ファーウェイ 10インチタブレット「MediaPad M3 Lite 10」「MediaPad T3 10」日本発売を発表 SIMフリー

(価格はすべて税別)

ファーウェイ・ジャパンは、2017年5月30日に、新型Androidタブレット2機種を発表しました。発表されたのは10.1インチディスプレイ搭載の「MediaPad M3 Lite 10」と9.6インチディスプレイ搭載の「MediaPad T3 10」です。

今回発表された2機種ともに「Wi-Fi版」とSIMフリー「LTE版」がラインナップされています。2機種ともに2017年6月9日発売予定になっています。

【実機レビュー】HUAWEI SIMフリー「MediaPad T2 8 Pro」 ベンチ実施
ファーウェイ・ジャパンは、2016年12月9日に、8インチAndroidタブレット「 MediaPad T2 8 Pro 」を発売開始しました。 音声通話対応のSIMフリーの...
HUAWEI ハイスペックタブレット「 MediaPad M3 」情報 SIMフリー
ファーウェイ・ジャパンは、2016年12月13日に、8.4インチハイスペックタブレット「 MediaPad M3 」を2016年12月16日に発売することを発表しました。 フ...

ファーウェイ新型タブレット

ともに10インチ前後のディスプレイサイズのタブレットですが、「MediaPad M3 Lite 10」はエンターテイメント機能を強化したミドルレンジクラス、「MediaPad T3 10」はスタイリッシュなデザインのエントリークラスという仕上がりになっています。

「MediaPad M3 Lite 10」の特徴

ネーミングから分かるように、「MediaPad M3 Lite 10」はハイスペックタブレット「MediaPad M3」のLite版という位置づけです。

「MediaPad M3 Lite 10」は、音と映像にこだわりをもたせたAndroidタブレットになっています。

MediaPad M3 Lite 10

「MediaPad M3 Lite 10」には4つのスピーカーを搭載。4つのスピーカーに加えて、ファーウェイ独自のサラウンド技術「SWS3.0」によって、臨場感あるサウンドを再現可能となっています。

「MediaPad M3 Lite 10」には、「Harman Kardon」との共同開発によるサウンドチューニングが施されています。

「MediaPad M3 Lite 10」のスペック

「MediaPad M3 Lite 10」のスペックについては、ミドルレンジクラスとなっています。

SoCは「Snapdragon 435」を採用。CPUはオクタコアプロセッサ(1.4GHz×4 + 1.1GHz×4)です。

ベンチマークアプリ「Antutu」では4万点台のスコアが予想されます。ヘビーな用途でなければそれなりに快適に動作するレベルだと予想されます。

参考ベンチNo1スマホは?Antutu ベンチマーク結果

「MediaPad M3 Lite 10」のメモリ仕様は「3GB RAM+32GB ROM」。注目すべきはバッテリー容量です。6660mAhもの容量を誇るバッテリーを搭載しています。

また、ボディの厚さが7.1mmとタブレットとしてはかなりの薄型・軽量設計になっているのも見逃せないポイントです。

「MediaPad M3 Lite 10」の価格

「MediaPad M3 Lite 10」の市場想定価格は「Wi-Fi版」が29800円、SIMフリーの「LTE版」が35800円になっています。

「MediaPad M3 Lite 10」のスペックレビュー

「MediaPad M3 Lite 10」の主なスペックは以下の通りです。なお、対応Bandは「LTE版」についてです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:10.1 インチ(1920×1080)
  • SoC:Snapdragon 435
  • CPU:Octa Core 1.4GHz×4 + 1.1GHz×4
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • カメラ:REAR:8MP FRONT:8MP
  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20
  • TDD-LTE:Band 38/40/41
  • W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • 指紋センサー:○
  • バッテリー:6660mAh
  • サイズ/重量:約 240(W)×173(D)×7.1(H) mm / 460g

Source

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 | タブレット | HUAWEI Japan

「MediaPad T3 10」の特徴

「MediaPad T3 10」は9.6インチディスプレイを搭載したエントリークラスのAndroidタブレットです。

MediaPad T3 10

「MediaPad T3 10」のスペック

SoCには「Snapdragon 425」を採用。CPUは1.4GHzクアッドコアプロセッサです。メモリ仕様は「2GB RAM+16GB ROM」。バッテリー容量は4800mAhです。

スタイリッシュなデザイン

「MediaPad T3 10」については、基本スペックとしてはそれなりですが、アルミニウムボディなどのスタイリッシュなデザインが大きな特徴になっています。

「MediaPad T3 10」の価格

「MediaPad T3 10」の市場想定価格は「Wi-Fi版」が18800円、SIMフリーの「LTE版」が22800円になっています。

「MediaPad T3 10」のスペックレビュー

「MediaPad T3 10」の主なスペックは以下のとおりです。なお、対応Bandは「LTE版」についてです。

  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:9.6 インチ(1280×800)
  • SoC:Snapdragon 425
  • CPU:Quad Core 1.4GHz×4
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB
  • カメラ:REAR:5MP FRONT:2MP
  • FDD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20
  • TDD-LTE:Band 38/39/40/41
  • W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n
  • 指紋センサー:×
  • バッテリー:4800mAh
  • サイズ/重量:約 229.8(W)×159.8(D)×7.95(H) mm / 460g

Source

HUAWEI MediaPad T3 10 | タブレット | HUAWEI Japan

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました