【格安SIM】楽天がFREETELのMVNO事業会社の買収を発表

楽天は、2017年9月26日に、プラスワンマーケティングが「FREETEL」ブランドで展開しているMVNO事業を買収することを発表しました。プラスワンマーケティングが展開しているモバイル端末事業、MVNO事業を会社分割する方法が用いられます。そのうちの格安SIM「FREETEL SIM」などで展開しているMVNO事業のみを楽天が買収する形になります。

楽天が「FREETEL SIM」を買収

今後の予定としては平成29年11月1日付で、プラスワンマーケティングのMVNO事業が楽天に承継されます。買収額は5億2千万円となっています。

楽天に承継された後の通信サービスの内容及び料金等に変更はありません。

承継対象の通信サービス

FREETELが案内している承継対象の通信サービスは「FREETEL SIM」、「FREETEL SIM」に付帯する通話サービス(FREETELでんわ 等)、「YAMADA SIM PLUS powered by FREETEL」、「ニコニコSIM(仮)powered by FREETEL」です。

平成29年11月1日より、承継対象の通信サービスの契約先は楽天となります。契約先変更に伴う契約者による手続きは不要です。

適用中のキャンペーンについては引き続き適用されます。

モバイル端末事業に注力

プラスワンマーケティングは、平成29年11月1日以降もモバイル端末事業を継続していきます。モバイル端末事業への投資に、より注力することで、さらにコストパフォーマンスに優れたモバイル端末を開発を目指すということです。

まとめ

FREETELは、この1年間に「KIWAMI 2」、「RAIJIN」、「Priori 4」などのSIMフリースマホを発売。

そのうち最も最近発売されたのは「RAIJIN」ですが、既に「RAIJIN」が発売から半年以上経過しています。ASUSやHuaweiのスマホがシェアを拡大する中で、このような発売スパンでは変化の激しいSIMフリースマホ市場で対抗するのは厳しい状況になっていました。

KIWAMI 2

モバイル事業に注力するということで、SIMフリースマホ市場の活性化のためにも、高いコストパフォーマンスをもった新モデルの登場を期待したいところです。

Source

会社分割(簡易吸収分割)による事業の承継に関するお知らせ – 楽天

会社分割に関するお知らせ – FREETEL

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする