Appleが古くなったiPhoneのパフォーマンス低下の推察に対応してバッテリー交換費用の減額を発表

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降ユーザーに対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換費用の減額を行うことを発表しました。

iPhone6

保証対象外のiPhoneのバッテリー交換費用の減額

バッテリー交換が必要なiPhone 6以降ユーザーに対して、バッテリー交換費用を3200円(本来の8800円から5600円減額)に大幅減額して提供します。2018年12月まで全世界で提供されます。提供内容の詳細は後日明らかとなります。

iPhoneのバッテリー交換費用の減額の背景

今回のiPhoneのバッテリー交換費用の減額に至った大きな背景として、ベンチマークアプリで有名な「Geekbench」がまとめたレポートがあります。

バッテリーが古くなったiPhoneのパフォーマンスが低下?

「Geekbench」は、「iPhone 6s」と「iPhone 7」の「Geekbench 4」ベンチマーク結果の分布を発表し、パフォーマンス低下したものが一部存在する推察をまとめています。特にiOS11へアップデートしたものにパフォーマンス低下しているiPhoneがあることが確認できます。原文は以下にありますので、参考にしてみてください。

参考iPhone Performance and Battery Age – Geekbench

公表されたベンチマークソフト「Geekbench 4」のスコア分布やバッテリー交換したiPhoneのパフォーマンスが回復したという「Appleが古いiPhoneの性能を落としている」という報告も上がる中で、ついにAppleは声明を発表しました。

参考iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)

パフォーマンスを動的に管理

Appleによると「予期しないシャットダウンを防ぐ」ために、iOSアップデートによって「最大パフォーマンスを動的に管理」するようになったことを明らかにしています。

ユーザーの懸念への対応として、バッテリー交換費用の減額を発表しました。古くなったバッテリーを新しいものと交換することで、iPhoneのパフォーマンスは回復すると明らかとしています。

まとめ

Appleが話題となっていた古いiPhoneのパフォーマンス低下の推察に対しての対応を発表しました。

iOSアップデートによって大きくパフォーマンスが低下しているiPhoneをお持ちの方にとっては非常に大きな問題です。今回発表された対応の早期提供開始を期待したいです。

2018年初頭のiOSのソフトウェアアップデートによって、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーが分かるような新機能を提供予定です。

iPhone
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント