2月24日発売!スタイリッシュSIMフリースマホ「HUAWEI nova」情報

Huawei Nova

ファーウェイ・ジャパンは、2017年2月21日に、「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」を開催しました。

参考複数の新型スマホ発表?HUAWEI JAPAN 新商品発表会を2月21日開催

発表会では、予告されていたとおり、SIMフリースマホ2機種が新モデルとして発表されました。

新モデルとして発表された2機種は「nova」と「nova lite」です。

「nova」は、2017年2月24日に発売開始を予定しており、市場想定価格は37980円(税抜)です。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

このページには、スタイリッシュで高性能なSIMフリースマホ「nova」についてまとめておきます。

Huawei 「nova」

「nova」は、5インチフルHD液晶搭載で、SoCには、ミドルレンジクラス向けのクアルコム製「Snapdragon 625」を搭載しています。

ディスプレイは、サイドにかけて、わずかに丸みを帯びた2.5Dガラスに覆われています。耐久性とデザイン性を向上させています。

薄型でコンパクトなボディ

「nova」は曲線デザインの美しいメタルボディで、スタイリッシュな仕上がりになったモデルです。画面占有率76%の狭額縁仕様によってボディの幅が70mmを切っています。持ちやすさを重視される方にとってうれしい仕様になっています。

厚さが7.1mmの薄型ボディで、重量が146gと比較的軽量になっている点も見逃せません。エッジ部分にはダイヤモンドカット加工が施されています。

Snapdragon 625

「Snapdragon 625」は、人気モデル「Zenfone 3 (ZE520KL)」に採用されているなど、コストとパフォーマンスのバランスが優れたSoCです。ヘビーな用途でなければ、十分な性能が期待できます。

DSDSに対応

「nova」は、最新スマホのトレンド機能になっている「デュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応しています。

指紋認証センサー搭載

メモリ仕様は3GB RAM+32GB ROM、カメラは約1200万画素(メイン)+約800万画素(サブ)です。

「nova」のカメラについては、「ビューティーモード」を搭載するなど強化されたセルフィー機能を特徴としています。

ボディ背面に指紋認証センサーを搭載しています。

nova

バッテリー容量

「nova」のバッテリー容量は3020mAhです。省電力技術に定評あるファーウェイのスマホですからバッテリーの持ちも期待できそうです。

USBポートは「Type-C」で、急速充電 (5V / 2A)にも対応しています。

3色のカラー展開

カラーは、ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色展開です。

au VoLTE

「HUAWEI nova」は、アップデートによって「au VoLTE」に対応予定になっています。

海外のみで発売の「HUAWEI Nova Plus」

海外で発売されている、5.5インチディスプレイを搭載した「HUAWEI Nova Plus」については、日本発売のアナウンスはされていません。

「nova」スペックレビュー

ファーウェイ・ジャパンの新シリーズ「nova」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 6.0(Emotion UI 4.1)
ディスプレイ5.0 インチ(1920 x 1080)
SoCSnapdragon 625
CPUOcta-Core 2.0GHz×8
ROM32GB
RAM3GB
カメラREAR:12MP(f2.2) FRONT:8MP(f2.0)
指紋センサー
USBType-C
Wi-Fi802.11 b/g/n
バッテリー3020mAh
サイズ/重量約69.1(W)×141.2(D)×7.1(H) mm / 146g

デモ機を簡易レビュー

ヨドバシカメラに行って、「HUAWEI nova」のデモ機を触ってきました。簡易的ではありますが、以下のページにレビューしています。興味のある方はぜひご覧ください。

同日に「HUAWEI nova lite」も発表

「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」においては、「HUAWEI nova」以外に、高コストパフォーマンスモデル「HUAWEI nova lite」の日本発売が発表されています。

MVNOの取り扱いが中心ですが、キャンペーンによってはおよそ2万円で販売されている注目モデルです。

まとめ

「nova」はミドルクラスとしては十分なスペックでありながら、コンパクトなボディを実現しています。スペックと価格帯からすると「Zenfone 3 (ZE520KL)」と競合することが予想されます。「Zenfone 3 (ZE520KL)」と比較すると、ディスプレイサイズは少し小さいですが、コンパクトな仕上がりと、若干安い価格設定から、かなりの人気モデルになる可能性があります。

Source

「nova」製品ページ|ファーウェイ・ジャパン

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント