Apple 「 iPhone SE 」を発表 4インチ液晶搭載モデル





Apple 4インチ液晶搭載の新モデル「 iPhone SE 」を発表

Appleは現地3月21日に、「iPhone SE」を発表しました。4インチ液晶のコンパクトボディに、iPhone 6sと同等のCPUとGPUを搭載しており、3月24日より予約受付を開始し、3月31日発売となります。国内の大手キャリアではNTTドコモ、au、ソフトバンクが取り扱う予定です。

iPhone SE

「iPhone SE」は2013年発売「iPhone 5s」とサイズ・重さともにほぼ同等であるが、CPUとGPUなどの性能はiPhone 6sと同等レベルまで引き上げれたモデルとなっています。OSとしては最新のiOS 9.3がインストールされています。

「 iPhone SE 」は、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの4色で展開されます。

「 iPhone SE 」の性能・スペックについて

プロセッサには64ビットの「A9」チップ搭載しており、Apple発表の情報によるとデザインを踏襲している「iPhone 5s」と比較すると、CPUは5sの2倍、GPUは5sの3倍のパフォーマンスを実現しているとのことです。

4インチディスプレイの解像度は、1136×640ドットとなっており、ストレージ容量は16GBと64GBの2種類となっています。

なお、iPhone 6sシリーズで採用された感圧ディスプレイ「3D Touch」は搭載されていません。

「 iPhone SE 」の価格について

「 iPhone SE 」の大手キャリアモデルの価格については現時点で未発表となっていますが、日本のアップルストアでの「 iPhone SE 」SIMフリー版の価格は、16GBモデルが52800円、64GBモデルが64800円となっています。

「 iPhone SE 」の気になる点

「気になる、記になる」様の記事によると、「 iPhone SE 」のRAM容量は2GBのようです。

「iPhone SE」のRAMの容量は「iPhone 6s/6s Plus」と同じ2GB|「気になる、記になる」

気になる「 iPhone SE 」の「SE」については、「Special Edition」の略と言われています。

やすスマは考える

ついに発表された「 iPhone SE 」ですが、噂されていた内容からすると大きな驚きはなかったと思います。やすスマとしては、大手キャリアモデルはあまり興味がありませんが、SIMフリー版については興味があります。

16GBモデルが52800円、64GBモデルが64800円ということで、性能からすると十分に競争力のある価格になっていると感じます。ただ、「iPhone 5s」とデザイン面での差がすごく小さいのが悩みどころです。

ローズゴールドのカラーであれば「iPhone 5s」でないことが一目瞭然ですから、新しいモデルとしての所有満足度が上がるのかもしれません。ただ、好みが合えばですが。

「 iPhone SE 」SIMフリー版の登場により、更にSIMフリースマートフォン、格安SIMの市場が盛り上がっていくことを期待しています。

URL

「 iPhone SE 」製品情報

※詳細については各社のHPで必ず確認ください


この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする