【日記】「HUAWEI nova lite」ソフトウェアアップデートをやってみた

ファーウェイ・ジャパン(華為技術日本株式会社)は、SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」のソフトウェアアップデートを2017年4月21日に配信開始しました。

コストパフォーマンスの高さで評判の「HUAWEI nova lite」を別ページに詳しくレビューしています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

【実機レビュー】ファーウェイ 「nova lite」は驚愕コスパ機!ベンチマーク カメラ性能 指紋認証センサー
ファーウェイ・ジャパンが2017年2月24日に発売した「HUAWEI nova lite」をさっそくゲットしました。「HUAWEI nova lite」はMVNO取扱モデルとなっています。 ...

さっそくアップデート通知

「HUAWEI nova lite」はびっくりするぐらいにいいです!

「HUAWEI nova lite」の軽快な動作は、およそ2万円クラスの機種水準を大きく上回っています。

3月に配信されたソフトウェアアップデートに続いて、今月もアップデートが配信されました。

【実機レビュー】「HUAWEI nova lite」のアップデートしたらベンチスコアが上がった?
ファーウェイ・ジャパンは、2017年3月23日より、SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite」向けのソフトウェアアップデートの配信を開始しました。 ソフトウェアア...

今回、「HUAWEI nova lite」のソフトウェアアップデートが配信開始されました。アップデートは随時配信でおよそ約1ヶ月で全ユーザーがアップデート可能となる予定ということです。

先日、「やすスマ」のメイン機に昇格した「HUAWEI nova lite」には、2017年4月22日にアップデート通知がありました。

HUAWEI nova lite ソフトウェアアップデート アップデート通知

マイナーアップデート

今回のソフトウェアアップデートは、OSバージョンアップを含まないマイナーアップデートです。

「HUAWEI nova lite」のアップデート通知を開いてみると、アップデート内容などが確認できました。

HUAWEI nova lite ソフトウェアアップデート 更新内容

今回のアップデートによる更新内容は、「本体起動時のアニメーション表示の最適化」、「ステータスバーの表示の最適化」などです。

ファイルサイズ

今回のアップデートファイルのサイズは「約443MB」です。そこそこのサイズですから「Wi-Fi」環境でのアップデート実施が望ましいですね。

アップデート後のソフトウェアバージョンは「PRA-LX2C635B121」です。

HUAWEI nova lite ソフトウェアアップデート ダウンロード

「やすスマ」の環境では、およそ15分ほどでアップデートファイルのダウンロードが完了。

空き容量が、、、

ダウンロードが完了して、いざアップデート開始!と思ったら以下のような表示が!!!

HUAWEI nova lite ソフトウェアアップデート 空き容量不足

「空き容量確保」をタップして「クリーンアップ」を実行することでなんとか空き容量を確保することができました。

「HUAWEI nova lite」の内部ストレージ容量は「16GB」ですから、これからも残容量を大切にしながら使う必要がありそうです。

アップデート完了

なんとか空き容量を確保することができて、さっそくアップデートを実行。アップデート開始からおよそ「10分」でアップデート完了。

確かに更新内容どおり、起動時の画面が若干アニメーションが加わってカッコよくなっていました。

マイナーアップデートということで軽く操作した感じでは、アップデート前と操作感で大きな違いは感じません。

なお、今回のソフトウェアアップデートについての詳細は、ファーウェイ・ジャパンHPをご覧ください。

「LINEモバイル」で購入

「HUAWEI nova lite」はMVNO取り扱いモデルです。「やすスマ」は、「LINEモバイル」で「HUAWEI nova lite」を購入しました。

「HUAWEI nova lite」のコスパは素晴らしく、発売当初から品薄状態が続くなど、非常に高い人気になっています。

「やすスマ」は「HUAWEI nova lite」をメイン機で利用していますが、できの良さから、多くの方にオススメできるSIMフリースマホだと感じています。

Source

『HUAWEI nova lite』ソフトウェアアップデートのお知らせ | ファーウェイ・ジャパン

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました