【格安SIMレビュー】LTE使い放題はやっぱり別世界!「ピクセラモバイル」を実際に使ってみた感想

どうも!「やすスマ」です。

「LTEが使い放題です!データ残量が気にならない!」

スマホをしっかり楽しみたい方にとっては、魅力的な響きですね。

先日、「ピクセラモバイル」の魅力に惹かれてポチった話を書きました。

「ピクセラモバイル」をレビュー

「ピクセラモバイル」は、2017年3月22日にサービス開始となりました。低価格でLTE使い放題プランを提供しているのが大きな特長です。

「ピクセラモバイル」が提供するのはデータ専用SIMのみで、LTE端末と同時申し込みで月額基本料金が1480円です。なお、SIM単体での申込みの場合の月額基本料金は1980円です。

月額基本料金をなるべく抑えてLTE使い放題を利用したい!ということで、LTE機器を同時申し込みしました。同時申し込みで購入したのはSIMフリーのLTE対応USBドングル「PIX-MT100」です。

「PIX-MT100」の購入価格は、サービススタート記念キャンペーンを適用して1万円ちょっとでした。現在(2017年4月1日)では、14800円ですので、至って普通の価格になっています。

「PIX-MT100」の評判を調べてみると、結構いい感じであったことと、USBドングルはあまり使ったことがなかったことから、「ピクセラモバイル」を楽しむためにも、「PIX-MT100」を活用していく予定です。

「ピクセラモバイル」が到着

「ピクセラモバイル」がサービススタートした日に発送完了メールがあり、翌日の2017年3月23日に、待ちに待った「ピクセラモバイル」が到着しました。

「ピクセラモバイル」から届いた荷物が思ったよりも小さかったので、なんとなく「HUAWEI nova lite」と並べて記念撮影。

ピクセラモバイル 荷物

さっそく、「ピクセラモバイル」から届いた荷物を開封して並べてみました。

ピクセラモバイル 荷物開封

SIMのパッケージはものすごくシンプルなデザインですね。「やすスマ」が今まで見たことがあるSIMパッケージの中では最高レベルです(笑)

パッケージのデザインにかかるコストを極限まで少なくしたような印象です。「ピクセラモバイル」に期待しているものは、パッケージのデザインの質感などではなく通信品質ですので、個人的にはまったく問題なしです。

また、iPhone/iPadでテレビ視聴を可能にするモバイルテレビチューナー「PIX-DT350N」のチラシもありました。

非常に小型で面白そうなモバイルテレビチューナーですね。「やすスマ」はiPhone使いではありませんが、、、。あっ、そういえば、先日ソフトバンク版の「iPhone SE」を手に入れました!まだ本格的にはいじれていませんが(笑)

次に「ピクセラモバイル」のパッケージの内側を確認してみました。

ピクセラモバイル

主に、SIMの挿し方や、APN設定方法について書かれています。問い合わせ窓口の電話番号もあります。サポート体制が気になるところですが、

「ZenFone 3 (ZE520KL) 」に挿してみた

今回、「ピクセラモバイル」をレビューするために使用している機種は「ZenFone 3 (ZE520KL)」です。

「ZenFone 3 (ZE520KL)」は、年末の「ZenTour 年末年始大感謝祭!」でプレゼントとして頂いた機種です。

今回申込みをした「ピクセラモバイル」SIMのサイズは「microSIM」です。USBドングル「PIX-MT100」のSIMスロットサイズにあわせてものになっています。

ピクセラモバイル ZenFone 3

「ピクセラモバイル」では、「標準SIM」の取り扱いはなく、「microSIM」と「nanoSIM」のみ提供されています。

さっそく、APN設定を行っていきます。

ピクセラモバイル

SIMフリースマホを用いたAPNの一般的な設定方法については、別ページにまとめています。興味のある方はチェックしてみてください。

参考【基本Tips】SIMフリースマホでAPN設定を行う手順を解説

「ZenFone 3 (ZE520KL)」には、「OCN モバイル ONE」、「楽天モバイル」などの主要なMVNOのAPN設定があらかじめセットされています。

「ピクセラモバイル」は2017年3月22日にサービス開始したところですから、当然ながら新規で設定を追加する必要があります。

ピクセラモバイル APN設定1ピクセラモバイル APN設定2

パッケージを見ながらさくっと設定することで、すぐに問題なく「4G接続」が完了。

「SPEEDTEST」で速度計測

さっそくネット速度を計測するアプリ「SPEEDTEST」で、「ピクセラモバイル」SIMを使ってネット速度を計測してみました。

日曜日夕方

日曜日(2017年3月26日)の17時頃に、屋内で3回ほど計測した結果です。

ピクセラモバイル スピードテスト1ピクセラモバイル スピードテスト2

ピクセラモバイル スピードテスト3

ベンチマーク結果としては、まずまずの数値が出ています。サービス開始直後ですから、ユーザー数が限られている状態ですから、今後の変化に注目です。

月曜日早朝

2017年3月27日(月)早朝に、屋外でもネット速度を計測してみました。

ピクセラモバイル スピードテスト4

ピクセラモバイル スピードテスト5

朝早い時間帯とはいえ、すごいベンチ結果が出ました。

月曜日夕方

同日の夕方にも計測してみました。

ピクセラモバイル スピードテスト6

ピクセラモバイル スピードテスト7

こちらもスピードとしては問題ない状況でした。

ネット閲覧や動画視聴

「SPEEDTEST」以外にも、日曜日(2017年3月26日)夕方に、屋内においてネット閲覧や「YouTube」で動画視聴してみました。

比較的混雑していると考えられる時間帯です。

いろいろとやってみた感想としては、「SPEEDTEST」で計測できたネット速度よりも大幅に遅く感じています。

例えば、ネット閲覧していると、それなりにページの切替に時間がかかります。特に画像の読み込みがさくっといきません。

動画についても読み込みに時間がかかりました。「YouTube」では、インターネット接続速度(帯域幅)によって画質が変わります。

「ピクセラモバイル」SIMで「YouTube」を見ていると、解像度を下げて再生されるケースがありました。

さらに、「ピクセラモバイル」SIMを使って、「Google Play」で「Google 日本語入力」をダウンロード。ダウンロードにかかった時間を計測してみました。

アプリのダウンロード時間を確認

ダウンロードした「Google 日本語入力」のファイルサイズは「9.66MB」でした。

ダウンロード開始直後はかなり遅かったですが、徐々に速度が上がってきてダウンロードにかかった時間は40秒でした。

ベンチマーク結果と比較すると、けっこう時間がかかった印象ですね。

1日目の数時間での使用状況

「ピクセラモバイル」を使い始めて1日目(2017年3月26日)に、屋内で「ピクセラモバイル」を数時間使ってみました。その際のデータ使用量は以下のとおりです。

ピクセラモバイル データ使用量

あまり速度が出ていない中でも、ベンチ測定、動画視聴、アプリダウンロードなどを行っていると、あっという間に「564MB」を使用していました。

気になる速度制限

「LTE使い放題」ということで気になる速度制限については、3日間のデータ通信量が3GBを超えていた場合にかかります。

まとめ

「ピクセラモバイル」の印象をまとめてみました。

混雑している時間帯には、ベンチの数値以上に引っかかりが発生しています。

屋外で混在していない時間帯ではおおむね快適に利用できています。

ベンチマーク結果からすると、実際の使用したときの速度が出ていない印象など少し気になる部分はありますが、やはり「LTE使い放題」は別世界でした。

混雑している時間帯以外で、ネット閲覧などであれば十分に快適に利用できています。

ユーザー数の増加などで状況が変化することも予想されます。これからの状況によって、評価は大きく変わってくるかもしれません。これから本格的に使っていき、どんどん追記していこうと思っています。

また、「新生活必須の固定ネット回線代わりにおすすめな「格安SIM」4社を紹介」に他のMVNOが提供しているオススメ「LTE使い放題プラン」をまとめています。ぜひ、合わせてチェックしてみてください。

少しでも参考になる部分があれば幸いです。

Source

ピクセラモバイル

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする