LINEモバイル 2017年2月1日以降「SIMカード発行手数料」を追加

「LINEモバイル」は、2017年2月1日以降の新規申し込みに対して、初期費用として「SIMカード発行手数料」を追加することを発表しました。

LINEモバイル

「SIMカード発行手数料」

(価格はすべて税抜)

従来の登録事務手数料(3000円)に加えて、「SIMカード発行手数料」が400円が追加されます。

「SIMカード発行手数料」は、NTTドコモが規定するUSIMカードの貸与に係る費用相当分ということです。

エントリーパッケージでも請求

なお、Amazon.coにて販売されている「SIMエントリーパッケージ」を用いる場合についても、2017年2月1日以降の申し込み完了分に対しては「SIMカード発行手数料」が発生します。

「LINEモバイル」では、特定のアプリがカウントフリーになる特徴的なプランが提供されています。

提供されている「コミュニケーションフリープラン」であれば、「LINE」に加えて「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」のデータ通信量がカウントされません(一部サービスによって対象外)。

Source

初期費用の改定について(SIMカード発行手数料400円が2/1より追加) : LINE MOBILE 公式ブログ

LINEモバイル

格安SIM
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログ。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiの驚愕コスパのスマートフォンに興味津々です。

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント