【日記】コスパに驚いて物欲ゲージ反応!「HUAWEI nova lite」をポチった

まもなく2月が終わるということで、新年度に向けての目標を思案中の「やすスマ」です。

「HUAWEI nova lite」の驚愕コスパ

先日、ファーウェイ・ジャパンによる「HUAWEI JAPAN 新商品発表会」が開催されました。発表会では、新型SIMフリースマホ2機種が発表となって注目を集めています。

高コスパモデル!ファーウェイ 「nova lite」を日本で発売発表
ファーウェイ・ジャパンは、2017年2月21日に、「HUAWEI JAPAN 新商品発表...
2月24日発売!スタイリッシュSIMフリースマホ「HUAWEI nova」情報
ファーウェイ・ジャパンは、2017年2月21日に、「HUAWEI JAPAN 新...

発表された2機種のうち、「HUAWEI nova lite」はMVNO取り扱いモデルです。人気機種の「HUAWEI P9 lite」を若干上回るミドルクラスのスペックでありながら、およそ2万円というエントリークラスの価格帯。製品イメージを見る限り、デザインもなかなかのものです。

物欲ゲージ

昨年12月に購入した「g07」を見たとき以来に、「やすスマ」の物欲ゲージが反応しました。

入手方法

HUAWEI nova lite」を欲しくて仕方なくなった状態で、次に考えたのは、入手方法です。MVNO取り扱いモデルということで、SIMとの同時購入が基本となります。

価格や格安SIMの特徴を考えながら、「HUAWEI nova lite」をどこで入手するかの検討しました。

結論としては「LINEモバイル」で購入しました。

端末代金

「やすスマ」が購入した時点での「LINEモバイル」での「HUAWEI nova lite」の端末代金は19800円(税別)でした。別途、事務手数料が発生しました。

LINEモバイル」はサービス当初より、いくつか記事を書いていますが、実際に使ったことがなかったので、カウントフリーなどを体験するために申し込んでみました。

入手方法の本命は

上に書いたように「LINEモバイル」で「HUAWEI nova lite」を購入しましたが、本当は「goo SimSeller」が本命でした。ただ、商品情報が2月23日段階で明らかになっていなかったので、「LINEモバイル」でポチりました。

現時点では「goo SimSeller」が安い

この記事を書いている段階(2017年2月25日)では、「HUAWEI nova lite」を購入しましたが、本当は「goo SimSeller」での「HUAWEI nova lite」の価格情報が明らかになっていて、「OCNモバイルONE」SIMとセットで19800円(税別)となっています。

さらに、「goo SimSeller」では、「発売記念キャンペーン!」として、gooポイント割引クーポンで14800円(税抜)になっています。下のバナーから情報をチェックしてみてくださいね!

執筆時点では、残念ながら「品切れ中」となっています。「HUAWEI nova lite」を狙っている方にとってまちがいなく注目に値すると考えます。なお、付属している「OCNモバイルONE」SIMで契約するかは任意となっています。

「HUAWEI nova lite」が到着

注文してから2日後に「HUAWEI nova lite」が到着しました!!!

到着した「HUAWEI nova lite」を記念撮影しておきました。

HUAWEI nova liteが到着1

HUAWEI nova liteが到着2

HUAWEI nova liteが到着3

今の段階では、いろいろ試してレビューを書く時間を確保できていません。近いうちにいじってレビューする予定です。

レビューした内容は記事にする予定です。みなさんの「HUAWEI nova lite」ほしさゲージに影響をあたえることができるように書くことを目指したいと思っています。

スポンサーリンク
huawei SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
スマホを低価格で利用するために格安スマホや格安SIM情報を中心として発信しています。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました