ファーウェイ SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を2月9日に発売!5.65インチ縦長ディスプレイ&デュアルカメラで価格は25980円

ファーウェイ・ジャパンは、新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 2」を2018年2月7日に発表しました。

HUAWEI nova lite 2

日本モデル「HUAWEI nova lite 2」の発売日は2018年2月9日となっています。「HUAWEI nova lite 2」はMVNO向けのモデルとなっていて、販売想定価格は25980円(税別)となっています。

参考まもなく発売されるSIMフリースマホ一覧表|やすスマ

モデル名からも分かるように、「HUAWEI nova lite 2」は2017年2月に発売されて驚愕のコストパフォーマンスで話題となった「HUAWEI nova lite」の後継モデルです。

ファーウェイ・ジャパンは「エントリースマホの常識を変える」モデルと「HUAWEI nova lite 2」を予告していました。

新型エントリーモデル「HUAWEI nova lite 2」

「HUAWEI nova lite 2」は、グローバル市場において発表済みの「P smart」をベースとしています。

参考HUAWEI P smart | Mobile Phones | HUAWEI Global

予告されたように、「HUAWEI nova lite 2」はエントリースマホとしてはかなり充実したスペックと機能をもったモデルとなっています。

5.65インチ縦長ディスプレイ

「HUAWEI nova lite 2」はアスペクト比18:9の5.65インチディスプレイを搭載。縦長ディスプレイの解像度はフルHD+(2160×1080)となっています。ベゼルはかなり細くなっていて、ボディ幅は72.05mmとコンパクトに仕上がっています。ボディ幅は一般的な5.2インチスマホとほぼ同等になっています。

縦長ディスプレイを搭載したことで

Kirin 659

SoCには「Kirin 659」を採用。CPUはオクタコアプロセッサ(最大2.36GHz)です。日本で発売されている「Mate 10 lite」や「HUAWEI nova 2」と同じSoCです。

別のレビュー記事で同じSoCを搭載する「honor 7X」でベンチマークしてみたところ、「Antutu V6.27」のスコアはおよそ63000となりました。「HUAWEI nova lite 2」のパフォーマンスはエントリークラスの水準を大きく上回り、ミドルクラスとしても十分なレベルが期待できます。

メモリ仕様

「HUAWEI nova lite 2」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」。エントリークラスとしては十分な容量となっています。容量が足りない場合は、microSDカード(最大256GB)を使用することができます。

デュアルカメラ

HUAWEI nova lite 2のデュアルカメラ

リアには1300万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。サブの200万画素カメラは深度測定用となっています。自然なボケ味のある写真撮影を楽しむことが可能になっています。

フロントには800万画素のシングルカメラを搭載しています。今後配信されるソフトウェア・アップデートによって顔認証機能が搭載される予定。

指紋認証センサーはボディ背面に搭載しています。ファーウェイスマホの指紋認証センサーの認証の素早さは定評があります。「HUAWEI nova lite 2」の使い勝手を高めてくれそうです。

その他

バッテリー容量は3000mAh。Wi-Fiは「802.11 b/g/n」に2.4GHzのみの対応。 ボディカラーはゴールド、ブラック、ブルーの3色展開となっています。

「HUAWEI nova lite 2」のボディは厚さが7.45mm。スリムなボディとなっているのも魅力です。

SIMについてはデュアルSIMに対応していますが、SIMスロット2はGSMのみ対応となっています。4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)には対応していません。

対応バンド

「HUAWEI nova lite 2」の対応バンドは以下の通りです。

FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz

残念ながらauVoLTEには対応していません。

「HUAWEI nova lite 2」のスペック

「HUAWEI nova lite 2」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0 (EMUI 8.0)
  • ディスプレイ:5.65 インチ(2160×1080)
  • SoC:Kirin 659
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:3GB/4GB
  • ROM:32GB/64GB
  • カメラ:REAR:13MP+2MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • バッテリー:3000mAh
  • USB:micro
  • サイズ/重量:150.1(H)×72.05(W)×7.45(D) mm 143g

「HUAWEI nova lite 2」発表まとめ

エントリースマホの常識を変えるモデルと予告されていて注目を集めていたモデルは「P smart」ベースの「HUAWEI nova lite 2」でした。

やすスマとしては「honor 9 lite」ベースとした「HUAWEI nova lite」シリーズの新型モデルを期待していましたが、そうはなりませんでした。

このクラスがエントリースマホとして発売されると「Mate 10 lite」の位置付けがすごく心配です。「Mate 10 lite」は4万円オーバーですからかなり難しい状況です。それぐらい高いレベルのエントリースマホが発表されたというのはユーザーとしては嬉しい限りです。

gooSimSellerでセール

「gooSimSeller」ではさっそく「HUAWEI nova lite 2」をセールで販売しています。

HUAWEI nova lite 2 – gooSimseller

音声SIMの契約とセットとなった「らくらくセット」の価格は一括9800円(税抜)となっています。

HUAWEI nova lite 2 – gooSimseller

取り扱いMVNO

上記のgooSimSeller以外に「HUAWEI nova lite 2」取り扱いするMVNOは以下の通りです。

  • mineo
  • 楽天モバイル
  • NifMo
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • LINEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • イオンモバイル
  • QTmobile
  • DMM mobile
  • Fiimo
  • LIBMO
  • LinksMate

Source

HUAWEI nova lite 2 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント