さすが!「HUAWEI P40 Pro 5G」レビュー!DxOトップに納得の高性能カメラ搭載スマホ

どうも、「HUAWEI P40 Pro」を興奮しながら触っているやすスマ(@yasu_suma)です。

ファーウェイが日本で発売する最新フラグシップスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」って、めちゃくちゃカメラに力が入っているよ!

この記事には、ファーウェイが日本で新たに発売する「HUAWEI P40 Pro 5G」をレビューした内容をまとめています。

日本発売前の「HUAWEI P40 Pro 5G」のサンプル機をファーウェイ・ジャパンさんからお借りしています。ファーウェイ・ジャパンさん、ありがとうございます!

ただ、実際に「HUAWEI P40 Pro 5G」を少し触って感じたことは、正直に書くようにしますので、ぜひ参考になれば幸いです!

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

「HUAWEI P40 Pro 5G」は驚きの高性能カメラ搭載のフラグシップスマホ

「HUAWEI P40 Pro 5G」は2020年6月12日に日本発売予定で、市場想定価格は108,800円(税別)となっています。人気のプレミアムPシリーズの最新モデルとなります。

「HUAWEI P40 Pro 5G」の注目ポイントは、進化したデザインと、なんといっても高性能なカメラです。

まずは「HUAWEI P40 Pro 5G」の主なスペックを確認しておきます。

「HUAWEI P40 Pro 5G」のスペック

・OS:EMUI 10.1 (Android 10)
・ディスプレイ:6.58 インチ(2640×1200)
・SoC:Kirin 990
・RAM:8GB
・ROM:256GB
・カメラ:REAR:50MP+40MP+12MP+ToF FRONT:32MP+ToF
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
・指紋センサー:○
・USB:Type-C
・バッテリー:4200mAh
・サイズ/重量:72.6(W)×158.2(D)×8.95(H) mm / 209g

まずは「HUAWEI P40 Pro 5G」のプレミアムなデザインを紹介します。

「HUAWEI P40 Pro 5G」のプレミアムなデザイン

「HUAWEI P40 Pro 5G」は約6.58インチの有機ELディスプレイを搭載。リフレッシュレートは最大90Hzに対応し、高リフレッシュレート対応ならではの滑らかな画面表示を楽しむことができます。

有機ELディスプレイならでは高画質な画面表示を楽しむことができ、視野角の広さも十分なものです。

ディスプレイ内指紋認証センサー

指紋認証センサーはディスプレイ内に搭載。認証精度・速度ともに非常に優秀なもので使い勝手に優れいています。

また、前面カメラを使った顔認証にも対応。指紋認証と顔認証を併用できるので、場面に応じて認証方法を使い分けることができるので間違いなく便利です。

デュアルセルフィーカメラ

ディスプレイの左上部にはデュアルセルフィーカメラを搭載。セルフィーカメラは約3200万画素カメラと深度測定カメラの組み合わせで、ボケ効果を楽しみながらのセルフィー撮影も可能です。

クアッドカーブ オーバーフローディスプレイ

また、ディスプレイのデザインにも力を入れていて、「クアッドカーブ オーバーフローディスプレイ」を搭載しています。要するに4辺がカーブしているディスプレイです。

側面にかけて湾曲ディスプレイを採用するスマートフォンは増えてきていますが、この「HUAWEI P40 Pro 5G」においてはディスプレイ上下においてもわずかに湾曲したデザインになっています。

ただ、側面の湾曲と比較すると、上下の湾曲はそれほどではありません。ベゼルを上下の湾曲部分にもってくることで、さらにフルスクリーンデザインに近づいていることが分かります。

カラーは2色展開

今回の「HUAWEI P40 Pro 5G」サンプル機のカラーはシルバーフロストです。「HUAWEI P40 Pro 5G」にはブラックカラーもあります。

光の当たり方で雰囲気の変わる上質なカラーです。背面は指紋が目立たないものになっています。おそらく、特殊な加工が施されているんでしょうね!

次にボディ側面をざっと見ておきます。

メタルフレームと背面との一体感はさすがのクオリティで、非常に美しいです!

一方で、イヤホンジャックは非搭載で、モノラルスピーカーとなっている部分は注意が必要です。

存在感のあるカメラ

また、大型センサー搭載などの高性能カメラ搭載ということもありますが、カメラの存在感はかなりのものです。カメラの出っ張りもそれなりにあります

ただ、このカメラのデザインをどのように見るかは、カメラ性能をどのように評価するかによって左右されてくるでしょう。

「HUAWEI P40 Pro 5G」のパフォーマンス

「HUAWEI P40 Pro 5G」のSoCは「Kirin 990」を搭載。「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」にも搭載されているハイシリコン製のハイエンドSoCです。

AnTuTuベンチマークで性能をチェック

さっそく、「AnTuTu」をインストールして、ベンチマークを行ってみました。

総合スコアがおよそ46万点ということで、十分に高性能な部類に入ります。「Snapdragon 865」搭載のスマートフォンの方がスコアは上ですが、「HUAWEI P40 Pro 5G」も十分な性能をもっています。

なお、「AnTuTu」スコアランキングのまとめを用意しているので、興味のある方はぜひ御覧ください。

高速な内部ストレージ

また、メモリ仕様は8GB RAM+256GB ROMです。「AnTuTu」で内部ストレージの速度を計測してみた結果は以下のとおりです。

高速な読み書きの速度をもった優秀な内部ストレージです。アプリの起動やインストールなども非常にスピーディです。

「OnePlus 8」の内部ストレージのベンチ結果と比較すると、どうやら「HUAWEI P40 Pro 5G」は「UFS 3.0」の内部ストレージを搭載しているようです。

LINK OnePlus 8 – ETOREN

「HUAWEI P40 Pro 5G」のカメラはやっぱすげー

「HUAWEI P40 Pro 5G」の背面には約5000万画素(広角メイン F1.9 OIS)+約4000万画素(超広角 F1.8)+約1200万画素 (望遠 F3.4 OIS)+3D被写界深度のクアッドカメラを搭載。

今回の「HUAWEI P40 Pro 5G」においても、ライカと共同開発したカメラを搭載しています。もうおなじみの通称ライカカメラですね!

このカメラがやっぱりすげーです。

大型センサー&RYYBセンサー

メインセンサーは1/1.28インチという大型センサーRYYBセンサーの組み合わせで多くの光を取り込んで撮影することができます。

ただ、適切な明るさで撮影できるかは実際に撮影してみないと分からない部分があります。後ほど、撮影画像を紹介していきます。

もともと、筆者は「HUAWEI Mate 20 Pro」をメインスマホとして愛用しています。

なぜ、「HUAWEI Mate 20 Pro」をメインで愛用しているかというと、細く設定を変更しなくてもさくっと美しい写真が撮れるからです。

撮影技術をしっかり持っている方は別かもしれませんが、筆者は撮りたい瞬間にさっとキレイに撮れる「HUAWEI Mate 20 Pro」が大好きです。

「Mi Note 10」、「Mate 20 Pro」と比較撮影

今回、「HUAWEI P40 Pro 5G」を試用できるということで、愛機「HUAWEI Mate 20 Pro」ペンタカメラ搭載スマホXiaomi「Mi Note 10」を持って比較撮影を行いました。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥57,398(2020/07/11 15:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

被写体にカメラを向けてさっと撮影したものです。こういう感じでキレイに撮れるスマホが非常に価値があると考えているからです。

まずは室内で比較的明るい場所で撮影。

同じく室内でちょっと厳し目の環境で撮影。

屋外で植物を撮影。

すべての機種で等倍撮影

10倍ハイブリッドズームで撮影。

最大ズームで撮影。「HUAWEI P40 Pro 5G」と「Mi Note 10」が50倍、「HUAWEI Mate 20 Pro」が30倍です。

写真撮影が下手な筆者だと、やはりファーウェイの2機種の写真がまだキレイに撮影できている印象です。

「HUAWEI P40 Pro 5G」のカメラがすごい

その中でも「HUAWEI P40 Pro 5G」のカメラのすごさを体感できました。さすが「DxOMark Mobile」で歴代トップのカメラ性能ですね!

スペックだけでなく、実際の撮影写真で非常に美しく撮れる「HUAWEI P40 Pro 5G」の高性能カメラは大きな魅力です。

カメラの出っ張りが気にならなくなるかもしれませんね(笑)

まとめ:「HUAWEI P40 Pro 5G」は驚きの高性能カメラ搭載のフラグシップスマホ

以上、「HUAWEI P40 Pro 5G」を試用してレビューした内容をまとめておきました。

それほど長い時間試用できたわけではないのですが、ハード面のハイレベルな仕上がりはさすがファーウェイのフラグシップスマホといったところです。

大きな課題はやはりGMS(Google Mobile Service)非対応

ただ、御存知の通り、「HUAWEI P40 Pro 5G」はGMS(Google Mobile Service)に非対応で、Google Playストアを利用することができません。

HMS(HUAWEI Mobile Service)の「HUAWEI AppGallery」からのアプリの入手が基本となります。

「HUAWEI AppGallery」では「LINE」、「TikTok」、「Zoom」がラインナップされるなど、アプリの充実を進めていますが、人気アプリがまだ十分に揃っている状況ではありません。「HUAWEI AppGallery」の充実がまだまだ必要と感じています。

「HUAWEI P40 Pro 5G」に楽天モバイル「UN-LIMIT」SIMを挿したときにも、「Rakuten Link」アプリを入手することができませんでした。

\UN-LIMITプランが1年無料/
楽天モバイル

「HUAWEI P40 Pro 5G」はハード的に非常に優秀ですが、アプリの入手に関しては現状では課題があるといったところです。

以上、参考になれば幸いです。

Source

HUAWEI P40 Pro 5G – HUAWEI

▼「やすスマ」おすすめの格安SIM▼

LINK UN-LIMITプランは1年間無料>>楽天モバイル

実機レビュー 国内スマホ 国内スマホ 国内SIMフリースマホ HUAWEI
\シェアしていただけるとうれしいです/
ぜひフォローをお願いします(^o^)
この記事がよかったという方はフォローしていただけると大変うれしく思います。
ブログでの更新情報を発信しています。
おすすめ格安SIMベスト3
この記事を書いた人
やすスマ

当ブログではスマホ・格安SIM情報などスマートガジェットを楽しむための情報を発信しています。
ぜひ、生活が楽しく・充実するようなスマホガジェットとの出会いのきっかけとなれば幸いです。
本ブログに有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。
連絡フォームからご連絡ください。

ぜひフォローをお願いします(^o^)
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました