【海外SIMフリー】ファーウェイ 「HUAWEI P20 lite」情報!ノッチ付きディスプレイ 大ヒットシリーズ

中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年3月27日に、新型Androidスマートフォン「HUAWEI P20 lite」を発表しました。

HUAWEI P20 lite

「HUAWEI P20 lite」は日本でも発売されている「HUAWEI P10 lite」の後継モデルです。

「HUAWEI P10 lite」は美しいデザインと必要十分な性能でSIMフリースマホとしては異例の大ヒットを記録しています。

▼「HUAWEI P10 lite」の実機レビューはこちら
【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」のサファイアブルーに一目惚れ! SIMフリー
【実機レビュー】「HUAWEI P10 lite」 ファーウェイ・ジャパンが2017年6月9日...

日本でも発売が期待できる「HUAWEI P20 lite」は、前モデル「HUAWEI P10 lite」と比較すると最新のトレンドのノッチ付きのディスプレイを搭載するなどさらに進化しています。「HUAWEI P20 lite」の特長についてまとめておきます。

「HUAWEI P20 lite」

「HUAWEI P20 lite」はノッチ付きの縦長ディスプレイを採用し、背面には「P lite」シリーズ待望のデュアルカメラを搭載。

縦長ディスプレイ

「HUAWEI P20 lite」の外観で目を引くのは、5.84インチのノッチ付き縦長ディスプレイです。

HUAWEI P20 liteのディスプレイ

ディスプレイ上部にはノッチがあって、ベゼル幅を抑えて高い画面占有率を実現しています。ディスプレイの縦横比は19:9となっていて、解像度はフルHD+(2280×1080)です。

デュアルカメラ

「HUAWEI P20 lite」のデュアルカメラ

「HUAWEI P20 lite」のメインカメラは1600万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。200万画素カメラは深度測定用となっています。深度測定カメラで被写界深度を捉えことで一眼レフカメラのように、背景のボケ効果が楽しむことができます。

フロントには1600万画素という高画素なカメラを搭載しています。自撮り性能も期待できます。

Kirin 659

「HUAWEI P20 lite」のSoCは「Kirin 659」を採用。ファーウェイがリリースしている多くのミドルレンジスマートフォンに搭載されているSoCです。

【レビュー】Huawei「honor 7X」は縦長ディスプレイ搭載の超コスパSIMフリースマホ
このページには日本では未発売のSIMフリースマートフォン「honor 7X」の実機レビューを書い...

別ページに実機レビューをまとめている「honor 7X」も同じ「Kirin 659」を搭載。

「honor 7X」実機レビューにおいて、ベンチマークアプリ「AnTuTu Ver 6.27」で「honor 7X」のベンチマークテストを行ったところ、総合スコアはおよそ63,000をマークしました。

ヘビーな用途以外であれば十分にサクサクと動作するパフォーマンスをもっています。

メモリ仕様

「HUAWEI P20 lite」のメモリ仕様は4GB RAM+64GB ROM。最大256GBのmicorSDカードに対応しています。

ミドルスペックモデルとしては十分なメモリ仕様ですね!

OSとしては「Android 8.0」を採用。UIは「EMUI 8.0」。

バッテリー容量は3000mAhとなっています。USBポートは上下なく挿せて便利な「Type-C」です。

前モデル「HUAWEI P10 lite」はmicroUSBでした。Type-Cの方が圧倒的に便利ですよね!非常にうれしい変更ですね!

Wi-Fiは「802.11 a/b/g/n/ac」となっていて、高速な5.0GHzにも対応しています。ボディ背面には指紋センサーを搭載。

ボディカラーはブルー、ブラック、ゴールド、ピンクの4色展開。

「HUAWEI P20 lite」のボディカラー

価格

前モデルからさらに進化した「HUAWEI P20 lite」の海外における価格は369ユーロ(約4.8万円)です。

ファーウェイの「P lite」シリーズは、日本ではその高いコストパフォーマンスが支持されててベストセラーとなっています。日本でリリースとなれば手頃な価格を期待したいところです。

執筆時点(2018年3月28日)で日本での発売についてはアナウンスがありません。日本でもリリースを強く期待したいモデルです。

「HUAWEI P20 lite」のスペックレビュー

「HUAWEI P20 lite」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:5.84 インチ(2280×1080)
  • SoC:Kirin 659
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.7GHz×4
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • カメラ:REAR:16MP+2MP FRONT:16MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:71.2(W)×148.6(H)×7.4(D) mm / 145g

まとめ

ついに、ファーウェイの新型ミドルスペック「HUAWEI P20 lite」が発表となりました。

最新トレンドにしっかり対応したバランス良好なモデルといった印象です。

これまでの経過からも日本でも発売されると予想されます。これまでと同様にSIMフリースマホとしてリリースされるかや価格設定が注目されます。

なお、「HUAWEI P20 lite」は先日中国で発表となっていた「Huawei nova 3e」とは外観・スペックともに共通点が多くなっています。

【日本発売期待】Huawei 新型SIMフリースマホ「Huawei nova 3e」を発表!P20 liteとして展開モデル?
中国のHuawei(ファーウェイ)は、新型Androidスマートフォン「Huawei nova ...

「HUAWEI P20 lite」と「Huawei nova 3e」は兄弟モデルといった感じでしょうね。

上位モデル

「HUAWEI P20 lite」の上位モデルとして、「HUAWEI P20 Pro」、「HUAWEI P20」がリリースされています。

【海外SIMフリー】ファーウェイ 「HUAWEI P20 Pro」を発表!ライカのトリプルカメラ搭載
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年3月27日に、驚異のカメラ性能をもった新型フラグ...
【海外SIMフリー】ファーウェイ 新型フラグシップモデル「HUAWEI P20」情報!ライカのダブルレンズカメラ搭載
中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年3月27日に、新型フラグシップモデル「HUAWE...

ともに優れたカメラ性能に、文句なしのスペック。ボディが比較的コンパクトで扱いやすいのもポイントです。

ライバルの「ZenFone5 Lite (ZC600KL) 」

国内のSIMフリースマホ市場においてファーウェイと激しく争っているASUSは海外で新型SIMフリースマホ「ZenFone5 Lite (ZenFone 5Q)」をリリースしています。

【海外SIMフリー】ASUS 「ZenFone5 Lite (ZC600KL) 」情報 | 台湾版「ZenFone 5Q」がリリース!
ASUSは、スペインのバルセロナで新型SIMフリースマートフォン「ZenFone5 Lite (...

「HUAWEI P20 lite」と「ZenFone5 Lite (ZC600KL) 」を比較すると、ともに縦長ディスプレイ、デュアルカメラを搭載し、基本スペックは近いものになっています。

両機種が日本で発売されればシェア争いは激化しそうです。

EXPANSYS

日本未発売の海外スマートフォンを販売している「EXPANSYS」では「HUAWEI P20 lite」の販売ページを公開しています。

2018年5月12日時点では、「HUAWEI P20 lite」が35,450円で販売されています(税・送料は別途必要)。

「HUAWEI P20 lite」に興味のある方は「EXPANSYS」でチェックしてみてくださいね!

Source

HUAWEI P20 lite

スポンサーリンク
huawei SIMフリー
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

ブログを訪問頂きありがとうございます。
格安スマホや格安SIM情報を中心としてスマホを低価格で利用していただきたいと思いながら情報を発信しています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました