【海外SIMフリー】ファーウェイ 「HUAWEI P20 Pro」を発表!ライカのトリプルカメラ搭載

中国のHuawei(ファーウェイ)は、2018年3月27日に、驚異のカメラ性能をもった新型フラグシップモデル「HUAWEI P20 Pro」を発表しました。

HUAWEI P20 Pro

「HUAWEI P20 Pro」の大きな注目はリアに搭載したトリプルカメラ。これまでのスマートフォンの常識を覆すようなカメラスペックとなっていて、「DxOMark Mobile」では、写真スコアは驚愕の114をマークしています。スマートフォンではトップスコアです。

日本でもリリースされた前モデル「HUAWEI P10 Pro」からさらに進化しています。

HUAWEI P20 Pro

これまでのスマートフォンのカメラのレベルを大きく超えるような「HUAWEI P20 Pro」。

高いカメラ性能だけでなく、基本スペックも非常にハイレベル。「HUAWEI P20 Pro」は多くの特長をもった注目モデルとなっています。

トリプルカメラ

HUAWEI P20 Proのトリプルカメラ

「HUAWEI P20 Pro」のリアには、4000万画素(カラー)+2000万画素(モノクロ)+800万画素(ズーム)の3つのカメラを搭載。

ズームカメラの焦点距離は80mmとなっていて、光学3倍相当のズーム撮影可能となっています。お馴染みの「ハイブリッドズーム」にも対応しています。

スマートフォンとしては大型な1/1.7インチセンサーを搭載しています。

有機ELディスプレイ

「HUAWEI P20 Pro」は6.1インチ有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイ解像度は2240×1080です。「FullView Display」を採用し、高い画面占有率を実現。ディスプレイ上部には切り欠き(ノッチ)がついています。

Kirin 970

「HUAWEI P20 Pro」のSoCにはハイエンド向け「Kirin 970」を搭載。日本でSIMフリースマホとして発売済みの「HUAWEI Mate 10 Pro」と同じSoCとなっています。

メモリ仕様は6GB RAM+128GB ROMとなっていて、十分にハイレベルです。なお、microSDカードには対応していません。

厚さ7.8mmのボディに大容量な4000mAhのバッテリーを内蔵。IP67レベルの防水・防塵に対応しています。

価格・発売日

「HUAWEI P20 Pro」の価格は899ユーロ(約11.8万円)です。発売日は2018年4月6日とアナウンスされています。

執筆時点(2018年3月28日)で日本での発売についてはアナウンスはありません。

「HUAWEI P20 Pro」のスペックレビュー

「HUAWEI P20 Pro」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:6.1 インチ(2244×1080)
  • SoC:Kirin 970
  • CPU:Octa Core 2.36GHz×4+1.8GHz×4
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:40MP+20MP+8MP FRONT:24MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:4000mAh
  • サイズ/重量:73.9(W)×155(H)×7.8(D) mm / 180g

Etorenで販売【4月8日追記】

海外のSIMフリースマホを多数販売している「Etoren.com」では、「HUAWEI P20 Pro」を取り扱っています。

「Etoren.com」で販売されている「HUAWEI P20 Pro」はデュアルSIMバージョンとなっています。

「HUAWEI P20 Pro」に興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

Huawei P20 Pro Dual Sim 128GB – Etoren

海外フラグシップスマートフォンまとめ

「HUAWEI P20 Pro」以外にも海外モデルには魅力的なフラグシップモデルがリリースされています。

別ページに、海外のフラグシップモデル情報をまとめています。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

【2018年】海外メーカーフラグシップスマートフォンまとめ | ハイスペックなSIMフリースマホが勢揃い
海外モデルのフラグシップスマートフォンまとめ このページには、海外メーカーの最新フラグシップAndroidスマートフォンを紹介しています。海外メーカーが多数リリースしているハイスペックなSIMフ...

Source

HUAWEI P20 Pro

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント