新生活で気になる!固定ネット回線代わりにおすすめな「格安SIM」4社を紹介

固定ネット回線代わりの格安SIM

以下、価格はいずれも税別です。

自宅にFTTH(光回線サービス)を引いてネットを利用されている方も多いかと思います。2016年3月末時点で、MM総研調査によると、FTTHの加入件数は、およそ2800万件といわれています。ADSL回線も合わせるとブロードバンド回線の加入件数は相当数になります。

参考ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2016年3月末時点)|MM総研

コストを抑えて、自宅のネット環境を整えることができればうれしいですよね!

このページには、格安SIMをうまく利用して、光ファイバーなどの固定ネット回線代わりになりそうな格安SIMを紹介してみます。

特に、新生活を迎えられる方に参考になれば幸いです。

固定ネット回線代わりにおすすめな「格安SIM」

光ファイバー回線代わりとして、「格安SIM」以外に有力な選択肢としては「WiMAX」があります。「WiMAX」では、キャンペーンを上手く利用すれば月額基本料金を抑えることができますが、コンスタントに月額2500円以下での利用は難しいです。

「データ容量無制限「格安SIM」で月額基本料金が2500円以下」

このラインを意識しながら、固定ネット回線代わりになる可能性がある「格安SIM」を紹介していきます。

データ容量無制限「格安SIM」

一方で、ここ最近の格安SIMの浸透により、MVNO各社のサービス競争も激しさを増しています。MVNOによってはデータ容量無制限の格安SIMを提供しています。

コストを抑えて、手軽に回線を確保するために、「SIMフリールーター」利用やスマホのテザリングによって「格安SIM」をFTTH代わりして利用して節約できるかについてまとめていきます。

利用用途の想定は重要

現状の「格安SIM」を用いた場合の回線速度はFTTHと比較すると低いものになります。
どのようなネット利用を想定するかで「格安SIM」が固定ネット回線代わりになるかどうかは変わります。

前置きが長くなりましたが、固定ネット回線の代わりになりそうな「格安SIM」をおすすめ順に紹介してきます。

おすすめNo.1「ピクセラモバイル」

おすすめNo.1として紹介したいのが、2017年3月22日にサービス提供開始した「ピクセラモバイル」です。

SIMフリーUSBドングル「PIX-MT100」をセットで同時申し込みすることで、LTE使い放題のデータ専用プランが月額基本料金1480円と激安になっています。

なお、「ピクセラモバイル」は、データ専用SIM(SMS無し)のみを提供しています。

「やすスマ」は「ピクセラモバイル」SIMを利用していて、以下のページにレビューしています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

「ピクセラモバイル」はNTTドコモの回線を利用したMVNOサービスです。

LTEデータ通信速度の仕様は下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbpsです。

通信速度制限

「ピクセラモバイル」では、直近3日間のデータ利用料合計が3GBを超えた日の翌日に通信速度制限が入ります。

最低利用期間あり

「ピクセラモバイル」では、データプランとしては珍しく6ヶ月の最低利用期間が設定されています。

USBドングル「PIX-MT100」と組み合わせてレビュー

SIMフリーUSBドングル「PIX-MT100」と「ピクセラモバイル」SIMを使うための設定方法、回線速度計測、使用感などについて別ページにレビューしています。

「やすスマ」の場合は、LTE使い放題の「ピクセラモバイル」に「PIX-MT100」を組み合わせることで、活用の幅が大きく拡がりました。

Source

ピクセラモバイル

おすすめNo.2「U-mobile PREMIUM」

「U-mobile」は、データ容量無制限の格安SIM「U-mobile PREMIUM」を提供しています。

「U-mobile PREMIUM」は、LTE使い放題のデータ専用プランで月額基本料金が2,480円です。

「U-mobile PREMIUM」はNTTドコモの回線を利用したMVNOサービスです。

LTEデータ通信速度の仕様は下り最大375Mbps/上り最大50Mbpsです。

通信速度制限

「U-mobile PREMIUM」では、U-mobile公式ページによると『他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間での大容量データの送受信は、公平なサービス提供のため、一時的に通信速度の制限を行うことがあります。』ということになっています。

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

おすすめNo.3「DTI SIM ネットつかい放題」

MVNOサービス「DTI SIM」は、データ定額使い放題プラン「DTI SIM ネットつかい放題」を提供しています。

「DTI SIM ネットつかい放題」の月額基本料は、データプランが月額2,200円、データSMSプランが月額2,350円、音声プランが月額2,900円となっています。

「DTI SIM」はNTTドコモ回線を利用したMVNOサービスです。

「DTI SIM」のLTEデータ通信速度の仕様は下り最大225Mbps/上り最大50Mbpsです。

通信速度制限

「DTI SIM」においての通信速度制限は、DTI SIM公式ページによると『通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。』ということになっています。

「DTI SIM」では、3GBデータプランが半年間月額基本料金0円やキャッシュバックなどのキャンペーンを頻繁に実施しています。

キャンペーン_パターンB

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

おすすめNo.4「ワイヤレスゲートSIMカード」

ワイヤレスゲートSIMカード

おすすめNo.4として紹介するのが「ワイヤレスゲートSIMカード」のLTEデータ通信容量無制限データ専用プランです。

「ワイヤレスゲートSIMカード」のLTEデータ通信容量無制限(SMSなし)プランの月額基本料金は1680円と非常に安くなっています。

いがモバ様が「ワイヤレスゲートSIM」について詳細なレビューを書かれていますので、すごく参考になると思います。以下にリンクを掲載しておきます。

待望の3Mbps無制限!新ワイヤレスゲートSIM|いがモバ

「ワイヤレスゲートSIMカード」はNTTドコモの回線を利用したMVNOサービスです。

LTEデータ通信速度の仕様は下り最大3Mbpsす。仕様上では、これまで紹介した他のMVNOのLTE無制限プランよりも低速になっています。

Source

ワイヤレスゲートSIMカード

※詳細については各社のHPで必ず確認ください

おすすめ「SIMフリールーター」

固定ネット回線代わりで「格安SIM」を利用することを想定した場合に、最新SIMフリールーターでオススメしたいのはNEC「Aterm MR05LN」です。NECのSIMフリールーターは優れた機能性で定評があります。

まとめ

以上、固定回線代わりになりそうな「格安SIM」についてまとめました。

実際の通信速度は環境などによって大きく変わります。やすスマとしては、そのあたりもある程度情報収集してランキング形式で紹介してみました。

ユーザー数の増加によって、通信速度が変化していくことが予想されますので、随時、ネットでの評判をチェックしておき、納得できる1枚を選ぶことができれば良いですね!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

やすスマの最新情報をお届けします

フォローする