超低コスト維持!おすすめ「 格安SIM 」5社を紹介|LINEモバイルを追加 16/9/22

この記事では、「 格安SIM を少しだけ試してみたい」、「それほどデータ通信を行うわけではないのでなるべく低価格に維持したい」など、低コストで 格安SIM を利用するためにおすすめする格安SIMを紹介したいと思います。

超低コスト維持!?おすすめ格安SIM

格安SIM

データ専用SIMに限定して、月額基本料500円を1つのラインとして紹介していきます。何らかのキャンペーンを実施しているケースもありますので、そのあたりも加味しながら考えていきます。

なお、段階制の料金プランを設定している場合に、最低料金が安くても実用性に乏しい場合は紹介しておりません。

なお、この記事を書こうと思ったきっかけは、以前書いた『固定ネット回線代わりにおすすめな「格安SIM」3社』という記事が、比較的コンスタントにアクセスいただいており、用途を特化したものにはニーズがあると判断したからです。読んでくださる方にとって参考になれば幸いです。

この記事では月額基本料を中心に紹介しています。初期手数料等は別途かかりますのでご注意ください。


So-net「0SIM」

ご存じの方も多いと思いますが、超低コスト維持!?おすすめ格安SIMとして初めに紹介したいのは「 0 SIM 」です。

デジモノステーション付録で話題に

「 0 SIM 」のサービス開始前に、デジモノステーション2月号に同等のSIMが付属しており、入手が困難になりました。「やすスマ」も書店等を10軒以上探しましたが、結局出会うことができませんでした、、、。さて、どのように低コストで維持可能か確認してみましょう。

月間通信データ容量500MBまで無料

0 simの料金詳細

表を見ていただくと分かると思いますが、「データ専用プラン」は月間通信データ容量500MBまで無料、500MB超では100MBごとに100円が加算される形になっています。

自動解約に注意

「データ専用プラン」は3カ月間データ通信が無い場合は自動解約となる点は要注意ですが、それほどデータ通信を頻繁に行わない方であれば、かなりの低コストで維持できそうですね。

申込可能日に注意

なお、2016年8月より、「 0 SIM 」の申込日が毎月「0のつく日」に限定されています。

URL

「0SIM」|So-net

ロケットモバイル「 神プラン 」

2番目に紹介したいのは、2016年5月よりサービススタートしたMVNO「ロケットモバイル」の「 神プラン 」です。

月額298円

ロケットモバイル

「 神プラン 」の最大回線速度200kbpsですが、データ通信無制限で、月額基本料298円と激安になっています。

ライトな用途であれば可能

動画閲覧など、容量の大きい通信は難しいですが、ウェブ閲覧やTwitterなどのテキスト中心のメッセージアプリ、メール送受信程度の通信速度をそれほど必要としない用途であれば使用できるという評判です。

「ロケモバポイント」

ポイントサービス「ロケモバポイント」が提供されており、案件をこなすことでポイントを獲得でき、1ポイント=1円として、毎月の通信料金から割り引くことが可能となっています。

URL

ロケットモバイル

DMM mobile「データSIMプラン 1GB」

3番目に紹介したいのは、DMM mobileの「データSIMプラン 1GB」です。

1GBで月額480円

月に高速通信が1GBまで可能となっており、月額基本料480円となっています。

DMM mobile

高速通信のデータ容量が1GBあれば、ライトな使用程度であれば足りるケースが多いと思います。

バースト機能

しかも、「DMM mobile」には、低速通信時に「バースト機能」があり、高速データ容量を使いきった時などの低速通信時に、「バースト機能」によって一定の時間高速で通信することができます。

URL

DMM mobile

FREETEL「FREETEL SIM」

4番目に紹介するのは、皆様御存知のFREETELが提供している「FREETEL SIM」です。「FREETEL SIM」には大きく分けて「使った分だけ安心プラン」、「定額プラン」の2つのプランがあります。下は「使った分だけ安心プラン」の料金です。

1GBで月額499円

FREETEL SIM

1GBまでであれば、月額499円となっていて非常に安い価格設定となっています。データの使用量に応じて料金が設定されていて、料金設定自体も悪くないものとなっています。容量が必要な月であっても柔軟に対応できるのは魅力です。

キャンペーン実施中

2016年9月11日時点で、「総合満足度No.1受賞記念 1年間0円キャンペーン」を実施しており、「FREETEL SIM」を新規契約するとネット基本料(月額299円)が1年間無料となるキャンペーンを実施しています。

「ポケモンGO」がカウントフリー

その他、2017年9月6日(水)までの1年間限定で「ポケモンGO」でのパケット料金が無料です。また、LINEなどの対象サービスのデータ通信量がカウントフリーになっています。

Pokemon GO データ通信料0円サービス|FREETEL
メッセンジャーアプリ データ通信料0円サービス|FREETEL

ダブル増速マラソン

また、品質保持のため、回線増速を継続的に毎月実施する「ダブル増速マラソン」を継続しています。

以上のように「FREETEL SIM」は用途によっては最もおすすめの格安SIMかもしれません。

URL

FREETEL SIMの料金・プラン

LINEモバイル

皆さんご存知のLINE社が提供する格安SIM「 LINEモバイル 」が2016年9月21日から正式サービスをスタートしました。「 LINEモバイル 」を最後に紹介します。

1GBで月額500円 LINEはカウントフリー

「 LINEモバイル 」では、データSIMの「 LINEフリープラン 」は、月に高速通信が1GBまで可能で月額500円となっています。しかも、アプリ「 LINE 」の通話・トークなど対象サービスについてはカウントフリーとなっています。

LINEモバイル

LINEモバイルでは、LINEのアカウント作成時のSMS認証をスキップでき、SMS付きではないプランでもをアカウントを作成することができます。

LINEモバイルについての概要は別ページにまとめていますので、興味がある方は御覧ください。

URL

LINEモバイル

超低コスト「 格安SIM 」の通信速度 16/9/19追記

以上、おすすめ5社を紹介しましたが、格安SIMはMVNOによって実際の通信速度の差があります。この通信速度の実態については非常に気になるところです。

これらの超低コスト維持できる「 格安SIM 」を含む、ドコモ回線の「 格安SIM 」通信速度については、ITmedia Mobile様が、ドコモ回線MVNOの通信速度計測を実施されています。多くのMVNOを網羅されており、時間帯別でも計測されていますので、非常に参考になります。

好調を維持する「FREETEL SIM」 安定感のある「楽天モバイル」――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較|ITmedia Mobile

無料Wi-Fiサービスの提供状況 16/9/19追記

超低コストを目指した格安SIMを紹介しておりますが、やはり通信容量や通信速度については不安があります。

では、上でおすすめしたMVNO5社が提供している無料Wi-Fiサービスがないか確認してみました。結論としては、現時点では提供しているMVNOは見つかりませんでした。

ただ、「 格安SIM 」に無料Wi-Fiサービスをセットにする動きがあります。例えば、先日には、U-mobileが無料Wi-Fiサービスの対象を拡大し、更にスポット数を倍増させました。

シェア上位である「 OCNモバイルONE 」も、2016年7月1日に無料Wi-Fiスポット提供を正式サービスとしました。

以上のように、「 格安SIM 」を提供しているMVNOは、無料Wi-Fiサービスの提供に力を入れてくることが予想されます。

超低コスト維持を目指してのおすすめ格安SIMを紹介していますが、無料Wi-Fiスポットの提供状況が変化すると、おすすめの度合いが変化しますので、今後も注目していきたいと思います。

※詳細については各社のHPで必ず確認ください


最後に

超低コスト維持可能な格安SIMを「やすスマ」なりにまとめてみました。今後も新規キャンペーンや価格改定などで新たな格安SIMをおすすめしたい場合は、追記していきます。

格安SIMを気軽に試してみたいという方にとって有用な記事になっていれば本当に幸いです。


この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする