超人気モデル後継がきた!ファーウェイ 「HUAWEI P10 lite」を日本発売

ファーウェイ・ジャパンは、予告していたとおり、2017年6月6日に、新型SIMフリースマートフォンを発表しました。

いよいよP10シリーズ来るよ!ファーウェイ・ジャパン 6月6日に新型SIMフリースマホ発表
いよいよファーウェイが、2017年6月6日に、待ちに待った「P10」シリーズを日本で発表するようです! ファーウェイの新型モデル発表 2017年6月1日に、ファーウェイ・ジ...

今回、日本発売が発表されることが発表されたSIMフリースマホは「HUAWEI P10」、「HUAWEI P10plus」、「HUAWEI P10 lite」の3機種です。

参考まもなく日本で発売されるSIMフリースマホ一覧表

このページには、今回発表されたSIMフリースマホ3機種のうち、ベストセラーモデル「HUAWEI P9 lite」の後継モデルの「HUAWEI P10 lite」についてまとめておきます。

【実機レビュー】バランスの良い一台!SIMフリースマホ「 HUAWEI P9 lite 」をレビュー
別ページの日記にまとめたように、長い間メイン機として使用してきたズルトラ(Xperia Z Ultra)が引退を迎えて、代わりのメイン機として「 HUAWEI P9 lite 」を購入しました。 ...

「HUAWEI P10 lite」の日本発売開始日は2017年6月9日に決定しました。市場における「HUAWEI P10 lite」の市場想定価格は29980円です。

なお、同時に発表された「HUAWEI P10」、「HUAWEI P10plus」については別ページまとめています。よろしければ合わせてチェックしてみてください。

「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」はハイスペックでカメラ性能バッチリのSIMフリースマートフォン
ファーウェイ・ジャパンは、2017年6月6日に、新型SIMフリースマホ3機種を日本発売することを発表しました。 今回新たに日本発売が発表されたのは「HUAWEI P1...

「HUAWEI P10 lite」の特徴

海外においてはすでに発売済みであった「HUAWEI P10 lite」がついに日本発売です。

【日本発売期待】まもなく日本発表?超人気モデル後継「HUAWEI P10 lite」情報
HUAWEIの「HUAWEI P9 lite」は、21016年6月に、日本で発売され、上質なデザインと必要十分なパフォーマンスで、SIMフリースマホとしては前例のないほどの大ヒットモデルに...

「HUAWEI P10 lite」は、前作「HUAWEI P9 lite」と比較して、デザイン、スペックがともに進化しています。

HUAWEI P10 lite 日本モデル

進化したデザイン

「HUAWEI P10 lite」では、前面だけでなく背面も2.5D強化ガラスで覆われています。これは、コスパの高さで好評の「HUAWEI nova lite」と似たようなものになっています。

【実機レビュー】ファーウェイ 「nova lite」は驚愕コスパ機!ベンチマーク カメラ性能 指紋認証センサー
ファーウェイ・ジャパンが2017年2月24日に発売した「HUAWEI nova lite」をさっそくゲットしました。「HUAWEI nova lite」はMVNO取扱モデルとなっています。 ...

両面ガラス構造によって、デザイン性だけでなく耐久性も高められています。

フレーム部分はメタル素材になっていて、ダイヤモンドカット加工が施されています。

魅力的なサファイアブルー

「HUAWEI P10 lite」では、前モデルではなかった「サファイアブルー」カラーが追加されていて、光のあたり具合によって美しい輝きを実現しているということです。

「サファイアブルー」カラーは「HUAWEI P10 lite」の人気カラーとなることが予想されます。

「サファイアブルー」以外にも、「ゴールド」、「ホワイト」、「ブラック」のカラーがラインナップされています。

7.2mmの薄型ボディ

「HUAWEI P10 lite」のボディの厚さは7.2mmです。前モデルからさらに薄型化されていて、「iPhone 7」の厚さ7.1mmと、それほど変わらないレベルに仕上がっています。

「HUAWEI P10 lite」の重量は146gです。5.2インチディスプレイを搭載しているモデルとしては軽量な部類に入ります。

向上したスペック

「HUAWEI P10 lite」は、文字通り、「P10」シリーズにおいては「lite」版という位置づけですが、ミドルクラスのSIMフリースマホの中では十分に高いスペックをもっています。

メモリ周りを強化

まず目を引くのが、メモリ仕様です。「HUAWEI P10 lite」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」です。

前作「HUAWEI P9 lite」のメモリ仕様が「2GB RAM+16GB ROM」でした。「HUAWEI P10 lite」では、メモリ周りが確実に強化されています。

よりストレスなく様々なアプリを楽しむことができて、より多くのデータを保存することができます。

SoCは「Kirin 658」

「HUAWEI P10 lite」のSoCは、ファーウェイ製のミドルレンジ向け「Kirin 658」です。

CPUはオクタコアプロセッサ(2.1GHz×4+1.7GHz×4)という仕様になっています。

「HUAWEI P9 lite」では「Kirin 650」が採用されていました。

2017年2月発売の「HUAWEI nova lite」では「Kirin 655」が採用されていました。

採用されているSoCの型番から、「HUAWEI P10 lite」ではそれらを少し上回るレベルのパフォーマンスが期待できそうです。

5.2インチディスプレイ

「HUAWEI P10 lite」は5.2インチフルHDディスプレイを搭載しています。ディスプレイ部分については、スペック上は前モデルと変更ありません。

ただ、前述の通り、ディスプレイが2.5D強化ガラスで覆われているのが変更点として挙げられます。

実際のディスプレイの表示品質に関しては、実機でレビューしていきたいと考えています。

他のスペック

OSは「Android 7.0」を採用しています。

カメラについては、リアに1200万画素カメラ、フロントに800万画素カメラを搭載しています。

バッテリー容量は3000mAhで、ファーウェイの急速充電技術を搭載していて30分の充電で43%の充電を実現しているということです。

「Wi-Fi」対応については「802.11 ac/a/b/g/n」になっていて、前モデルから進化しています。

指紋認証センサーは、前モデルと同様に背面に配置されています。

アップデートでau VoLTE対応予定

「HUAWEI P10 lite」は、後日のアップデートで「au VoLTE」に対応予定になっています。

「HUAWEI P10 lite」のスペックレビュー

「HUAWEI P10 lite」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 7.0 (EMUI 5.1)
  • ディスプレイ:5.2 インチ(1920×1080)
  • SoC:Kirin 658
  • CPU:Octa Core 2.1GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:12MP FRONT:8MP
  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/18/19/26
  • TDD-LTE:Band 41
  • W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
  • Wi-Fi:802.11 ac/a/b/g/n
  • 指紋センサー:○
  • USB:micro
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:72(W)×146.5(D)×7.2(H) mm / 146g

gooSimsellerで取り扱い中

NTTレゾナント運営の「NTTコムストア by gooSimseller」において、「HUAWEI P10 lite」が取り扱いされています。

OCN モバイル ONE SIM付属で発馬記念キャンペーンによって21800円(税抜)で販売されています。なお、「OCN モバイル ONE」の契約は任意になっています。

6/9~順次出荷【gooポイント割引で21,800円(税抜)】HUAWEI P10 lite + 選べるOCN モバイル ONEセット 【送料無料】

Source

HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

  1. がんなくしさ より:

    ちょっと落としただけで割れたのでファーウェイの端末は信用できん

    耐久性とか何も記載されていないよな

  2. やすスマ やすスマ より:

    がんなくしさ 様

    「やすスマ」です。
    コメントありがとうございました。

    実は、私の「HUAWEI P10 lite」もリアカメラ付近にヒビが入ってしまいました。
    ただ、ケースも付けずに何度か落とすこともあったので、
    仕方ないと割り切っています。

    耐久性についてはなんとも言えないですが、
    当然ながら高い方がよいのは間違いないです。

    「HUAWEI P10 lite」のデザインはかなり気に入っていますが、
    個人的にはやはりケースを付けておいたほうが良かったと後悔しています。

    今後は、より耐久性を高めた商品が開発されることを願うばかりです。