「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」はハイスペックでカメラ性能バッチリのSIMフリースマートフォン

ファーウェイ・ジャパンは、2017年6月6日に、新型SIMフリースマホ3機種を日本発売することを発表しました。

いよいよP10シリーズ来るよ!ファーウェイ・ジャパン 6月6日に新型SIMフリースマホ発表
いよいよファーウェイが、2017年6月6日に、待ちに待った「P10」シリーズを日本で発表...

今回新たに日本発売が発表されたのは「HUAWEI P10」、「HUAWEI P10 plus」、「HUAWEI P10 lite」の3機種です。

このページには、ライカレンズを搭載したフラグシップモデル「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 plus」についてまとめておきます。

ミドルレンジモデル「HUAWEI P10 lite」については別ページにまとめていますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてください。

超人気モデル後継がきた!ファーウェイ 「HUAWEI P10 lite」を日本発売
ファーウェイ・ジャパンは、予告していたとおり、2017年6月6日に、新型SIMフリースマ...

「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 plus」の日本における発売日は2017年6月9日に決定しました。市場想定価格は、「HUAWEI P10」が65800円、「HUAWEI P10 plus」が72800円です。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

「HUAWEI P10」の特徴

「HUAWEI P10」は、海外にて今年2月に海外で発表されていました。海外モデルについては別ページにまとめています。

【日本発売期待】新型フラグシップモデル「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」情報 | DxOMarkのカメラスコア追記
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2017年2月26日に、フラグシップ「Pシリーズ」...

前作「HUAWEI P9」はライカと協業開発のデュアルレンズカメラ搭載で話題になりました。

後継モデルにあたる「HUAWEI P10」は、前作に引き続いてライカと共同開発のデュアルカメラ搭載しています。

コンパクトで上質なボディにハイエンドクラスのスペックを持っているのが「HUAWEI P10」の大きな特徴です。

HUAWEI P10 日本モデル

ライカと協業開発のカメラ

「HUAWEI P10」の背面には2000万画素(モノクロ)+1200万画素(カラー)デュアルレンズカメラを搭載。前作よりも更に進化した第2世代のものになっています。

「HUAWEI P10」では、リアカメラだけでなく、フロントカメラもライカと協業で開発したものになっているのも注目ポイントです。

スマートフォンのカメラ性能をスコア化している「DxOMark Mobile」においても、「HUAWEI P10」のカメラ性能はスマートフォンとしてトップクラスの評価を受けています。

コンパクトなボディ

「HUAWEI P10」は5.1インチのフルHDディスプレイを搭載。ボディ幅が70mmを切るなどコンパクトな仕上がりになっています。

ハイエンドSoC「Kirin 960」

SoCには、ファーウェイ製のハイエンドモデル向け「Kirin 960」を搭載。パフォーマンスの高さで評判のファーウェイ「HUAWEI Mate 9」と同じSoCを搭載していることから、「HUAWEI P10」のパフォーマンスも大いに期待できそうです。

メモリ仕様

「HUAWEI P10」の日本発売モデルのメモリ仕様は「4GB RAM+64GB ROM」です。最高峰の容量ではありませんが、十分なものになっています。

厚さ6.98mmの薄型ボディ

「HUAWEI P10」のボディの厚さは6.98mm。薄型設計に鳴っているのは大きな魅力です。またボディ重量は145gと比較的軽量です。

4色のカラー展開

「HUAWEI P10」の魅力の1つが豊富なカラーラインナップです。日本モデルではダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラックの4色がラインナップされています。

DSDS対応

「HUAWEI P10」は、トレンド機能である4G+3Gのデュアルシムデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。2つのSIMスロットのはともに「Nano SIM」サイズになっています。

microSD カード(最大256GB)にも対応しています。

ただし、「au VoLTE」には対応していません。一方で同時に発表された「HUAWEI P10 lite」はアップデートによって「au VoLTE」に対応することがアナウンスされています。

「HUAWEI P10」のスペックレビュー

「HUAWEI P10」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0(EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.1 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 960
  • CPU:Octa Core 2.4GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:32GB/64GB/128GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP(f2.2) FRONT:8MP(f1.9)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3200mAh
  • サイズ/重量:69.3(W)×145.3(D)×6.98(H) mm / 145 g

Source

HUAWEI P10 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

「HUAWEI P10 Plus」

前作の「P9」シリーズでは日本未発売であった「Plus」モデルが、「P10」シリーズでは日本で発売されます。

「HUAWEI P10 Plus」は、「HUAWEI P10」よりも大型の5.5インチディスプレイが採用されています。

「HUAWEI P10 Plus」のディスプレイ解像度は2560×1440になっていて、「HUAWEI P10」のフルHDよりも高解像度になっています。

また、「HUAWEI P10 Plus」ではさらに明るいレンズ「SUMMILUX」が採用されているのも大きな特徴です。

カラーはグリーナリー、ダズリングゴールドの2色になっています。

「HUAWEI P10 Plus」のスペックレビュー

「HUAWEI P10 Plus」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0(EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2560×1440)
  • SoC:Kirin 960
  • CPU:Octa Core 2.4GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:12MP+20MP FRONT:8MP(f1.9)
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3750mAh
  • サイズ/重量:74.2(W)×153.5(D)×6.98(H) mm / 165 g

Source

HUAWEI P10 plus スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

スポンサーリンク
huaweiSIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
趣味はスマホ、タブレット、ブログで、スマートフォンは「Mate 20 Pro」と「ZenFone 6」、タブレットは「MediaPad M5 LTE」を主に愛用しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました