HUAWEI ハイスペックタブレット「 MediaPad M3 」情報 SIMフリー

ファーウェイ・ジャパンは、2016年12月13日に、8.4インチハイスペックタブレット「 MediaPad M3 」を2016年12月16日に発売することを発表しました。

MediaPad M3

ファーウェイの人気タブレット「 MediaPad 」シリーズの中で、「 MediaPad M3 」はマルチメディア性能を高めたモデルになっています。「 MediaPad 」シリーズのエントリーモデル「MediaPad T1 7.0 LTE」については当ブログでレビューしております。よろしければ合わせて御覧ください。

【実機レビュー】ローコストSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」 テザリング機能を確認
ファーウェイ・ジャパンは、LTE対応の7インチSIMフリータブレット「 MediaPad T1 7.0 LTE 」を2016年10月21日に発売しました。 「 Med...

「 MediaPad M3 」の特長

「 MediaPad M3 」には「スタンダードモデル」とストレージ容量を倍増でイヤホンと専用カバーを付属させた「プレミアムモデル」があります。「スタンダードモデル」にはLTEモデルとWi-Fiモデルがあり、「プレミアムモデル」はLTEモデルのみになっています。

「 MediaPad M3 」の市場想定価格(税抜)は、以下の通りになっています。

  • 「スタンダードモデル」 Wi-Fiモデル 31980円
  • 「スタンダードモデル」 LTEモデル 37800円
  • 「プレミアムモデル」LTEモデル 42800円

高解像度8.4インチディスプレイ

「 MediaPad M3 」は高解像度8.4インチディスプレイを搭載しています。解像度が2560 x 1600と高いことが大きな特長です。

画面占有率82%と狭額縁仕様となっており、ディスプレイサイズからするとコンパクトな仕上がりになっています。

ファーウェイ独自の画像調整技術「ClariVu 3.0」で、シャープで 鮮明な画質を実現しています。

「 Kirin 950 」

SoCは「 Kirin 950 」を採用しています。CPUはオクタコアプロセッサ (2.3GHz×4 + 1.8GHz×4)でハイエンドクラスのパフォーマンスが予想されます。

こだわりのサウンド

「 MediaPad M3 」は、定評ある旭化成エレクトロニクス製のD/Aコンバーター「AK4376」を搭載、さらに音響のチューニングを前モデル「MediaPad M2」と同様にharman/kardonが担当しています。

1W×2の高出力なステレオスピーカーを搭載しており、サウンド面にもこだわったモデルになっています。

4GB RAM

メモリ仕様については、「スタンダードモデル」が4GB RAM + 32GB ROM、「プレミアムモデル」が4GB RAM + 64GB ROMです。

薄型軽量ボディ

「 MediaPad M3 」はハイスペックでありながら、厚さ7.3mmの薄型ボディです。重量は310gと、8.4インチとしては軽量となっています。

「 MediaPad M3 」スペックレビュー

Huaweiのハイスペックタブレット「 MediaPad M3 」の主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 6.0
ディスプレイ8.4 インチ(2560 x 1600)
SoCHUAWEI Kirin 950
CPUOcta-Core 2.3GHz × 4 + 1.8GHz × 4
ROM32GB/64GB
RAM4GB
カメラREAR:8MP FRONT:8MP
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
指紋センサー
バッテリー5100mAh
サイズ/重量124.2(W)×215.5(D)×7.3(H) mm / 310g

ハイスペックタブレット「 MediaPad M 」シリーズの最新モデルが発表されました。SIMフリーのLTEモデルもあります。ハイスペックでありながら、価格は抑えたものになっている印象です。ボディにはダイヤモンドカット加工が施されており、プレミアムな仕上がりになっています。

Source

「 MediaPad M3 」製品ページ|Huawei

huaweiSIMフリー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
おすすめ格安SIMベスト3
Y!mobile(ワイモバイル)

混雑時でも安定した高速通信を実現。スマホプランには10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。SIMカード単体契約(新規・MNP)の特別割引も魅力的です(条件あり)。SIMフリースマホと通信バンドの相性が良く、好きなSIMフリースマホと組み合わせて使いたいですね。

UQモバイル(UQ mobile)

混雑時でも安定した高速通信を実現。「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」があり、利用状況によってプランを選ぶことができます。au回線のサービスということで、利用できるSIMフリースマホが限定的なのは注意が必要です。

楽天モバイル

注目ポイントはなんといっても「スーパーホーダイ」プランです。低価格であることはもちろんのこと、低速モードが最大1Mbpsになっているのが魅力です。10分以内のかけ放題(回数無制限)が組み込まれています。さらには最低利用期間を選ぶことができます。サブブランド以外では頭一つ抜けている印象です。

この記事を書いた人
やすスマ

趣味はスマホ、タブレット、ブログです。HUAWEIのスマートフォンとタブレットを愛用しています。最近Xiaomiのスマートフォンに興味があったり、海外のスマートフォン情報にも日々目を向けています。
本ブログ訪問者の方に有用となりそうな製品を提供いただいてのレビューも行います。ぜひご相談ください。

連絡はこちらから→連絡フォーム

やすスマをフォローお願いします
やすスマをフォローお願いします
やすスマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました