【日本発売期待】LG 新型フラグシップ「LG G7+ ThinQ」を発表!ノッチ付きの6.1インチQHD+ディスプレイ

韓国メーカーのLGは、2018年5月2日に、新型フラグシップスマートフォン「LG G7+ ThinQ」を発表しました。

LG G7 ThinQ

「LG G7+ ThinQ」は充実したスペックと機能を搭載したハイスペックモデル。「LG G7+ ThinQ」も主な特長をまとめておきます。

LG G7+ ThinQ

「LG G7+ ThinQ」はノッチ付きの6.1インチ縦長ディスプレイを搭載。アスペクト比19.5:9で、解像度はQHD+(3120 x 1440)です。非常に高精細なディスプレイになっています。

1,000nitsという明るいディスプレイ「スーパーブライトディスプレイ」を搭載しています。

Snapdragon 845

SoCにはクアルコムの最新ハイスペックモデル向け「Snapdragon 845」を採用。サムスンの「Galaxy S9+」に採用されるなど、Androidスマートフォンでは最高峰のパフォーマンスを持ったSoCになっています。

参考ベンチNo1のスマホは?Antutu ランキング | 2018年3月ランキングでは日本発売期待のあの機種がトップ

「LG G7+ ThinQ」のRAMは6GB、ROMは128GB。ROMは高速なUFS2.1になっています。メモリ仕様の異なる「LG G7 ThinQ」(4GBRAM+64GB ROM)もラインナップされています。

デュアルカメラ

LG G7 ThinQのデュアルカメラ

ボディ背面には1600万画素+1600万画素のデュアルカメラを搭載。107°広角カメラ(F1.9)と標準カメラ(F1.6)という組み合わせになっています。明るいレンズを搭載し、さらにはAIによって明るさ調整機能を搭載しています。

Quad DACを搭載し、Hi-Fi オーディオをサポート。イヤホン経由で最大7.1cnのDTS-Xサラウンドにも対応しています。

IP68レベルの防水・防じん機能を搭載しています。

「LG G7+ ThinQ」の価格

充実した「LG G7+ ThinQ」のヨーロッパにおける価格は850ユーロ(約11.2万円)程度が見込まれています。

「LG G7+ ThinQ」のスペック

「LG G7+ ThinQ」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.0
  • ディスプレイ:6.1 インチ(3120×1440)
  • SoC:Snapdragon 845
  • CPU:Octa Core 2.8GHz×8
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • カメラ:REAR:16MP+16MP FRONT:8MP
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • USB:Type-C
  • バッテリー:3000mAh
  • サイズ/重量:71.9(W)×153.2(H)×7.9(D) mm / 162 g

Source

「LG G7 ThinQ」/「LG G7+ ThinQ」 – LG

LGSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
やすスマをフォローする
やすスマ

コメント