はおっしゃるようにものすごく早いですね!

    早く措置の緩和が進み、グローバルでも積極的な展開が待たれるところですね。
    今回はセルフィー撮影に力が入ってきて、NOVAシリーズらしさを感じるモデルです。

    今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました